愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  

2015.10.22

宮崎です。

健康のため、足助の寧比曽岳でトレイルランニングをしてきました。

綾渡登山口8:00-9:10筈ヶ岳-9:40寧比曽岳10:00-11:00綾渡登山口

標高差約600mを緩く登り、下りは一気に飛ばして帰る往復22㌔。

誰一人出会うこともなく、道の景色も変化があって飽きることもなく、マイペースで走れました。

特に筈ヶ岳分岐から寧比曽岳までは広葉樹のトンネルのなかを駆け抜けていく気持ちのよいトレイルでした。

紅葉の時期は香嵐渓渋滞に巻き込まれること必至ですが、それさえ外せばかなり良い練習コースだと思います。

IMG_2838

IMG_2912

IMG_2845

IMG_2846

IMG_2851

2015.09.07

1皮です

土曜日に昼まで時間が空いたので、恵那山前宮ルートを登ってきました

恵那神社(標高650m)5:20-7:30頂上(標高2191m)7:40-9:30恵那神社

登山道が急すぎて、登りは気持ちよく走れませんでした

標高1500~1900mぐらいの間は、クマザサが登山道を覆っており

ヌルヌルした倒木や岩が葉の下に隠れていて

何度も足を引っかけて転倒。痛い思いをしました

あまり人が登ってないのかもしれませんが、この道はトレランには不適です、、、

標高差が1600mほどあるので熱中症が怖かったんですけど

笹の葉に乗っていた水滴で全身がびしょぬれになって涼しかったです

下りで単独の人2人と行き違いました

こんなに眺望がいい場所はほとんどないっす

こんなに眺望がいい場所はほとんどないっす

頂上。4mぐらいの展望台に乗っても、この程度の眺望(T_T)

頂上。4mぐらいの展望台に乗っても、この程度の眺望(T_T)

2014.06.18

1皮です
 
しばらく前になりますが
岐阜県の鷲ヶ岳に行ってきました
 
朝から雲行きが怪しかったですが
幸いにも途中では降らず
車に戻ったら雨粒が落ちてきました
 
林道が稜線付近まで続いていて
あまり面白くありませんでした
 
鷲ヶ岳高原ホテルの先林道(標高870m)4:30~5:35頂上(1672m)5:45~6:25林道
鷲ケ岳
前の山を覆う雲がうねっていました

2014.06.04

1皮です
 
焼岳に行ってきました
1700~2000m位まで雪が残っていて何度も道に迷い
中尾峠手前では雪をたどって変な方向に行ってしまい藪こぎを余儀なくされました
北アはトレランにはまだ少々早いようです
中尾峠からは砂埃の舞う急登
頂上ではライチョウのつがいが出迎えてくれ、癒されました
ちなみに、この山も走れるところは少ないです・・・
 
奥飛騨温泉郷中尾の京大砂防観測所前駐車場標高1150m 4:30~6:00中尾峠2050m 6:10~6:40頂上2455m(ライチョウ撮影タイム)7:00~8:05駐車場
 
中尾峠
中尾峠手前。雪がべったり
 
ライチョウのつがいのオス
ライチョウのつがいのオス。足環をしてます
 
頂上から見る槍穂
頂上から見る槍穂。手前は、越えてきた焼岳北峰。
噴気孔からガスが上がってます

2014.05.30

1皮です
岐阜県白川村の三方崩山に行ってきました
登山道は急で、登りはほとんど走れませんでした
上部には10カ所ほど残雪がありました
 
道の駅飛騨白山(標高610m)4:35~5:10 1244m尾根 5:15~5:40 1624mピーク5:50~6:45頂上(2058m)6:55~8:00道の駅
 
三方崩山_ブナ林
1244m尾根。きれいなブナ林に癒されます
 
1624mピークから見る頂上
1624mピークから見る頂上
頂上の絶景
頂上の絶景。尾根には「砂のナイフリッジ」(!)とかもあり、スリル満点です

2014.05.21

1皮です
岐阜県関市板取から福井県の平家岳(1441m)付近まで走ってきました
 
銚子洞林道新深山トンネル手前ゲート(標高約450m)5:15~7:00最高地点1450mピーク~7:40平家岳付近7:55~9:45林道ゲート
 
登山道より2~3㌔手前で林道が通行止めになっており、そこからスタート
登山道は急でほとんど早歩き。標識等は全くない
尾根上の小ピークにはいくつも送電線が立っていて、それを追っかけて登っていく
1450mピークは平家岳頂上よりわずかに高く、もうお腹いっぱいって感じ
まだ頂上までは大きなギャップがあり、標高差で250m下り240m登り返す(T_T)
 
平家岳
平家岳(正面左の峰)よりこっちの方が高い・・・
 
でも地形図をよく見ると、平家岳頂上まで登山道が書かれてない
踏み後通りに進むと、どんどん頂上から離れて行ってしまった
頂上には藪こぎしないとダメなのか?
前線接近による天候悪化で黒雲がわいてきたんで、この辺りで終了としUターンした
下りは太ももの内側が攣って大変でした
 
ところで帰り道に
大盛り飯で一部で有名な岐阜県山県市の食堂「みのや」に寄りました
普通のカツ丼を注文したが、出てきたのは2人分ありそう
フーフー言いながら完食
脚にも胃にも優しくない1日でした
 
あふれ出さんばかりのカツ丼。ふたにカツをいったん移動させてからでないと箸を付けられない

© 2018 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.