愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧  >  20180217-18 錫杖岳P4周辺

20180217-18 錫杖岳P4周辺

2018.02.21

24BE638F-D329-4C95-930C-CB4488E98F1B

吉川Gです。

 

早戸さんと錫杖に行きました。

 

 

2/17

悪天予報の初日は、雪まるけになりながらアプローチをこなし、クリヤの岩舎にテントを張り、気合で雪稜会ルート〜じーやの大冒険へ繋げるルートを目指すも、絶え間無く降り注ぐスノーシャワーと風に心が折れて1ピッチ目で敗退。

306725DF-947E-4D08-A02E-1ECE0543B806

↑取り付きはもうそこだがなかなか着かない

 

テン場に戻るとテントが一張増えていた。挨拶したところ著名な方々だった。

 

 

2/18

昨日とは打って変わって天気は好転。

ただ、昨日の降雪を考えるとルンゼ系のルートはナシ。

 

昨日のリベンジも考えたが、2人とも未知のルートに行こうと考えP4の隣の小岩峰(P5?)に上がるルートを選択。

91C48232-B799-4DE8-BFC4-138D47A6CB74

↑右が”P5″

P4チムニーの取付きをさらに回り込んだルンゼ状のところから取り付く。

最初は僕がリードしたものの、時間をかけたくせに悪いラインに入ってしまい、怪しい支点でフォローの早戸さんを一旦迎えて、確実な支点が取れる適当な箇所まで懸垂で戻り、そこから仕切り直し。

B74C3EF6-3CAE-4B1E-8984-714BE00A2F63

↑仕切り直し

早戸さんが、続きの50m強をリード。結局ここも結構悪く、先程の僕のタイムロスも相まって僕がフォローで上がった頃には14時。

そこから先も早戸さんがリードで偵察に行ったものの、悪くて撤退。

下降は懸垂一回で取り付きに戻り、逃げ帰るようにテントを撤収して帰名した。

 

正直言って僕には厳しいルートだった。まだまだ過ぎる。クライミングの事を考えれば考えるほど何をすれば良いのか、何がしたいのかわからなくなっている。

 

098C7E0C-F20D-4531-BDD6-5714BBB5F3F9

↑2ルンゼの状態

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最新の記事

© 2018 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.