愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  

2016.03.22

朝日を浴びる北壁。氷のリボンから直接尾根まで見える。右は中央ルンゼに向かうパーティ

朝日を浴びる北壁。氷のリボンから直接尾根まで見える。右は中央ルンゼに向かうパーティ

 

1皮です。西村代表と憧れの鹿島槍北壁に行ってきました。

ルンゼ内は氷結が悪かったものの、完登できました。

【20日】大谷原5:45~8:30荒沢出合~13:00天狗の鼻

【21日】天狗の鼻3:50~6:00カクネ里~7:20正面ルンゼ取り付き7:30~9:40正面尾根のコル~11:00北峰~14:00天狗の鼻14:30~18:30大谷原

 

【初日】

徒渉は2回。1皮はネオプレーンの靴下をはいて渡るが、流れが強く、太もも辺りまでズボンを濡らしてしまう。西村代表はパンツ1丁になり、冷たさに悲鳴を上げていた。荒沢出合から荒沢を上流にちょっと遡り、天狗尾根の傾斜の緩い斜面に取り付く。暖冬の今年は、すでに枯れ葉斜面になったところもあった。尾根に出ると歩きやすくなりスピードアップ。気温は高く、濡れたズボンはすぐに乾いた。尾根上部の第一、第二クーロワールとも問題になるところはなく、順調に天狗の鼻に到着。尾根南側の斜面に、氷のリボンを狙う旧知のKさん、中央ルンゼに行くKさんのテントの横に、私たちのテントを張った。翌日に壁に向かうという緊張感を味わいながら、自家製梅酒をちびちびやりながら過ごした。

【2日目】

2時起床。北壁に向かうパーティの一番手で出発する。が、壁の降り口が分からない。過去の記録などから「最低コルの1つ先のピークを越えたところ」と覚えていたが、壁が急すぎて下りられない。唯一、もっとずっと先の天狗尾根が壁に吸収される辺りが唯一の降り場か。そんな風にうろうろしているうちに他のパーティーが続々とやってきた。以前も来たというKさん・Sさんコンビも、「こんなに奥じゃなかったけどな」と言いながら真っ暗な雪渓をバックステップで下りていった。われわれもすぐに下降とトラバース開始。しかし、2つめの尾根の所で、雪がなくて岩が出ているところにぶち当たり、Kさんらは懸垂してカクネ里に下り始めた。「去年はこんなに高い木が雪から出てなかったけどな」とKさん。積雪が2mぐらいは少ないらしい。われわれもロープを借してもらったm(_ _)m謝謝。70mロープで急な部分を下り、あとはカクネ里まで150mぐらいをクライムダウン。間もなく、北壁に朝日が当たり始めた。日が照りつける前にルンゼに入りたかったが、随分遅れてしまった。

Kさん・Sさんは氷のリボン、Kさん・Kさんの若者コンビは中央ルンゼ、われわれは正面ルンゼ、ここから分かれて進む。この日の北壁は他に、主稜2パーティ(うち1パーティは単独)。北壁をトラバースしているのが見える。カクネ里はデブリがあちこちに。19日に降った雨によるものだろう。主稜の末端を右に回り込み、正面尾根Bリッジの取り付きでガチャを準備。日が燦々と降り注ぎ、すでにチリ雪崩と小さな落氷が絶え間ない。上部にはでかい雪庇があって、落ちるのは時間の問題だろう。準備ができたらすぐ出発だ。

雪壁をダガーポジションで登っていくと、ルンゼは正面尾根Aリッジの取り付きを右に回り込み、南向きの斜面になる。気温は高く、氷はグズグズ。狭くなった部分の氷はかなり立っており、薄い!

すぐにノミックで氷の下の岩を叩いてしまい、先っちょ2ミリほどが欠けてしまった(T_T)。スクリューの歯も曲がった(T_T)。氷の状態はかなり悪いので、ロープを出すことに。でも60m伸ばした先は、雪壁と、薄く雪と氷が乗った岩と草付き。セカンドのビレーは、アックスを雪面に突き刺しただけでビレーポイントとする。まあ、落ちないでしょうという判断で。

そこからは延々と雪壁登りと、わずかな氷。チリ雪崩のシャワーを浴びながら登るが、暑いので気持ちがいいくらいだ。息絶え絶えになりながら、正面尾根のコルに到着。かなり斜めっており、休める場所じゃなかった。そこから右手の中央ルンゼに入って直上。正面尾根が斜面に吸収される辺りから正面ルンゼに入った。雪面は表面が堅く、中は比較的柔らかいものの、安定感はある。頂上に出る直前、60~70度ぐらいの急斜面なのに雪は柔らかくなり、支持力が極度に低下。手2本、足2本でバランスを取り、何とか乗っ越した。間もなく登ってきた西村さんと握手して喜び合った。気温はマイナス10度。北風が強く、すぐに下降に移った。

天狗尾根の下降も良くはない。細いリッジや急斜面をダブスアックスでバックステップで下りるところも。途中、30mの懸垂2回。天狗の鼻まで気が抜けなかった。テントなどを回収し、大谷原までは雪面は階段状に踏み固められ、簡単に下りられた。

正面ルンゼの入り口

正面ルンゼの入り口

カクネ里上部を登る西村さん。右手に主稜末端が見える

カクネ里上部を登る西村さん。右手に主稜末端が見える

ルンゼを右に曲がった辺り

ルンゼを右に曲がった辺り

下から見たのど元付近。氷が薄い

下から見たのど元付近。氷が薄い

アックスを緩く刺しただけの支点でセカンドをビレーする

アックスを緩く刺しただけの支点でセカンドをビレーする

急斜面を気持ちよさそうに登る

急斜面を気持ちよさそうに登る

中央ルンゼ上部

中央ルンゼ上部

カクネ里を眺めながら

カクネ里を眺めながら

北壁から北峰に飛び出す西村さん。北風が強くて、カメラのレンズが中途半端な開きに(^^;)

北壁から北峰に飛び出す西村さん。北風が強くて、カメラのレンズが中途半端な開きに(^^;)

 

2016.02.13

上手です。

曽我さんと御在所岳アルファルンゼに行ってきました。

 

7時少し前、ゲート前の駐車場に着くと止まっている車は2台

歩いている時も後ろから来る人はいない、こんなに天気がいいのに

人が少ないねと話しながら登っていく。

裏道から外れ取り付きへ

 

1P なだらかな段々のようなところ、全体に氷が薄い感じ

スクリューが入りそうな所を探し登っていく。

2P 真ん中に岩があり少し立っている、左右どちらでも行けるが

簡単そうな右を登る。

3P 高さはない立ったところを上がれば、あとは歩ける感じ。

DSC00378

今回 リードをさせて頂きましたが、今までデュアルだったのをモノポイントに替え

慣れていないのかアイゼンが安定せず、アックスに頼って登ってしまった結果

2P目に少し落ちてしまいました。

曽我さんに、つま先が開いて蹴り込んいるから刺さらないし安定しないと指摘

トップロープでの練習が必要と感じました。

帰りは裏道を下り13時半頃 駐車場に到着

ゲート前の道は下のトイレがある駐車場まで車でいっぱいにでした。

 

 

2016.02.12

0:30美濃戸口~3:00赤岳鉱泉3:20~4:30大同心大滝7:40~9:30北西稜取り付き~大同心頂上15:10~21:00美濃戸口

大同心大滝を真っ暗な中登り出す

大同心大滝を真っ暗な中登り出す

ストロボたかないと、こんな感じ

ストロボたかないと、こんな感じ

 

大滝2P目

大滝2P目リード中の1皮さん

 

終了点で、やっと向こうの山に日が照ってきた

終了点で、やっと向こうの山に日が照ってきた

終了点から、大同心の岩場はすぐそこに見える

終了点から、大同心の岩場はすぐそこに見える

北西稜1P目。バランス悪いが、ペツルが打たれたので、なんてことはない。前に敗退した時は、岩の突起にスリングを巻いてごまかしプリテクションで登ったものだが・・・

北西稜1P目。バランス悪いが、ペツルが打たれたので、なんてことはない。前に敗退した時は、岩の突起にスリングを巻いてごまかしプリテクションで登ったものだが・・・

3P目(?)

1皮さん、4P目リード中

 

4P目。ステミングで軽く登れるピッチ

4P目。ステミングで軽く登れるピッチ

6P目の快適な雪稜を終え、最終ピッチのクラック下でビレーする岩佐さん

6P目の快適な雪稜を終え、最終ピッチのクラック下でビレーする岩佐さん

ああ、日が暮れる・・・。大同心沢上部の懸垂点で

ああ、日が暮れる・・・。大同心沢上部の懸垂点で

2016.02.08

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本流二ノ滝

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

右側壁ルート

 

成瀬洋です。

友人に誘われて、大谷不動に行って来ました。

初めての大谷、アプローチが大変だと聞いていましたが、ヒロケン本とは違うアプローチでおよそ1時間で到着。

すでに3張くらいのテントが張ってあり賑わっていた。

テントを張り、まずは不動裏の滝へ。

ここも例年より雪が少なく、F1がいつもより大きいとのこと。

F2がメインで、トポだと左がⅤ−、右がⅤ+ですが、左は水が飛び散っていてビシャビシャ、右は細くて表記グレードより難しそうそう。

とりあえず、左を登りだす。出だしからほぼ垂直だけれど、それよりもシャワーが大変。

袖からも水が浸入、グローブもビショビショで、飛沫で目が開けていられないほど。

難しくはないものの、一瞬でずぶ濡れになってしまった。

スクリューも入りが悪い。ロワーダウンし、仕方ないということで、本流に向かう。

F1は左から巻いてメインの二ノ滝へ。

高さ55m。出だしと上部が少し傾斜が強いⅤ+。

一気に上までリードしてロワーダウンで下降。

まだまだアイスに慣れていなく、登るのに時間がかかってしまうように感じる。

左岩壁の滝を見つつ、沢で水を汲んでテントへ。

翌日は右側壁ルートへ。この氷も出だしと上部が垂直。

昨日は柔らかくて刺さりも良かった氷も冷え込んだおかげで硬くなっていた。

寒くて、おまけにグローブは濡れたままなので一気に冷える。

氷柱を数m登ったところで指が冷えきり、テンション。

少しインチキをしてしまったが、二回目で上まで登り、ロワーダウン。

この日は10パーティーくらい入っていて、また氷結状態が十分でない氷もあり、どこも順番待ちだった。

仕方ないので、本流F1を登って早めに下山した。

大谷不動の全体像がわかったこと、50mを越える氷瀑のリード、

まだまだ恐怖心が大きく力を使ってしまうけれど、友人の軽やかな登りを見て登り方の勉強にもなった。

少しだけ、ここでのアイスクライミングがわかったような気がした2日間でした。

声をかけてくれた友人に感謝。

2016.01.25

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

成瀬洋です。

ここのところ毎週瑞浪通いをしております。

土曜日も瑞浪でしたが、午後からは雪で撤退。

日曜日に乗鞍の善五郎の滝に行って来ました。

暖冬の影響で、結氷具合をリサーチしても1月頭頃のまったく凍っていない情報しかありませんでしたが、ここのところ冷え込んでいるし、週末は40年に一度の寒波到来らしいので、それに期待して向かいました。

高速は時速40kmの除雪車のおかげで、乗鞍高原温泉に着いたのが11:30頃。

「善五郎の滝」の看板が二カ所あり、地図を見ると上(第三P)からのほうがアプローチが短いようなのでそちらに車を停める。遊歩道らしいものはなく、トレースもゼロ。アプローチは遊歩道を10分ほどと近いはずですが、おかしい。

腰までラッセルしながら沢まで下り、もう一度登り返すとトレースがあったので辿ると、滝の上部に出ました。

下には遊歩道があり、ハイカーの姿も。

ちょうど、残置スリングがある支点に使えそうな木があったので、トップロープ支点をセットして懸垂。

滝は思っていたよりも大きく、部分的に垂直。

他に、名古屋から来た2人パーティーが登っていました。

高さは20m超、左のほうが飛沫が飛んでいますが、懸垂したラインはしっかり凍っています。

まずはそのラインをトップロープで登る。

メインの滝の右側に、10mほどの傾斜のない凍りがあり、トップロープをお借りしてそちらも登り、最後にメインの滝をリード。『岳人』の記事によるとⅣ〜Ⅴ−くらいのよう。

週末は40年に一度の寒波らしく、なかなか寒かったです。

4時30分頃撤収して今度は遊歩道から帰ることにしました。

下の看板の駐車場(カーブがある)から車道を700mほど歩いて車に到着。

乳白色の温泉に浸かって11頃帰宅しました。

2015.12.24

酒井です。

斉藤さんと阿弥陀の広河原右俣へ行ってきました。
クリスマスルンゼでアイスを楽しんだ後、右俣に戻り阿弥陀南陵まで抜ける計画です。

7:00舟山十字路 ~ 7:50出会 ~ 10:00クリスマスルンゼ ~ 11:30右俣帰還 ~ 14:30阿弥陀南陵上の稜線 ~ 17:00舟山十字路

私の「アイスもできて稜線へ抜けられるアルパインムードのあるルートで」という希望に斉藤さんがチョイスしてくれたのが広河原。
そしてクリスマスルンゼの名前に私が釣られ右俣を行くことに。結果、リクエスト通りのルートでとても楽しめました。

出発時、舟山十字路に車は3台。途中で6人PTと会ったが彼らは左俣とのこと。
他には右俣を降りてくるPTとすれ違いますがこの日に出会った人はこれだけ。落ち着いた雰囲気の中アイスクライミングを楽しみます。

 

IMG_20151223_095837
クリスマスルンゼ 斉藤さんのリードでさくさくと

クリスマスルンゼを終えてから稜線に向かいますが、何度も二股に分岐するので考えながら歩かなければいけません。
しかしナメ氷が続いているとついついそっちの沢を伝ってしまいます。
ルートを間違ったりしつつも修正して、阿弥陀南陵バリエーションルートのP3直下あたりの稜線に抜けました。(南陵に出るつもりだったので少し頂上寄りに出た)

 

IMG_20151223_142450

あとはバリエーションと言えど踏み後のしっかりついた道を下るだけ。景色を楽しみながら無事に下山しました。
12月はこれでアイスを3回。安定して登れるようになってきましたが、もう少し足に負担をかけずに登れるようになりたいですね。

来年もよろしくお願いします!

2015.12.21

11215752_814108382033805_405569591320313543_n

成瀬洋です。

日曜日に斉藤さんと大同心ルンゼに行って来ました。

異常気象の影響で、まだ南沢もしっかり凍っておらず、

今シーズンの大同心大滝の記録も見当たりませんでしたが、

転戦も視野に入れつつ、少し冷え込んで来たので少し期待して向かいました。

美濃戸05:40~北沢~07:00赤岳鉱泉07:40~11:00大同心稜~北沢~13:40美濃戸

鉱泉手前から見える大滝は鉛筆のように細いものの、一応白い氷ができていました。

取り付きまでは数センチしかない雪の上についたトレースを辿り、

アイゼンを付けていなかったのでF1は適当に巻いて大滝へ。

上部垂直部の氷は細いが登れなくはなさそう。

3人パーティーがトップロープで登っているところを良いタイミングで登らせてもらう。

2Pで登ることにして、ザックを背負って上部垂直部下のアンカーまで成瀬リード。

部分的に柔らかいところがあるものの比較的安定している様子。

岩に打たれたハンガーに支点をつくりピッチを切る。

横から見る上部の氷はポロポロでいかにも脆そう。

それでも氷ごと崩れることはなさそうなのでザックを荷揚げすることにして空身で成瀬リード。

案の定ポロポロ。

スクリューを打てる所も限られてるものの氷が脆いのでこまめにプロテクションを取って少しずつ登る。

今回、いろいろとギアを新調したのですが、ハンドルタイプのアックスはやはりラク。

スクリューから何からいちいちお金のかかるアイスってやっぱりブルジョア的と思う。

無事に大滝を登りきり、自分のザックを荷揚げ。

フォローの斉藤さんはザックを背負って登ってきた。

目の前には日の当たった大同心。

12395663_814108168700493_1951084604_n

その後、傾斜の緩い氷瀑をふたつ登って適当なところからトラバースして大同心稜に出て下降。

春のようなポカポカ陽気の青空の下、遠くの白嶺がとても美しい日曜日でした。

2015.12.17

ミヤザキです。

12月9日、シーズン初アイスをやりに、ケンジさんとサンサホウ?サンジャホウ?…とにかく三叉峰ルンゼに行ってきました。

美濃戸7:20-8:40赤岳鉱泉9:00-F1取り付き10:00-15:00石尊稜上部-16:30石尊稜取り付き-赤岳鉱泉17:00-18:30美濃戸

 

アプローチは北沢から。暖冬の今年は全然雪がなく、アイスキャンディーもご覧の通り。山も黒々。

IMG_3361

 

それでも赤岳鉱泉から上は雪道になり、石尊稜に入る分かれ道もピンクテープがあってわかりやすい。

北沢を詰めて右岸から合流する2本目の沢を入る…と間違えるという事前情報から支沢に入らず、石尊稜下部岩壁に向かって登ってから木が密集したところを過ぎてもろい岩場をトラバース&クライムダウン。

結局普通に2本目の沢を詰めてきたであろうトレースと合流した。

で、すぐにF1。低いのでフリーで。

IMG_3421

で、すぐに核心のF2が見えた。

IMG_3422

トポでは12mとなっているが、下部のバーチカルなところは7、8mくらい。

シーズン初アイスの最初のリードのピッチとしては、けっこう辛いなーと思いながら、ピックを新品に交換したクオークの感触を確かめる。

IMG_3423

なんとかアックステンション休憩1回で落ちずに抜ける。

しかし、アイス3回目のケンジさんは大苦戦。なかなか上がってこない。

終始テンションかかりながら1時間くらいかけて上がってきたところで、名言が出た。

「ワタシ、山を始めて初めて『無理かも』と思いました」

たしかに、初アルパインの御在所前尾根のF2ダルマ(通称)もそうだったし、中尾根も左方カンテもチンネ左稜線も、涼しい顔して登っていたというケンジさん。

初めてのしんどい楽しい思いを味わってもらえて、誘った甲斐がありました。

 

しかし核心F2はまだ終わらなかった。

カラビナとスリングの回収に失敗して落としてしまったという。

「ワタシが行きます」と、ケンジさんがザックを置いて空身でロワーダウン。無事回収し、今度は滝の右岸の岩壁からトラバースして滝の中間に取り付くという。

しかしこれもうまくいかなかったようで(ビレイ点からは見えない)、テンションがかかる。

だったら滝の落ち口にランナーを一本残しておくべきだった。大事には至らなかったけど、これはアドバイスできなかったこちらのミス。

「氷を登りマース」という声が下から聞こえ、ほとんど引っ張り上げるような感じでようやく戻ってきた。

ここで2時間半近く費やしてしまったが、ケンジさんには良い練習になったようだ。その後はコツをつかんだのかサクサク登っていた。

IMG_3369

F2から上は、凍ったナメの回廊から3~5mくらいの小滝の連続で、つるべで登ったのでケンジさんにもリードをしてもらう。

二俣を右に入って滝を一つ越え、さらにミックスクライミングでかぶったチョックストーンの脇を抜けたところで、横岳の稜線が見えるポイントに出た。

右には石尊稜へと上がるトレースがついているので、ここで三叉峰ルンゼのアイスは終了だろう。

石尊稜へと上がると、上部岩壁まであと100mといったところ。時間は15時くらい。上部岩壁抜ける時間はないなーと、計画変更して石尊稜を下ることに。

草付き雪壁のクライムダウンはなかなか難しかったが、木もたくさん生えているのでつかまりながら降りる。

下部岩壁を見下ろせる地点から懸垂下降25m×4回で石尊稜取り付きに。木が多くて結び目が引っかかりそうだったので、ロープ1本できざんだ。

 

赤岳鉱泉から先はヘッデン下山になったが、ヘッデンを忘れたケンジさんはスマホのライトで下山。かなり明るかった。

さらにミヤザキは持病の左膝痛が再発してしまい、美濃戸までの道のりがはてしなく長かった。翌日には人生で初めてMRIを撮った。

ともあれ、直後に暖気が入って裏同心ルンゼもかなり溶けたというから、三叉峰ルンゼを快適に登れるタイミングとしてはベストだったようだ。

時期は限られるが、かなり楽しいルートなのは間違いない。激オススメ。

2015.03.23

摩利支天沢は雪が深くてラッセルが大変でしたが

登山体系では「氷が途中で切れていて、登れないことが多い」と書かれているF3も登れました

メンバー:岩佐、1皮

美濃戸口3:00-5:50摩利支天大滝-8:50F3 -11:00北西稜11:50-16:00頂上16:30-19:30美濃戸口

 

南沢の登山道を行き、南沢小滝・大滝の入り口から20分ほど。右手に沢筋を2~3つ越え、左岸に青いテープの巻かれた木があるところが摩利支天沢出合。トレースが残っていて、20分ほどで大滝の下に到着。F1は雪の下だった。

豪雪の今冬、大滝の取り付きが高くなっていて、氷柱は15mほどと小さく見える。でも氷は硬くて登りにくい。1皮リード。立木でビレー。そのままロープを引きずって行き、F3は岩佐リード。取り付きに大穴があって、氷に乗り移るのが怖いっす。F3上部は膝ラッセル。その上の二股を左に入り、急斜面のところは、用心のためロープをつけてスタカットで。狭いガリー状を抜け、上部の緩斜面に入ると、北西稜が目前に見えた。ロープをたたんで左へ左へと行き、稜線上に出た。そこで大休止。予想以上に時間がかかった。

北西稜にも雪が平年より多く、バランスが必要だった。上部城塞の右手チムニーを予定していたが、時間が押していたので左から回り込むルートに変更。夕方4時に頂上着。氷点下10度で、3月なのに真冬のような登攀だった。阿弥陀南稜はナイフリッジになっていた。行者小屋を経て、美濃戸口まで降りた。

取り付きに雪がたまって小さく見える摩利支天大滝

取り付きに雪がたまって小さく見える摩利支天大滝

1皮さん、大滝リード中。氷が硬い!

1皮さん、大滝リード中。一見軟らかそうな氷だけれど、硬い!

大滝で奮闘する岩佐さん

大滝で奮闘する岩佐さん

ラッセルでF3へ

ラッセルでF3へ

F3を越えると、背景にきれいな景色が見えた

F3を越えると、背景にきれいな景色が見えた

3月なのに、真冬のような上部の壁

3月なのに、真冬のような上部の壁

太陽に向かって登れ!

太陽に向かって登れ!

雪が多い稜線を行く

雪が多い稜線を行く

 

 

2015.02.10

こんにちは鵜飼です。

WCMでアイスの弱さを知ったラッセルと共にアイスの練習をしに八ヶ岳へ行ってきました。

 

7日土曜日

天気があまりにも良い為、これはランドネ日和ですわってことで

F2(ラ リード) → 乙女の滝(う リード) → ナイアガラ(ラ リード)

と登り、そのままえっちらほっちら時々ラッセルをしながら硫黄岳ピークへ

やはりピークを踏むというのはそれだけで気分が良い

滝はどこも穴だらけでしたが、陽の当たるアイスはなんとも気持ちが良いもんでした。

 

晩御飯は赤岳鉱泉で豚しゃぶ、、、ステーキはどこへ行ったんだ!!

原田さんや吉川君、東海支部の方々と合流しプチ宴会でした。

それでも担いだ2リットルの日本酒は消費できませんでした。

10904398_10203524349934395_698046961191903722_o10959481_792867810782672_8033844233173722245_n10960366_10203524348454358_6759109242908940198_o10855021_10203524348854368_1057038158804634752_o10974251_10203524348814367_2292459202461037177_o10368826_10203524348614362_1831511415130527225_o10930198_10203524350654413_5990144811791586491_o10887614_10203524349894394_4599404850219248812_o10368841_10203524349774391_9096386050928881293_o10960224_10203524351494434_1216408883320536651_o10985615_10203524351654438_9104002414847495843_o10982593_10203524351614437_1983860285686439946_o1957937_10203524350974421_6682983900715545187_o

 

8日土曜日

予報通り、朝から雪。

トウチョウマニアの原田さんは頑張って登ってるんだろうなぁっと

のんびりと7時に起床、せっかくシングルロープを担いで来たことだしっと

初めてのアイスキャンディ。利用時間が8時半からだったのでちょうど良かった。

2月ともなればやはりボロボロらしく、アイスというよりフリーの気分で登る

ハング越えなんかをしたり、なんやかんや楽しめました。

10931160_10203524350934420_5821664136058291388_o 10960363_10203524351414432_3665046010623519745_o

 

ニューアイテム、テムレス防寒手袋は帰ってからそっこーで2つ購入しました。

改造してラッセルにも対応させようと思います。

 

10984551_10203524351774441_3888535161161759400_o

東海支部との集合写真はレンズの曇りで、、、

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最新の記事

© 2018 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.