愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  

2018.02.11

サィン・バィノー!! 犬飼です.

去年に引き続き,小秀山乙女渓谷 夫婦滝へアイスクライミングに行ってまいりました.

男滝は先行が取り付いていたので,女滝のみ登攀でしたが,

氷結もよく気持ちのよい,充実の登攀となりました.

日程: 2018/2/11

メンバー: キンヤさん,岩山さん,犬飼

天気: 曇のち晴れ

装備: アイススクリュー10本程度

コースタイム:

8:00 乙女渓谷キャンプ場~9:30女滝~14:00下降取り付きへ戻る~15:30乙女渓谷キャンプ場 下山

【女滝】

 DSC_0358

女滝全景

■1P目 犬飼リード Ⅳ級ぐらい?

傾斜70~80°の傾斜,氷もやや湿でグサグサ.

前日の降雪がクラストし,手ではらいのけながらスクリューを打つ.

25m程度のぼり右テラスでピッチを切る.

残置支点ありですが,雪で隠れていて気づかず,スクリューでアンカー.

DSCN0231

DSCN0232

■2P目 犬飼リード Ⅳ級ぐらい?

傾斜は60~80°,傾斜が緩い上,氷が平面的であるので,1P目よりも簡単.

しかし,40mと長さがあるため,途中バテ気味

■下降

左岸の尾根から懸垂.

今回もやや強引に下降.

登攀よりも下降のほうが大変でした.汗

2回目だけと,やっぱりいいとこですね.来年も来ようかな.

バイルタイ!!さようなら!!

2018.01.18

酒井です。

友人と御在所のマイナスの滝へ行ってきました。

吉川Gさんの報告にもありますようにマイナスの滝はまだ氷が薄く、奥又はしっかりの状況でした。

マイナスの滝を登ったあと奥又へ向かうとトップロープで遊んでいる一団が。

トレースがなくロープウェイも動いていない時間なので前日から準備していたのでしょうか。

稜線抜けるよりもアイスの練習がしたとの要望があったので、マイナスの滝が空いてからトップロープで練習して下山しました。

1516251826484
マイナスの滝でリード 下の方はだいぶ薄い

2018.01.17

DSC_0305_convert_20180117232414

1皮です

 

 

 

ジョウゴ沢にまだ行ったことがなかったので、1人で行ってきました

 

ロープやスクリューは使いませんでした

 

美濃戸口4:50~7:10赤岳鉱泉7:20~10:00硫黄岳10:10~美濃戸口12:20

F2。高さはあるが傾斜は緩い

F2。高さはあるが傾斜は緩い

F2を越すと、平原歩きになった

F2を越すと、平原歩きになった

左岸にある乙女の滝。穴ぼこぼこ

左岸にある乙女の滝は見るだけ。穴ぼこぼこ

 

 

 

本物の100分の1サイズのナイアガラの滝

もしアックスが外れて落ちたら、背負ったザックがクッションになってくれるかなとか

逆にロープやスクリュー、ヌンチャクなどの重さで加速度が付くかなとか思いましたが

垂直部分は5~6メートルだったので、背負ったままで特に問題なしでした

 

ナイアガラの滝。しょぼ

ナイアガラの滝。しょぼ

 

 

滝の上は太陽が燦々と輝いていましたが、硫黄岳頂上は風が吹きまくってました

ナイアガラの上は稜線まで緩い斜面

ナイアガラの上は稜線まで緩い斜面

 

 

2018.01.15

早戸です。

漸く明神から脱出し、有明山へ行ってきました。

当初は深沢右又正面壁を登る予定でしたがゲート前の雪の少なさ、水量の多さからアプローチが予想より大変だろうということで黒川沢から入り白河沢を登ったあと、有明山南岳山頂から深沢右又へ落ちている急峻なルンゼを下ってみるという計画に変更しました。

FB_IMG_1516015916264

4時にゲートを出発。雪は少ない。(写真は前日のもの)

黒川沢の表参道をしばらく歩く。雪も少なく古いトレースもあり快調。

FB_IMG_1516015924451

しばらくすると左手に妙見滝が見えた。多少薄いようだが登れそうなほど氷結していた。

そこからさらに沢沿いを歩くとすぐに白河沢F1が見えた。地図表記の白河滝だ。氷結も良さそう。

準備をし、クライミングを始める。

今シーズン初アイスで非常に緊張したがジャンケンで勝ってしまったので私がリードで。

左の弱点から登ろうとする私にパートナーから突っ込みが入り、渋々正面のバーチカル部分に取りつく。

IMG_1516023090632

バーチカルと言ってもたかだか5メートルくらいのモノだが如何せんアイスクライミングが大の苦手である私はスクリュー打ちまくりパンプしまくりでバーチカル部分をなんとかテンション掛けずに抜けた。

そこから多少傾斜が緩くなり30メートルほどロープを伸ばしブッシュでビレイ。

一旦ロープをしまい少し歩くと直ぐにF2が現れた。

FB_IMG_1516015934370

パートナーがリードで40メートルほど。パートナーもアイスクライミングが苦手らしいが私よりは大分マシだ。短いバーチカル部分もササッと抜けていった。

またロープを片付けしばらく沢を詰めるが予報に反して天気が悪い。普通に降雪があり視界も悪いのであまり沢中を歩いていて気分がいいものではないがもう少し様子を見ながら進むことに。

続いてF3は登山大系で200メートルの滑滝となっている場所だか傾斜も緩いのでロープレスで上がる。

IMG_1516023158939

続くF4,5もほぼ雪壁のためロープレス。

F6,7はもう完全に埋まっており、このあたりから左の尾根に上がる。

このあたりから急に積雪量が増えたのでワカンに履き替えるが堪えるぐずついた雪質のラッセル。

もう少しで山頂かと思っているあたりで大量の雪がのし掛かった樹木が倒れかかり行く手を阻むようになった。部分的にキノコ登攀のような形になり奮闘的。

左からくる支尾根に合流し、その後なんとか中岳と南岳の間に抜けた。この時点で時間もかなり押していたので予定のルンゼ下降は取り止め、黒川沢の登山道に降りることにする。

この頃になると天気も回復し最高の景色のなか中岳、北岳と縦走。西には蝶ヶ岳、常念岳、燕岳などの稜線がハッキリと見え、東側は安曇野の街が近い。

FB_IMG_1516015950698

FB_IMG_1516015959642

FB_IMG_1516015964921

FB_IMG_1516015985571

FB_IMG_1516015977726

北岳頂上の鳥居はかなりの部分が埋まっており、積雪の多さをうかがい知ることができる。

さて、下山路はと。看板に従い下山開始。しばらく下ったところでどうも地形がおかしい。看板を良く見ると中房とある。これはいかん、と北岳山頂まで登り返す。危ない危ない。

山頂に戻り正しい登山道を探すが夥しい積雪のせいか全く見つからない。方角をある程度見定め、少し強引に下降する。しばらく下ったところで赤布を発見したのでホッと一息。そのまま尾根を下ってみるが急峻過ぎる。改めてGPSで現在地を確認すると正しい尾根ではない。そこから正しい尾根に乗るためトラバースするが細かい沢や尾根が多く中々登山道のある尾根に乗れない。仕方なく支尾根を登り返すとなんとか登山道のある尾根に乗ることができた。赤布も発見。

これで一安心かと思いきや、この登山道は急峻な尾根に結構無理矢理作ったもので梯子や鎖が多くその殆どが雪に埋もれているため、ルートファインディングの必要があり下るのが困難。

しばらく下るも黒川沢のコルの場所が判然とせず再度現在地を確認、このまま下れば白河滝脇のルンゼに出られると踏み、アイゼンに履き替え念のためハーネスも装着して沢筋を下る。

目論見通り白河滝F1の脇まで歩いて下ることが出来て自分たちのトレースに合流でき一安心。

久々の長時間行動で私完全にバテましてフラフラと登山口まで歩きました。20時30分行動終了。

帰りの高速もフラフラ、仮眠を取りながら帰ったら1時を回っておりました。

 

 

 

2017.12.19

こんにちは!!犬飼です.

今シーズンのアイス初め,峰の松目沢を詰めて参りました.

積雪少なく,取り付きまではノーラッセル,F10通過後稜線までも膝程度でした.

また,結氷状態は良好で,一部F5~6以外はスクリューもアックスもよく効きました.

一応練習で各氷瀑でロープ出しましたが,実際確保が必要なところはF2,F8~9程度かと.

日程: 2017/12/17

メンバー: 酒井さん,吉川Kさん,犬飼(CL)

天気: くもり

コースタイム:5:30美濃戸口駐車場 ~ 8:00F1 下部~ 14:00F10上部~14:30稜線~16:00赤岩の頭~17:00赤岳鉱泉~18:30美濃戸口

F1

F1:スラブから階段.ロープいらないけど一応最初なので.

F2

F2他のパーティは左から行ってましたが,

順番待ちを避け,中央から適当に.

F5_6

F5~6 2段.上部は氷薄かったです.

F7

F7?右の階段から適当に

F8

F8.5m程度でしたがバーチカルです.

写真右端の凹角ラインをアックステンション連発で泥臭く突破しました.

体感敵にはトポ記載のⅣ級より難しかったです.疲れた~.

思い切りがあれば,短いので一気に突破したほうが楽かも.

F9

F9.通常F8から連続で登攀するようですが,

F8で私がへばったのて,ピッチきり,吉川K君に登ってもらいました.

他のパーティーはF8手前で引き返すか,

F9突破後,懸垂で同ルート下降をとるようです.

F8上部には確かな支点が乏しいで,F9までの登られたほうが無難です.

我々は,F10まで登り,その後稜線までつめることに.

F10 突破後すぐ上の二俣を左,

その後の二俣を右に詰める.

岩壁を左手に,トラバースしつつさらに詰めると,稜線の一般道にでます.

今日はだれも上がってきていないようで,我々のみのようです.

詰め

稜線

赤岩の頭付近.

アイスクライミング目的でしたが,

稜線まで上がったほうがやっぱりすっきりしますね.

久しぶりに充実した山行になりました.

いじょうです.

ばいばい.

2017.02.19

アッサラームアライクン 犬飼です.

小秀山乙女渓谷 夫婦滝へアイスクライミングに行ってきましたので報告いたします.

アプローチが短い上,2本とも氷瀑のスケールも大きいため

日帰りとしてはかなり密度の濃い,充実のアイスクライミングとなりました.

日程: 2017/2/19

メンバー: 鵜飼さん,犬飼

天気: 曇

装備: アイススクリュー10本程度

コースタイム:

7:30 乙女渓谷キャンプ場~8:30男滝~11:30下降 取り付き~12:30女滝~15:00下降取り付き~15:30乙女渓谷キャンプ場 下山

【男滝】

DSC_0122

■1P目 犬飼リード

見た目階段状で易しそうでしたが,

形状が複雑な上,氷が不安定でかなりおとしました汗.

「パコーン ガラガラ―」 「鵜飼さんスミマセン...」

35m程度登り,右のテラスでピッチを切り,少し細い立木の根でビレイ.

■2P目 鵜飼さんリード

DSC_0125

傾斜のゆるい左側は水が流れており,シャワークライミング必至となるため,

滝右端のコーナー部を登る.

傾斜は80~90°と立っているが氷が安定しており登りやすかった.

20~30m.

■下降 左に抜ける登山道から下山できます.

【女滝】

DSC_0132

■1P目 犬飼リード

傾斜60~70°のゆるい傾斜,氷もグサグサでよく刺さる.

20m程度右テラスでピッチを切る.かなり楽させてもらいました.

氷が薄いのでスクリュー乱れ撃ちでアンカー.

■2P目 鵜飼さんリード

傾斜は70~80°,一部氷がもろいため,ビレイヤーは注意.

しかし,上部は氷の状態もよくとても気持ちよく登れます.

40m強と長さもあり,充実感の高いピッチ.

■下降

トポによると下降は右の尾根から懸垂とのことであるが,

いまいちポイントが分からず,ダブル一発でやや強引に下降.

満足感の高い山行となりました.

時期的には今がベストでしょうか.

帰りは温泉おんぽいの湯

2017.01.22

こんにちは

2017年1月12日(木) 御在所岳 αルンゼにアイスクライミングにいってきました。

参加:ソガさん、イドさん、カミテさん、ハラダ

行程:7:30裏道登山口~10:00頃αルンゼ

αルンゼアイスクライミング

13:00頃下山開始~14:30頃下山

 

1485051878898

朝5:30頃、カミテさんをピックアップし、7:00菰野町道の駅にて集合。

7:30頃~裏道登山道をボチボチと歩き、国見峠にまもなくというあたりから、

αルンゼ方面へ向かう。

αルンゼ 1ピッチ目

αルンゼ 1ピッチ目

1ピッチ目は、氷がないので、そのまま登った。

2ピッチ目にて、トップロープを張り、アイスクライミング

1485051888233

翌日から寒波到来という事で、まずまずの寒さ

1485051898963

ロッククライミングと比べると、アイスクライミングの方が、

すっきゃなと思いながら、ガシガシと楽しんだ。

皆で、2回転したところで、

「帰ろ」って、帰りました。

by ハラダ

追伸ながら、

帰りに、カミテさんと、洒落乙な旧片岡温泉にて風呂をいただいた。

いつも混んでいるので、スタッフに拡大するのかをしつこく聞いてみた。

来年には埼玉、翌年にはどこかと、オープンする予定のようであった。

こちらはここまでとの事である。

高速道路が通ったりと、より繁盛するんだろうな。

2017.01.02

ズドラーストヴィチェ 犬飼です.

年末年始にアイスのビッグルート三峰川岳沢に行ってまいりましたので報告いたします.

アプローチは雪少なく,懸念していたラッセルどころか,モーレツやぶ漕ぎ.

氷瀑は氷結甘く発展途上で,ところどころヒヤヒヤしました.

そーいえば私,このスケールのアイスは初めてでしたので,

終始引っ張り上げてもらいながらの山行となりました汗.

 

日程: 2016/12/31 ~ 2017/01/02

メンバー: 鵜飼さん(CL),酒井さん,犬飼

天気: 全日晴れ

コースタイム:1日目4:00長谷杉島ゲート ~ 15:30岳沢出合い 幕営

                     2日目6:00岳沢出合い ~ 14:00F8下 幕営

3日目7:00F8下 ~ 14:00仙丈ケ岳 ~ 16:00北沢峠 ~ 19:30戸台

【1日目】

南沢を詰める.雪浅く,渡渉が何度もありやきもき.

岳沢越にいくために,南沢を左に折れ,さらに沢を詰めるが...先に進めない.

15781309_10207846018853417_3397202863970595990_n

↑ 事前調査によると,この滝も氷結していて登攀できるようだが,

今年はじゃばじゃばで,登れませんでした.

雪がないため,そのまま沢を詰めるのをあきらめ,いったん稜線まであがることに.

15825768_10207846018813416_5344666128849073337_n

↑ ほとんど夏.この後,未踏の地をモーレツやぶ漕ぎしました.

稜線まで出たのち,岳沢越でようやく予定のルートに帰還.

岳沢出会いまで下り,幕営.

15780900_10207846014493308_6870724967562784526_n

↑ 幕営地.冬とは思えないほど,快適そのもの.

 

【2日目】

いよいよ登攀.しかし,氷結が甘く登攀できない滝もちらほら.

この日登ったF1 ~ 7でロープを出したのはF3,F4のみ.それ以外はフリーソロで登りました.

15780687_10207846023413531_8723126530403170184_n

↑ おそらくF1 水.流れてます.

15825922_10207846023373530_7516688056603450698_n

↑ F3 鵜飼さん,荷物背負ってのリードです.

立ってます.経験浅い私にはキツイ.腕パンパン.テンテンで辛くも登攀.

15780654_10207846025853592_4798027579756176793_n

↑ F4 鵜飼さん再びリード.

傾斜はF3より緩いですが,氷の形状がよくない.

全行程で一番しんどい登攀でした.

 

その後,F5~F7まではなめた滝をフリーソロで上り,

F8手前で幕営することに.私はもうバテバテ.

15894303_10207846025813591_9052575109646019547_n

↑ 幕営地.ロケーションは最高.整地がかなり必要でしたが.

 

【3日目】

いよいよF8ソーメン流しの滝

15871998_10207846364662062_8372290028106864868_n

↑ ソーメン流しの滝.

どこでピッチを切るか,よくわからなかったです.

今回も鵜飼さんリードです.頼りっぱなしですみません.

15822863_10207846026933619_6864722404692429355_n

↑ ソーメン2P目

F8の後,F9をフリーソロで登攀し,

テキトーな斜面を登り,稜線に出る.

その後は大仙丈まで美しい稜線歩き

15826572_10207846030053697_7235870366754642571_n

↑ 大仙丈までの稜線.

その後は,仙丈ケ岳,北沢峠,戸台まで,トレースをたどり下山.

密度の濃い,素晴らしい山行となりました.

今回は実力的に「連れて行ってもらった」山行でしたので,

もっと実力つけてリードします.

 

それでは,さようなら.ダスヴィダーニヤ

2016.04.25

お疲れ様です。吉川です。

1.30~31(!)に早戸さんと僕と僕の妻の三人で八ヶ岳 峰の松目沢に行ってきました。

何をいまさら…という感じですが、スマホの中に文章だけはずっと作っていたので報告させてくださいm(_ _)m
ほかの山行も今後できるだけ報告したいと思います。

30日は赤岳鉱泉への移動のみ。
みぞれ等も降っていて不快だったが特に問題なく鉱泉までたどり着けた。
この日はアイスキャンデーフェスティバルだったのでテント場は一杯だろうと思っていたが、むしろいつもより少なく感じたくらいだった。小屋泊の方が多いのだろう。

夜は岐阜登高会のパーティと宴会。さらに、アイスキャンデーフェスティバルのプロトレックナイトで花谷さんのお話もあったため、それを聞きに行った。

31日 晴
朝ゆっくり過ごすために早めに起き、テントを撤収して、峰の松目沢へ。取付きは赤岳鉱泉から4個くらい橋を渡って、次に現れる橋を渡らずに右へ。前日に踏み跡があることを確認していたので迷うことはなかった。
予想通り雪が少なかったので、滝はほとんど埋まっていなかった。

この日は僕たちの他にも3~4パーティほど入ったようだ。先行パーティはソロの男性のみで、すぐに見えなくなった。
今回はほとんどの滝をリードさせてもらった。
F1は傾斜のゆるい滝で久しぶりのアイスだったので、ちょうど良かった。
F2はそれなりの高さだが、難しくない。
その後は傾斜のゆるい滝が連続する。峰の松目沢は南面にあるため、アイスなのに、日なたは暑い。これでよく凍るものだ。
核心のF8は短いが下部がバーチカル。登りそのものは問題なかったのだが、スクリューを打つのが下手すぎて、アックステンションをかけながらなんとかセット。抜け口のスクリューは何度打ち込んでも入っていかず、結局わーわー言いながらセットせずに抜けた。終了点で確認したらスクリューの中に氷が詰まっていた。そりゃ刺さるはずないわ。
アイスはめったにやらないのでうまくできなくて当然だが、技術の低さを露呈した形となった。
最後に低いが傾斜の強いF9を越えて、10分ほどルンゼをつめると稜線にでた。
しかし、稜線に出てから赤沢の頭までがなかなか長く、雪も腐ってて思った以上に苦戦した。

赤岳鉱泉に戻ると岐阜登高会の中山尾根に行ったメンバーが渋滞でまだ降りて来られないとのこと。中山尾根まだ行ってなので行ってみたいのですが、渋滞はキツイなあ…

スマホで将棋などをしながら少し待っていたが、先に降りることにした。最後はヘッデン下山となった。

 

1/30 15:00美濃戸口~18:00赤岳鉱泉

1/31 7:00赤岳鉱泉~7:40取りつき~12:00稜線~14:20赤岩の頭~15:00赤岳鉱泉(大休止)~18:40美濃戸口

2016.03.25

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一角獣F1

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

一角獣F2

こんにちは。成瀬洋です。

報告が遅くなりましたが、今月10日に中千丈にアイスに行って来ました。

友人に誘っていただき、総勢5名。

中千丈は初めて。ずいぶん前のロクスノにエリアが発表されていたので、本棚から引っ張り出してコピーしていきました。

雪が少なく、アプローチの大岩のところがけっこう悪かったです。

ジョーズ、一角獣、Zなど、個性的な氷瀑がまとまっていました。

雪が少ないため、氷が例年よりも長いとのこと。

ただし、氷自体は少し小さいようです。

まずは一角獣を登ろうということで、同行のNさんがF1をリード。

メインの氷瀑をリードさせてもらいました。

正面は氷が脆そうで、右と左は短いながらバーチカル。

下部を左寄りに登ったので、左のラインを登りました。

上部が若干ハングしているようでⅤ+くらいか。

無事に登り終え、立木で懸垂。

ジョーズはKくんがリード、ぼくはフォローで登りました。

移動してZへ。ここも若いKくんがリードし、50mいっぱいの立木でビレー。

フォローで登り、本日は終了。

暖かい日で氷も柔らかく、登りやすかったです。

いろんな種類の氷瀑がコンパクトにまとまっており、とても良いエリアでした。

シーズン初めにアックスやアイゼン、スクリューなどを新調して登る気満々でしたが、氷結状態やらいろいろで結局アイスは4回しか行けませんでした。山もいくつか行きたいルートがありましたが行けず終いで春になってしまいました。

冬の間も週2〜3で岩には行っていたので、また岩場通いをしています。

去年はクラックばかりだったので、今年はスポートをもう少しがんばろうと思います。

御在所のカリフォルニアドリーミング、錫杖のマルチ、瑞牆のマルチ(アレアレアなど)、明星、屏風の雲稜オールフリーなど、トライしたいマルチもたくさんあります。パートナーを探しています。お付き合いして頂ける方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

 

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最新の記事

© 2018 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.