愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧

2019.01.07

早戸です。

年末年始は笠ヶ岳方面へ向かうつもりでしたが天気の都合で比較的天候が落ち着いているであろう上高地側へ。

12/29 釜トンネル~槍沢(BC設営)
12/30 BC~赤沢山針峰P2P3フランケ中央チムニー
12/31 BC~赤沢山槍沢側正面壁大ジェードル
1/1 BC~赤沢奥壁左の尾根~西岳ヒュッテ
1/2 西岳ヒュッテ~東鎌尾根~槍ヶ岳山荘
1/3 槍ヶ岳山荘~槍ヶ岳東稜(昼から半日行動)
1/4 槍ヶ岳山荘~小槍南壁敗退~槍ヶ岳西稜(小槍のみ)
1/5 槍ヶ岳山荘~飛騨沢~新穂高

結果的にほぼ全日行動できたのはラッキーだった。
今回はほとんど空荷での行動が多かったため体力的にも余裕があり、幕営地も快適そのものな場所ばかりだったのでストレスもゼロでした。
滝谷登攀、穂高縦走までできたらもっと充実するよなぁ、なんて欲を出したりもしましたがさすがにそこまでは天候的に厳しかった。

仲間と楽しく年末年始を過ごせて良かった。

2018.12.26

吉川Kです。

スキーの機動力を生かし、友人O氏と遠見尾根へ行ってきました。

1日目:10:00地蔵の頭-13:00中遠見-18:00五竜山荘
2日目:7:00五竜山荘-9:30五龍岳-15:30地蔵の頭

白馬に着くと雨。昼から晴れる予報だったので、道の駅白馬でゆっくり寝てから五竜スキー場へ。
ゴンドラを降りると雨はやんでいたがガスでスッキリしない天気。

気温も湿度も高く、すぐに汗ばんでくることは容易に想像できた。

準備を整え、ストックを伸ばそうとするも、かたくてのばせない。どうやら先シーズンの最後、しっかり乾かさないまま縮め、その状態のままだったので中でポール同士が固着してしまっていた。

力技で引っ張り出そうと、O氏と両端を持ち勢いよく引っ張り合った瞬間、ポールが抜けてお互い反対方向に尻もち。
よかった抜けたと思いきや、固着していた部分は抜けたが、ポール同士をつなぐ紐のようなものが切れただけで、復元不可能となってしまった。

入山前からウィペット一本で歩行&滑走することを余儀なくされることとなった。

地蔵の頭からはツボ足のトレースがあったが、すぐに2パーティ抜かし、ノートレースとなった。

ツボ足だとひざ下くらいまでは埋まる。スキーだからこそ実現できるスピードで遠見尾根へを進む。

小遠見山を過ぎるとガスがはれ、五龍岳本峰や鹿島槍が見えてきてモチベーションがあがった。

朝から雨だったことと気温が高いこともあり、雪は重く、グズグズだった。シールはよくきいた。
O氏は半袖で登っていた。

しかし、ウィペット一本の自分。
バランスをとるのが難しく、転んで立ち上がるのも、ヒールサポートを上げるのも難儀した。

途中、ブロッケンなんかも見ながら14:30すぎ、当初幕営を予定していた西遠見山についた。

ブロッケン

日没までには五竜山荘に着けると目論み、トレースを白岳へスキーを進めた。

西遠見より白岳方面を眺める

白岳直下の斜面を登って、程よいところでトラバースして五竜山荘を目指す。
日が落ちたこともあり、白岳直下から、雪の様相が一変。融解凍結によりハードパックされた雪面の下に結合の悪い雪。

白岳トラバース

高度を上げるにつれ、斜度も増し、シール登行が難しくなった。
ツボ足に切り替えるが急斜面の腰ラッセルに骨が折れ、たまらずもう一度スキーをはいた。

五竜山荘と同高度になったところでアイゼンに履き替え、トラバース。
やりにくい雪なので時間がかかる。

気づけば日が落ち、月明かりに照らされながらのトラバースとなった。

五竜山荘でテントを張り、O氏のビールを2人で分け合った。日が暮れてもテンバにつかない不安感から解放された。
坦々ごま鍋にうどんやら餅やら入れて満腹で就寝。
今回は装備を軽くするため、夏用シュラフで来たため、なかなか眠れなかった。

明るい月に山が照らされ、夜でも山容がはっきり分かるほどのいい天気だった。

2日目朝は晴れ。

しかし歩き始めてしばらくするとガス。
やがて雪になった。

スキーは五竜山荘にデポし、ツボ足で五龍岳へ向かう。思ったより時間がかかった。

さて下山。

昨日のこともあり、白岳トラバースはしたくない。
斜面状況や天候を考えても五竜山荘からの滑走は無理。

ということで、スキーを担ぎ、白岳のピークへ。
ピークからなら尾根伝いに滑走できるかと思っていたが、やはり雪の状態も良くなく、
ガスで下山方向を見失う可能性もあったので、結局西遠見までツボ足で降りた。

あとはひたすら遠見尾根を戻るのみ。

西遠見からはツボ足のトレースがあった。
シールはいたり、滑ったり。
滑るといっても小さなアップダウンをこなすだけ。
ターンを描くような滑走はゲレンデに出るまでできなかった。

滑るのも、ウィペット一本ではなんだか違和感のある滑りに。
歩くのも、滑るのも、ストックの重要さを体感した2日間になった。

降り続いていた雪も、小遠見を過ぎると雨に。

ゲレンデもグスグスだった。

ゲレンデを滑って下山したかったが、コースクローズのため、ゴンドラ下山。

結局今回まともな滑走をしたのは、地蔵の頭からゴンドラ乗り場の数百mのみ。

機動力という面で、歩行メインでスキーを活用し、(日程的に)ツボ足ではできない山行が出来たのは「スキー登山」の醍醐味であった。

しかし、早くシュープールを刻みたい。。。
次は歩くスキー山行ではなく、滑るスキー山行をしたい。

良いお年を。

2018.12.24

早戸です。

年末年始前に山の様子を伺いに船窪のほうへ。
雪はハードモナカラッセル。一番時間がかかり、ストレスになるやつだ。
崩壊のひどい縦走路はアップダウンも激しく予想以上に時間がかかった。

不動岳、烏帽子岳まで行きたかったが天候も悪化し届かず。大人しく帰って年末年始の準備をしようと下山した。

2018.12.10

西風が強い常念頂上 視界は2キロぐらいはあるが、もっと風の強い槍穂は雲の中

西風が強い常念頂上
視界は2キロぐらいはあるが、もっと風の強い槍穂は雲の中

1皮です
常念岳に登ってきました

この週末は寒波襲来と言われていましたが
University of WyomingのDepartment of Atmospheric Scienceのデータによると
7日に輪島上空5500mの寒気がマイナス22度程度で
寒気が北に偏っていたとみられることから
常念なら暴風雪にはならないだろうと見込んで入山

8日午後~9日朝は風雪でしたが、それ以外は青空ものぞく好天気
ただ、それまでの寡雪とも相まって
冬山登山がただのアイトレになってしまいました(なんだかなあ)

9日朝は新雪が20~30センチ積もり
頂上での気温はマイナス21度でした

【8日】三股林道ゲート6:30-13:30前常念岳避難小屋
【9日】小屋6:00-7:40頂上-8:30小屋-13:30三股林道ゲート

避難小屋が雪に埋もれていないことに驚き

避難小屋が雪に埋もれていないことに驚き

長上に向かう途中で、背後から朝日がかすかにのぞいた

長上に向かう途中で、背後から朝日がかすかにのぞいた

前常念から主稜線までの尾根から望む常念岳

前常念から主稜線までの尾根から望む常念岳

2018.12.09

早戸です。

11月末の剱岳に引き続き冬の足慣らし第2弾として赤岩尾根へ。

土曜日は冬型で稜線は暴風雪、爺ヶ岳の北峰まで。
冷池山荘にてテント泊。
日曜日も少し収まりはしましたが西風が強かった。

展望もなかったので写真はなし。

2018.12.09

吉川gです。

ありったけのロープをザックに詰めてボッカトレーニングに行きました。

場所:小秀山
メンバー:G、妻

雪はほぼ無かったですが、頂上付近の霧氷が美しかったです。

E73D07EF-09F7-4BF1-8EB2-B66E2C2EBEB8
夫婦滝は当然凍ってない

693D1F56-E36A-4B34-9BE5-18A1B2FAE876

C8371936-4F76-49D6-9574-CC6CB48B34B8

乙女渓谷8:30→ニノ谷-山頂13:00-13:30→三ノ谷→乙女渓谷16:30

2018.12.02

吉川Gです。

12/1〜2で赤岩尾根から鹿島槍に登りました。

メンバー:犬飼、吉川K、G

今年はなかなか冬が本格的に来てくれない。行き先をギリギリまで悩んだがK君の後立方面はどうですか?という意見が決定打となり鹿島槍に行くことにしてみた。

12/1
スキー場にも道路にも全く雪が無い。
大谷原駐車場への道路は最後の1kmが冬季通行止めになっている。「雪崩により危険な為」との事だが、この雪の無さで雪崩の危険とはどういうことか。
歩き始めは7時過ぎ。
FE687D50-DCF8-4EB1-91A2-D745F9A56FED

空はガスで真っ白。そしてアラレかミゾレのような雪が降っている。歩き始めても林道には全く雪が無く、赤岩尾根取り付きの堰堤のトンネルをくぐって赤岩尾根を登り始めても全然無かった。どんなにゆっくり歩いても暑くて汗が噴き出る上に雪に濡れて不快感はMAXだ。暑くて寒い。最悪の状態。

それでも2000m付近の高千穂平あたりから急に雪が増え、足首ないしは膝ラッセルとなった。

しかも赤岩尾根の終盤にはナイフリッジなども出てきて、意外と苦労させられた。
AB080563-F672-4156-8F80-496083459D43

稜線に出ると雪と風がより強くなる。しかも視界が無いせいか、気づけば自然に爺ヶ岳方面に歩いていた。ヤバイヤバイ。
まあでもまだ12時過ぎだし、このまま爺ヶ岳でも登ってみるかということで、往復してみる事に。
しかし風は強まる一方。視界は無くなる一方。みるみる我々のトレースは消されていく。まつ毛も凍ってきて、鼻が凍傷にでもなりそうだ。
これはもう無理と、引返すことに。K君は割と余裕そうだったが…

吹雪の中、引き返し、そのまま冷池山荘へ。14:00着

12/2
昨日とは打って変わって快晴。風もほとんど無い。
鹿島槍までの縦走路は獣のトレースが縦横無尽に付けられている。6:30発。

鹿島槍までは特に危険な箇所は無い。激しい急登も無く、朝日に照らされて憎たらしいまでに美しい鹿島槍や剱岳を眺めながら快適に歩いた。
4FB18A72-55A5-4F47-9A13-AFA708C4EB99

38393CB7-5CB1-42BE-ACB2-64B5A048009C

1A6CA9EA-F637-433F-B376-C00BE878142B

8:30南峰着。北峰は今回は無し。
東尾根は上部は雪が付いているが、下部は藪っぽい。
五竜や八方尾根のスキー場付近も全く雪が無さそうだ。
31927020-0877-4D62-A279-614BA47D3BBF

帰りはそのまま来た道を戻るだけ。
昨日は誰にも会わなかったが、この日は赤岩尾根で数人の登山者とすれ違った。
13:00駐車地着。

薬師の湯につかって帰宅。

2018.11.25

吉川Gです。

11/23〜25の連休で剱岳へ行きました。

メンバー:早戸さん、Kさん(会員外)、G

23日 馬場島→早月小屋
駐車場でも雪があり、期待が高まる。荒れる予報だったが意外にも穏やかな雰囲気。
車も数台停まっており、準備をしている登山者もちらほら。我々の知合いの方もいた。9時出発。
FC6A6240-B346-45E2-9C36-9D7A8B31975C

しばらくすると先頭に追いつき、スネからヒザラッセル開始。苦しめられる。
と言っても、早戸さんのラッセルが速すぎてラッセルしているのに追いつけない。体力だけで無く、歩き方に技術を感じる。毎年濃い冬を過ごしている人についていけると思う方がおこがましいか。しかも腿の筋肉が攣った。ショック。山が登れなかったら僕になんの取り柄が残るのか。
78CA4B95-2E8C-43A9-A1D1-11CFE1ECC802

16時過ぎに早月小屋に到着。テントは5張ほどあった。月がきれい。ラテ要らず。

24日 早月小屋→別山尾根→南壁→本峰→早月小屋
7時発。よく晴れている。風も無い。出発が多少遅れたが、すぐに先頭に追いつく。昨日と同じく、早戸さんの猛ラッセルでどんどん高度を上げる。僕も一応少しはラッセルした。
11時過ぎに稜線に出る。別山尾根を降り、トイレがある辺りで平蔵谷側へ下降。我々が狙っていたのは南壁のAⅡ稜。AⅡ稜は頂上に直接突き上げるらしく、そのロケーションに惹かれて選択した。
ここだと思われるところでロープを結び、登攀開始。天気が良く日が当たるのでビレイも辛くない。
6BB67239-17F2-4B6C-8397-F9F8316CBF4E

C4ED2C51-F43D-4D6E-9015-5E0567982C23
1P目 Kさん
見た目は平和だが、逆層のスラブ状で悪い。恐らく今回の核心。50mいっぱい。
2P目 早戸さん
さっきとは打って変わって傾斜が強くなり、ガシガシ登る系。50mいっぱい。
3P目 吉川
横移動しつつたまに上に登る。50mいっぱい。
4P目 吉川
ほぼ歩き。50mいっぱい。

4ピッチで終了し、後は歩き。この時点で16時過ぎ。薄暗く、寒い。
結局頂上より少しズレたところに出た。AⅢ稜だったっかもしれない。
南壁は夏にも行ったことがあるが、何度行ってもよくわからない。

稜線から数分歩いて夕暮れの山頂へ。意味もなく叫んだ。ああああああぁっ!
寒いし、疲れたが、最高。

早月小屋まで1時間強で下山。19時。

25日 早月小屋→馬場島
2時間半程で下山。途中友人と久しぶりに再会。
馬場島の雪は全て溶けてしまっていた。

きときと寿司を食べて帰宅。

2018.11.09

吉川Gです。

友人と犬上川の滝洞谷に行きました。
メンバー:Wさん、Tちゃん、吉川G

朝、5時過ぎに我が家を出発、高速代をケチっていなべ市から国道306号を利用して多賀町へ入るルートをとるつもりだった。
勘の良い方ならお気づきかもしれないが、306号の鞍掛トンネルは数年前から道路崩落のため通行不可。グーグルマップでは通れるように案内するので注意。結局関ケ原から高速に乗って彦根経由で多賀町入りした。これで1時間以上のロス。
入渓地点の墓地で準備を済ませ、出発した頃には8:20くらいだった。

時間がかかっている記録も多いので若干の不安はあったが、真っ暗になる事はなかろう。

出発してすぐの堰堤を越えて入渓。といっても水は無い。

すぐに人面岩で行き詰まる。登って越えられそうだったが、溜まった水にいきなり浸かる気になれず、右岸から巻いて懸垂で川底に降り立つ。
7448B223-B2CF-4BF2-974E-A0BBD0EDB1F0

いくつか現れる小滝は適当に越えられるが、雨がパラついてきて、ただでさえツルツルの石灰岩が非常に滑る。

最初の難所の6m滝(洞窟ゴルジュ)は見た目は低く見えるが、登ってみると意外と高い。フリーではちょっと厳しそう。右側のクラック沿いにアブミ連続で登る。
リードジャンケンでWさんリード。
残置以外にもカムなども駆使して突破した。
66F76613-663F-44B2-A411-CB80F56FDAC1

ちょっとしたボルダーを越えるとしばらくは何もない、ゴーロが続き、小滝を適当に越えていく。雨で濡れているため神経を使う。

再び壁が迫ってくると今度は通称井戸裏ゴルジュ。
7mほどの立った樋状の滝を登る。まさに井戸の底から登る感じ。ここはフリーで吉川リード。
終了点に残置は無い。
051D3446-B976-415F-A094-0F2522E39840

その後にすぐにまた7mのスラブ滝が立ちはだかる。ここはWさんリード。
これがこの沢の核心だった。スラブ滝左側のカンテ状を登るが人工登攀を交えての悪い登攀となった。この沢全体に言えるが、ナッツやボールナッツがかなり有効。
9DCAEFE4-3ACF-4B0D-8C7E-4106836BA969

小滝を何個か超えると最後の難所迷路ゴルジュ。U字型の谷がジグザグに落ちている。
石灰岩のフリクションを信じて登る気持ち悪いスラブクライミングだった。
2ピッチで登った。

これを越えると深い水たまりの小滝があるが、浸かりたくないので左岸側から巻いて懸垂下降で沢に降りた。

これが終わると平凡な渓相となる。
地形図を見て独標に上がれそうな斜面を適当に選んで沢から脱出。1時間ほど登ると小規模ながらもカレンフェルトの発達したピークに到着。
まさにケイビングから帰ってきたような感じだ。
1FA56D00-ADE9-4F56-80EB-8DCE3BEB2B98

あとは大君ケ原方面へ尾根を下降。ただ、ガスが出ており視界が悪く、結構迷った。WさんのGPSが活躍した。

一旦国道に出て元の墓地に戻ると16:20だった。思っていたよりかは良いペースだった。

下山後、彦根市内の銭湯、山の湯に入って帰った。かなり趣深い建物で、明治時代から営業しているとのこと。

Wさんと今年の目標としていた滝洞谷でしたが、決めていた事を実行するという事は気持ちの良い事ですね。
もう一つの目標だった海ノ溝ゴルジュはまた来年でしょうか。

2018.11.05

P1080500_convert_20181105145707

1皮です
北穂まで日帰りアイゼントレーニングに行ってきました
ラッセルあり、クラストあり、岩ありで、いいアイトレになりました

釜トン(標高1315m)2:40―5:30本谷橋-6:50左俣出合―9:10カール-10:20A沢のコル-12:10頂上-17:40釜トン

釜トンから安房峠方面に上がったところに駐車
天の川も見える満天の星空の下、ママチャリで出発する
某所に駐輪。シャカシャカ歩き、本谷橋を渡らずにそのまま左岸を上流へ
夏ごろに横尾尾根から土砂崩れがあったらしく
以前あった踏み跡のほとんどは消えていた
不安定な砕石斜面をへつったり
濡れないように気をつけて流れを跳んだりして上がっていく
広々とした河原に出た辺り(1900m)で日の出
右俣と左俣の分岐点が見える

その辺りからすね程度の積雪があり、早々にアプローチシューズから冬靴にチェンジ
水流は意外にあり、氷で滑らないように気をつけながら上がっていく
ところによって積雪はひざまで
5年前の南岳アイトレ(http://chikusaalpineclub.com/blog/date/2013/11)と比べると亀の歩みで進む
右岸の氷瀑は前よりかなり凍っていた
P1080461_convert_20181105144758P1080464_convert_20181105144855P1080468_convert_20181105144943P1080483_convert_20181105145221

カール(2500m)まで来ると上空は雲に覆われ
北穂や南岳の頂上付近は強い西風が吹いて、ガスに覆われていた
5年前はカールから真西のコルに上がったが
今日は左にカーブし、A沢のコルへ
クラストした斜面を選んで進むが
時々ひざまで軟雪に埋まって骨が折れる
P1080487_convert_20181105145337P1080492_convert_20181105145445P1080503_convert_20181105145857

振り返ると長谷川ピーク。雪がない

振り返ると長谷川ピーク。雪がない

巨大なトトロ(?)が目の前に

巨大なトトロ(?)が目の前に

A沢のコルは風が強いと思いきや
北西に位置する長谷川ピークに風を遮られてそれほどでもない
そこから岩尾根
北西風が強く、エビのしっぽが発達している
気温はマイナス3度ほどで寒くない
岩に書かれた夏道の○印がところどころ露出しているが
雪で隠れて分かりにくい場所は
右へ行ったり左へ戻ったりして登れそうな尾根を外さないようにした
途中、トトロの頭のような形をした巨大な岩があった

P1080506_convert_20181105150005P1080508_convert_20181105150115P1080511_convert_20181105150207

尾根の東側に回り込むとひざ程度のラッセル
小屋が見えてからはバテバテで、20歩歩いては息を整えた
小屋は冬仕舞いの準備中だった
下りは北穂沢に十分な積雪があったので一直線にザクザク下った
河童橋付近は訪日外国人客が群れをなしていた

終わり

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最新の記事

© 2019 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.