愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧

2019.03.14

1皮です。西穂北西尾根に1人で行ってきました。トレースなしの面白い尾根でした。

【9日】新穂高5:15―13:30 北西尾根2450m付近14:30ルート工作―16:30テン場
【10日】テン場4:50―7:30西穂頂上―9:30テン場10:30―13:30新穂高

【9日】新穂高から林道を進み、穂高平を経て、柳谷を越えたカーブミラーがある辺りから尾根に入る。ワカンをつけずに一歩踏み出すと膝まで埋まったため、すぐにワカン装着。尾根は急になったり緩くなったりで、藪は少なく歩きやすい。積雪は少しずつ増え、標高2000mを超すとワカンがあっても膝から太ももほどに。その下には、先日の雨で固まったとみられる氷のような固い層があり、アイゼンワカンに変更。西尾根とのJPを超したところでテントを張る計画だったが、へろへろになったため、森林限界付近の平坦地にテントを設営。上部にトレースを付けに行くと、急な雪壁と大きなキノコが出てきたため、灌木にロープをフィックスしてルート工作。上部の緩い雪稜まで踏み跡をつけて、懸垂で降りた。一日中いい天気だった。

笠ケ岳が望める快適なテン場

キノコを越えた雪稜から飛騨尾根が見えた。もう真っ黒

【10日】南岸低気圧が発達しながら近づき、昼頃から雨の予報。深夜から時々、強い南風が吹き始めた。午前3時半に起床。ラテを付けて出発し、昨日フィックスしたロープをたどり、雪稜に出る手前で明るくなった。西尾根との合流点まですねから膝ラッセルが続き、新雪の下に固い雪面があるため嫌らしい登り。合流点手前で西尾根から上ってきた男女パーティーと出会う。彼らはロープウエーで降りるとのこと。こちらは身軽なので、先に行かせてもらい、前日か前々日に付けられたトレースをわざと外しながら、新雪の歩きを楽しむ。一瞬、雲が出たが、頂上でもまだいい天気。独標方面からも登山者が登ってくるのが見える。写真を数枚撮って、そのままUターンしクライムダウン。雪がそれなりにあり、頂上直下の急斜面はGWに下った時よりも安定した下りだった。テントを撤収した後も、ワカンなしではかなり脚が埋まるため、林道までワカン装着。一直線に下ることができ、雨が降り出す前に新穂高に到着できた。

西尾根との合流点付近から見た北西尾根の雪稜

頂上から西の斜面を降りていく

2019.03.11

早戸です。

今年もWCMに参加してきました。
今回は滝谷での開催。出合いからアプローチし、各パーティーそれぞれのルートを登りました。

私は参加日程の都合によりいつものパートナーと登ることになりました。新鮮さはないですがその分気兼ねなくクライミングを楽しみました。

我々に割り振られたルートはC沢右俣奥壁雲表ルート。

ベルグラは殆どなく、ほぼドライな状態でした。

1P目 【冬期クライミング】のトポによると小さな凹角からと書いてあったが、積雪が少ないせいかチムニーからスタート。少し登ると凹角状になった。ハング手前まで。15~20mほど。結構悪い。

2P目 ハングを右へ回り込もうとするが、スタンスが乏しくあまり時間をかけすぎるのもあれなのでクラックに決めたカムを掴んで人工で抜けました。
回り込んでからも結構悪い。20mくらい。

3P目 前述のトポでいうところの核心ピッチ。垂壁に走るクラックを使って登る。
トポの記述通りプロテクションをセットしながら登ろうと思うとかなりキツい。
登り自体はそこまで難しくないと感じたのでランナウトで押しきった。50m。凹角下まで。

4P目 傾斜が緩くなり易しくなるかと思いきや…。悪い上に脆い。ルートファインディングも難しかった。ベルグラが張れば凹角抜けてから左のスラブが登れるのかもしれない。20mほど。

5P目 脆い岩にもういい加減嫌気が差していたがここからまた脆い箇所が続く。15mほどでようやくトップアウト。これも結構悪い。

久々に不眠で23時間行動したら帰りの林道で足がつりました。

2019.03.05

早戸です。

タイトルの場所へ行って来ました。
矢鱈とルート名が長いので省略します。

周りに滝谷やら穴毛谷やらメジャー処の岩場が目白押しな為、あまり人が来ない場所だが稜線に上がれば穴毛谷、滝谷、穂高の稜線を一望できる素晴らしい場所。前衛壁から上部岩壁をつないで登って充実した1日になりました。

2019.02.14

山域:北アルプス、唐沢岳
メンバー:早戸、会員外1名

早戸です。

今年はどこも(錫杖、米子など)氷の発達が悪いという情報から壁はやめて以前から友人と気になっていた尾根へ行くことにした。

唐沢岳東尾根。音だけ聞くと涸沢岳西尾根の間違いかと思われる(実際言われた)が唐沢幕岩のある唐沢岳のほうだ。

年末に七倉へ行った時に中々見映えのする尾根であったことと、地形図を見ると上部はコブが連続し、1900m付近には岩壁の表記があり、登山大系でも立派な岩壁があるとの記述から面白そうだし見に行ってみるかと出掛けた。

七倉ダムから尾根に取り付く。しばらくは巡視路があり歩きやすいがそれが無くなると藪こぎが始まった。
シャクナゲの群生だ。花が一斉に開けばさそがし綺麗だろうが漕ぐにあたっては非常に邪魔だ。

それでも私と友人にしてはそんなに悪態をつかず冷静に対処していく。この手のものは好きではないが慣れたものだ。
藪ハングを豪快に藪レイバックでパワフルに突破する場面もあった。

1900m付近まで来るといよいよ核心の岩場が見えてきた。が、期待していたものとは大きく違う小さな岩場。とてもここまでギアを担いで来て登ろうとは思えなかった。

コブ部分はただ大きくアップダウンがあったのみ。
全体を通してだが表面がハードにパックされたモナカ雪でここらへんでかなり心が折れかけた。

結局、ジャンクションピークまで終始悪雪と藪に揉まれ、ようやっと唐沢岳へ到達。景色も良く報われた思いだった。無雪期でさえ訪れるひとの少ない場所と思うが2月の唐沢岳登頂者数は剱岳とさして変わらんのじゃないだろうか。

往路はとてもじゃないけど辿りたくないので西尾根から唐沢を下降した。
唐沢幕岩も今年は全くといっていいほど氷が発達していなかった。

クライミング的な要素は全くない登山でしたが気になるところに行ってみてそれが見られたし中々行けないピークまで行けたということだけで満足できました。

以上、写真はなし。

2019.02.03

吉川Gです

善五郎の滝の翌日は奇美世の滝に行きました。

奇美世さんは善五郎さんより縦にも横にも大きな御方でした。

僕は会員外のTちゃんと、本流?に取り付きましたが、1ピッチ登って心が折れ、アバラコフで下降。

早戸さんが登った本流右の立ったラインで遊んで下山。
最後はアラレか雨っぽいものに降られた。

アプローチ:上松Bコース登山口から登山道を二時間。
メンバー:昨日と同じ

2019.02.02

吉川Gです。

島々のクラッシュルンゼに行こうとしたら、氷結が悪かったため、翌日行くつもりだった善五郎に行きました。

乗鞍高原第3駐車場の裏からアプローチ5分。

滝の右側を中心に一人5〜6本は登れた。

滝を見物に来た人達が入れ替わり立ち替わり訪れるので、常にギャラリーがいるような状態。
実際に登っていたのは、我々のほかに2人パーティのみだった。

メンバー:早戸、吉川G、会員外2名

2019.01.27

吉川Gです。

西村さん、早戸さん、会員外学生N君、僕の4人で尾勝谷塩沢左俣のF2まで行きました。

1/26
8:30戸台大橋-11:30塩沢出合-13:00二俣(泊)
1/27
7:00発-7:30F1-8:30F2(遊ぶ)-13:30出発-14:30幕営地-15:00出発-17:40戸台大橋

1/26
戸台大橋を渡って、しばらく林道を歩くとヘアピンカーブがあるので、そこから谷に降りる。ピンクテープや踏み跡があるが、落ち葉の上に雪が微妙に乗った状態で歩きづらい。

河原に降りるとすぐに大きな堰堤があり、右岸側の手すりのついた場所を登る。ここは凍っており、結構怖い。Ⅱ級。

そこを超えて林道の跡を歩くと、塩沢出合に着く。ここからはゴーロ歩き。ここも岩の上に微妙に雪が乗っており歩きづらい、飛び石渡渉も何度もするので、神経を使う。

二俣の手前の適当な箇所に幕営。早戸さんと僕で右俣の方に水を探しに行く。
チョロチョロと出ている水を8L汲んだ。
そうするともう14時。今日はここまで。

1/27
左俣に入って少し歩くとF1。早戸さん、僕はとりあえずロープ無しで行ってみる。しかし朝一なので緊張。
N君は初アイスなので、一応ロープを出す。

F1を過ぎると、すぐにF2。
思った以上の状態の良さに驚く。

まず僕がリードで左側の傾斜の緩いラインを登った。氷が硬く、ピックが一発で刺さらず辛い。スクリューも慣れてないせいかうまくセットできない。
難しいわけではないのだろうが、疲れた。一時間程かかってしまった。

早戸さんはまた別のラインで登っていた。


その後もこの滝でいろいろと遊んで、13時を過ぎたあたりで終了。同ルートを降りた。
F1は右岸から巻いて降りられた。

テントを撤収して、下山。
ギリギリヘッデンを点けない時間に下山完了。

寒波と言われた割には、行きの道中以外は特に降雪もなく、良い山日和だった。

2019.01.18

空木岳から南駒ケ岳にかけての稜線が明るくなってきた。明けの明星がきれい

1皮です
中アを歩いてきました
2300m以上は雪がそれなりにありました
【5日】伊奈川ダム下ゲート6:15~16;30東川岳南西尾根2550m地点
【6日】東川岳南西尾根2550m地点5:50~7:00東川岳~9:40空木岳~12:00南駒ケ岳~17:00伊奈川ダム下ゲート

【5日】
駐車場には他の車はいない
9キロの林道は、足が痛くならないようにゆっくり歩く
昨年秋の台風による林道崩壊箇所は少しだけ修復されていた
兎平から山道に入ると、雪が少ないのが分かる
東川を渡る吊り橋が壊れており(これも台風の仕業だろう)
少し上流に河原を歩いた所から右岸から左岸に渡った
水流がそれなりにあり、渡れそうな所は少なかった
2300mぐらいから膝ラッセル
北西風が強く、視界も悪くなってきた
2389m地点から木曽殿山荘へのトラバース道(夏道)に入るが
腰ラッセルとなりカメの歩みを続けるうちに夏道を見失った
そのまま樹林帯を強引にトラバースしていくものの
雪崩れそうな嫌なルンゼが出てきたため
東川岳から南西方向に伸びる尾根に上がることを決断
2550m付近で尾根に出た
ちょうど森林限界付近で、尾根上には高さ10m位の岩があった
この岩は南駒ケ岳からもよく見えた
尾根上は風が強いため、数十m南に下がった斜面の雪を削ってテン場とした
テントに入った時には真っ暗になっていた
今日は誰にも会わなかった

【6日】
まだ暗いうちに出発
尾根上の岩場を左から抜け森林限界を越えるが
ハイマツの上に積もった雪は柔らかく
膝から太ももまでズボズボはまる
空が明るくなってきたころ、東川岳の頂上についた

木曽殿山荘まで標高差180mを駆け下り空木岳へ
この辺りは風が強いらしく、雪の表面はクラストして歩きやすくなった
いくつもの岩のピークを越え、空木岳頂上

伊奈谷側から登ってきた4人組と一緒になり、写真を撮ってあげた
天気は快晴
計画は越百山までだが、時間的な心配があり、とりあえず南駒まで行くことにする
南駒まではいくつもピークがあるが
西側斜面をずっとトラバースするように歩いたので楽だった
氷になっているところもあり気をつけた
南駒頂上ではや正午

越百まで行くのはやめ、西尾根(夏道)を下りる
途中、膝程度の柔らかい雪の斜面をトラバース気味に下りるところがあり
風もなくて太陽の暑さがじりじりくる感じで、雪崩れないか肝を冷やした
岩の尾根から懸垂すれば良かった
2411mピークまでずっと膝ラッセルで下りなのにヘロヘロに
そこからは、たぶん正月の入山者のものであろうトレースが出てきて助かった
登山道から林道に下りる箇所は台風のせいで崩壊していて面倒くさかった
ちょうど暗くなるころに車に着いた

2019.01.15

2019 1.12 13

12日 峰の松目アイス

メンバー 加藤欣 上手

10:20~14:20

1日目 三叉峰ルンゼの予定でしたが、取り付きに向かっていると2人組が帰ってきたので聞いたら、三叉峰へ行ったが
氷が繋がっておらず 諦めたと言っていたので、自分たちも変更して2日目予定だった峰の松へ。
 
F1 リード 加藤欣
F2 リード 上手
F5(?)リード 加藤欣

F2の前で、後から来た2人組に先行してもらいましたが、この日会ったのは このパーティーだけでした。
上部 F8でこれ以上は氷が脆いと判断し、そこから懸垂で取り付きに戻りました。
先行パーティーも懸垂で戻って来た。

夜、鉱泉で食事の後 談話室で飲んでいるとパントマイムという用語が聞こえてきた、隣で飲んでいたのは
名古屋A労山の元気な3人組でした、アルパインやいろいろな山行について熱く語り合いました。

13日 南沢アイス

9:10~11:30

3連休で赤岳鉱泉も200名以上の宿泊客がいて、ジョウゴ沢に行こうかと話していたんですが大混雑が
予想されるため、人が少なそうな南沢でアイスをしてきました。誰もいませんでした。
南沢大滝だと思って登っていたんですが、帰宅して他の南沢大滝の画像を見たら全然違う、小滝とも違い
結局よくわからないです。

 

2019.01.09

槍平からラッセルと続けると、やっと大喰岳西尾根が見えてきた

1皮です
西村代表と南岳西尾根を目的に行きましたが
きつい寒波のため取り付かず、ハイキングで終わりました

【12月29日】新穂高7:00-13:30槍平
【30日】槍平6:30-10:00大喰岳西尾根取り付き-槍平-15:30新穂高

強い冬型の天気のため、入山者は自分たち以外いないのではないかと思ったが
中崎尾根と涸沢岳西尾根がそれぞれ4~5Pぐらいいた
南岳は自分たちだけで、ラッセルが思いやられる
林道には前日入山らしいトレースがあるものの
雪が降り続いていて白出までも案外時間がかかった
滝谷出合からは足首からすね程度のラッセル、槍平手前はひざラッセルだった
槍平は強風が渦巻いており中崎尾根の下部が見える程度の視界しかない
寒いのでとりあえず避難小屋の中に入った
この日は西尾根の2300mほどまでの予定だが
新雪が平坦地で40~50センチほどあり
すでに時間は午後1時半
標高差100mラッセルするのに1時間はかかるだろうから
明るいうちに到達するのは難しいとして今日取り付くのはあきらめ
偵察に行くことにした
小屋の東側から南沢方面にラッセルし始めると
ひざから太ももの雪、時々腰まで潜る
ためしに、目の前の中岳西尾根の斜面を登ってみると胸ラッセルだった
この段階で
「3日間しかないわれわれに登り切るのは難しい」と西尾根敗退を決めた

テントを張らなければならないが「小屋内は幕営禁止」と書かれており
「自分たちのテントで避難小屋を占拠してしまい、こんな暴風雪の日の夕方や夜に遭難寸前で到着した登山者が入れなかったら困るだろう」という西村代表の発案で槍平小屋の東側に設営した
風が来ない場所で、それなりに快適だった
張り紙にはお構いなしに小屋内でテントを張ったパーティーが複数いた

翌日も強風と雪
でも午後には晴れ間が出るという予報だったので
行けるところまで行こうと、大喰岳西尾根に向かった
小屋からトレースは全くなく、2人が交代で膝から太ももラッセルを続ける
時々、飛騨沢方面からの強風に襲われ、めちゃくちゃ寒い
気温は氷点下18度にも下がっている
大喰岳西尾根取り付きまで来ると、やっとクラストした斜面が出てきたが
すでに時間は午前10時過ぎで、稜線まで往復する時間はないと判断
Uターンして槍平でテントを撤収し、そのまま新穂高に下山した
穂高平で青空と槍穂の稜線が見え、翌日の好天を予想させた
われわれの実力不足ということで、特に悔しいという気持ちも浮かばない
昔はこの位の積雪が普通だったのだろうが
悪天だと短期間で南岳を登るのは難しいと痛感した

1 2 3 4 5 6 53

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最新の記事

© 2019 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.