愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧

2019.05.19

吉川gです。

やっと沢インしました。

メンバー:犬飼、吉川G

高地谷林道入渓地点9:00-林道11:30-タンポ12:00-下山完了14:00

高地谷林道に入ると途中に鹿除けと思われるゲートがある。過去の記録によると開けて入って良いらしいので、それにならう。鍵などはついていない。
思った以上に立派な林道だ。他にも釣り人と思われる人が出入りしていた。

天狗谷の入渓地点の前には広いスペースがあるのでそこに駐車する。
入渓するとすぐに堰堤。左岸側から巻くがやや悪い。

巻き終えると右岸側に林道跡を発見。たしかに入渓地点に林道入口があった。そこから入れば堰堤をスキップ出来そうだ。

堰堤を越えるとすぐに二段の滝。
一段目は滝身右側、二段目は滝身左側から登れる。ロープは出さなかったがシーズン初めの朝イチなので緊張。

実際最も緊張した滝はこれが最後。

とはいえ、その後も無数に滝が現れる。直登したり巻いたりして適当にやり過ごす。

最後の方の滝で2m程滑落してしまった。油断した。

最後までロープを出すことなく林道へ。

林道から外れて30分程度でタンポに到着。道は荒れているが藪漕ぎと言うほどではないと思う。

帰りはひたすら林道を下山。

2019.05.14

吉川gです。

職場の先輩と白馬鑓温泉に行きました。
諸事情で白馬鑓は諦めました。

5/11
6:00猿倉-10:00白馬鑓温泉 泊
5/12
4:00白馬鑓目指して出発-4:45引き返す-8:00猿倉

無茶苦茶熱いです。1分も入ってられません。あと日焼けに注意。
あと、来る人のほとんどがスキーヤーです。

2019.05.10

1皮です
風邪が治りきってませんでしたが
歩きだけなら大丈夫だろうと
GW最終の2日間に
これまで行ったことのない針ノ木岳~爺ケ岳間を歩いてきました
行程の半分ぐらいは夏道が出ていましたが
針ノ木~赤沢間は意外に大きい高低差があり
暑さも相まってへろへろ言ってました

【5日】扇沢―針ノ木雪渓―マヤクボ沢―針ノ木岳―スバリ岳―赤沢岳―鳴沢岳
【6日】鳴沢岳東方―岩小屋岳―爺ケ岳南峰―扇沢

今年の針ノ木雪渓はデブリが少なくきれい

快晴の針ノ木岳頂上。向こうは蓮華岳

テントから見た夕暮れの剱岳。夜に何度も雹がふって起こされた

夏毛に変わりかけのライチョウのつがい

岩小屋岳西方の稜線に発達した雪庇。雪庇上を歩いたつわものの足跡が続いていた

天気は悪化傾向。爺の中央峰方面から強風と雲が迫る

© 2019 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.