愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧

2017.12.25

早戸です。

今月2回目の明神。今回は2263の東壁登りに行って来ました。2263は初めて。噂通りの悪さでした。

パートナーの体調が悪くなってしまったので2ピッチとちょっと登って下降。テントで泊まり次の日に下山しました。

また訪れたいと思います。というか既に予定ありますが。

林道脇に見た氷

2017_1223_09112500

 

 

雪はまだまだ少ない

2017_1223_10445400

 

クライマーはどこにいるかな

2017_1223_14115100

 

2017.12.24

吉川Gです。

12/23~24で友人と鋸岳に行きました。

 

12/23  04:00戸台駐車場-07:00角兵衛沢出合-11:30角兵衛沢のコル直下(泊)

12/24  06:00幕営地-07:00第一高点-08:40大ギャップ-中ノ川乗越09-30-熊穴沢出合-12:00-戸台駐車場14:00

 

戸台に着くと全く雪がない。とりあえずワカンやビーコンなどは置いていくことにした。

本当は3時に出発するつもりが、痛恨の寝坊で1時間遅れの出発。

暗闇の戸台の河原を彷徨う事3時間。本来なら2時間程度で着くはずの角兵衛沢の出合が見つからず、さらに1時間のロス。

角兵衛沢の登りはとにかく急登のガレ場、雪もなく逆に歩きづらい。

 

DSCF1987

 

久しぶりの山はとにかくつらく、息も絶え絶えで11:30に角兵衛沢のコルに到着。

 

DSCF1994

↑以前1皮さんが見つけていたと思われる氷瀑。全然発達していない。

 

悩む時刻だが、この状態で突っ込んで、何かあると怖いので今日はここでやめとこう。

本当は甲斐駒まで行くつもりだったのだが、さすがに無理だな。

 

DSCF1998

↑今回はガソリンバーナーを使ってみた。温かいどころか暑いくらいだった。

 

 

朝は6時出発。

稜線には雪があったので、コルで今シーズン初のアイゼンを装着。

 

DSCF2012

↑第一高点までは何も問題なく到着。

 

小ギャップへの下りは最後が10m程度の壁。鎖がついているのでボルトの効きを確かめて鎖を掴んで下降。意外と急で思った以上に力を使った。

DSCF2026

 

対岸の登りも微妙な岩場。結局ここも鎖を掴んでしまった。その先は細いリッジをまたぐように進んで、尾根を左にトラバースすると鹿窓に到着。

 

DSCF2028

↑リッジをまたぐ

 

冬は鹿窓はくぐらないそうなので、左の斜面を少し登ると第三高点に到着。

 

DSCF2040 DSCF2043

 

第三高点からは左側の尾根を少し下るとすぐにスリングが大量に巻いてある灌木を発見。

ここから50mロープ一発で遥か下の大ギャップに降りられる気はしないが、とりあえず降りてみる。懸垂は一回のはずなんだけどなあ。

 

DSCF2045

結局そこから懸垂3回で大ギャップから50mほど山梨側に降りたところに到着。

 

 

懸垂のポイントが正しかったのかどうかはよくわからないが、とりあえずコルまで上がってそこから長野側へ少し下って左の尾根に取りついた。

尾根はなかなかのラッセルでバテバテ。第二高点はまあまあ風が強くて寒かったので、さっさと中ノ川乗越へ下降。

なんだかんだで3時間で縦走できたが、昨日のバテバテの状況だったらどうだったかなあ。

 

DSCF2065

最後はガレ場をひたすら2時間下降し、ダメ押しの河原歩きを2時間。お疲れ様でした。

 

一泊二日で甲斐駒までの縦走はなかなか難しいですね。寝坊しない精神力、夜でも迷わない技術、急登でバテない体力。心技体を鍛えて出直します。

 

2017.12.23

 

左に御岳、右に乗鞍

左に御岳、右に乗鞍

1皮です
中アの麦草岳(2730m?)に登ってきました
木曽駒高原スキー場跡0320―11:00頂上―14:00スキー場跡

林道からすぐ雪道
山道に入って何カ所か、登山道を横切る動物の踏み跡があった
直径10数センチぐらいの丸形
大きさからシカやサル、キツネではなく
穴の位置関係からやウサギでもない
もしかして、あれかな?まさかね、睡眠中だろうから
でも一応、笛を吹いて行くことにする

2000m付近から雪が深くなりワカン装着
牛歩の歩みになる

明るくなってまもなく、避難小屋(約2420m)着。中で休ませてもらう
ストーブとマキが置いてあり、ここなら冬でも気持ちよく眠れそうだ

計画では木曽駒、宝剣方面だがトラバース道は雪が深そう
稜線方面の麦草岳に向かう
しかしここも太もも~腰ラッセル
西斜面に取られている夏道は雪が深いため
稜線を忠実にたどる

P1040207_convert_20171218161559
樹林帯を抜けても雪面は柔らかい
結局アイゼンを付けないまま
小屋から頂上までヘロヘロになって4時間弱かかった
遙かに望める木曽駒の頂上には
ロープウエーで楽しく登ってきたであろう登山者が見えた
天候悪化を示す黒雲が迫ってきたのでさっさと下りた

P1040214_convert_20171218161708

2017.12.19

こんにちは!!犬飼です.

今シーズンのアイス初め,峰の松目沢を詰めて参りました.

積雪少なく,取り付きまではノーラッセル,F10通過後稜線までも膝程度でした.

また,結氷状態は良好で,一部F5~6以外はスクリューもアックスもよく効きました.

一応練習で各氷瀑でロープ出しましたが,実際確保が必要なところはF2,F8~9程度かと.

日程: 2017/12/17

メンバー: 酒井さん,吉川Kさん,犬飼(CL)

天気: くもり

コースタイム:5:30美濃戸口駐車場 ~ 8:00F1 下部~ 14:00F10上部~14:30稜線~16:00赤岩の頭~17:00赤岳鉱泉~18:30美濃戸口

F1

F1:スラブから階段.ロープいらないけど一応最初なので.

F2

F2他のパーティは左から行ってましたが,

順番待ちを避け,中央から適当に.

F5_6

F5~6 2段.上部は氷薄かったです.

F7

F7?右の階段から適当に

F8

F8.5m程度でしたがバーチカルです.

写真右端の凹角ラインをアックステンション連発で泥臭く突破しました.

体感敵にはトポ記載のⅣ級より難しかったです.疲れた~.

思い切りがあれば,短いので一気に突破したほうが楽かも.

F9

F9.通常F8から連続で登攀するようですが,

F8で私がへばったのて,ピッチきり,吉川K君に登ってもらいました.

他のパーティーはF8手前で引き返すか,

F9突破後,懸垂で同ルート下降をとるようです.

F8上部には確かな支点が乏しいで,F9までの登られたほうが無難です.

我々は,F10まで登り,その後稜線までつめることに.

F10 突破後すぐ上の二俣を左,

その後の二俣を右に詰める.

岩壁を左手に,トラバースしつつさらに詰めると,稜線の一般道にでます.

今日はだれも上がってきていないようで,我々のみのようです.

詰め

稜線

赤岩の頭付近.

アイスクライミング目的でしたが,

稜線まで上がったほうがやっぱりすっきりしますね.

久しぶりに充実した山行になりました.

いじょうです.

ばいばい.

2017.12.18

P1040200_convert_20171218160025

 

1皮です

中房温泉までの林道が冬季通行止めになる前に

大天井岳まで行く計画で登り始めました

 

中房温泉7:30~11:30燕山荘~12:00頂上~燕山荘12:30~14:30中房温泉

 

歩き出しからすぐ雪道になりましたが

稜線は雪が少なく、岩や砂ばかりで意欲減退

しょうがないので燕山荘から燕岳まで往復でお茶を濁し

さっさと下山しました

やっぱりまだ早かったようです

幕営道具も車に置いてデイパックで行けば良かったと後悔しました

快晴ということもあり、平日なのに20人ぐらいの登山者がいました

P1040193_convert_20171218155356

ここから見ると稜線も雪がたんまりありそうに見えるが・・・

ここから見ると稜線も雪がたんまりありそうに見えるが・・・

この通り

この通り

 

 

 

2017.12.18

 

早戸です。友人2名と明神東稜~主稜に行ってきました。

谷筋はまだ完全に埋まってなかったので上宮川谷からアプローチし、下山は前明神沢で。

尾根上は膝~腿程度のラッセル。

風は強かったですがいい天気でした。

myoujin00 myoujin01 myoujin02 myoujin03 myoujin04

2017.10.29

P1040180_convert_20171029101133

1皮です

ジャンダルムまでアイトレに1人で行ってきました

稜線西側斜面のルンゼにはひざ程度のラッセルがありましたが

そのほかは雪が少なく、その分アイゼンでの岩場通過に気を遣いました

アイトレ専用に使っている古いアイゼンなので、先がすり減る心配は全くありませんでしたが…

ママチャリのドラムブレーキのグリスが切れたようでブレーキが全く効かず

釜トンの下りは歩いて降りました。釜トン出口~上高地間はブレーキなしで行けるので快適でした

快晴の一日で北風も強くなく、ジャン頂上の気温はマイナス4度でした

 

釜トン2:30-4:40岳沢小屋5:00-7:10天狗のコル7:20-9:00ジャン9:20-13:50釜トン

 

天狗のコルまでの登りで、気持ちの良い青空が広がってきた

天狗のコルまでの登りで、気持ちの良い青空が広がってきた

コブ尾根の頭から見たジャン。雪がない・・・

コブ尾根の頭から見たジャン。雪がない・・・

双六方面は真っ白

双六方面は真っ白

 

2017.10.14

1皮です

1人で北尾根に紅葉見物に行ってきました

暑いぐらいの天気で、半袖で登りました

某所に車を止め、ママチャリで入山しましたが

釜トンの次のトンネルが完成しており、上高地にしばらく来ていないことに気づきました

北尾根は浮き石にさえ気をつければ、ロープやガチャは不必要でした

釜トン3:10-4:00岳沢登り口(駐輪)-8:30北尾根5・6のコル8:50-11:00前穂頂上11:20-13:30釜トン

P1040130_convert_20171014042333 P1040135_convert_20171014042440 P1040139_convert_20171014042523 P1040147_convert_20171014042606 P1040151_convert_20171014042645 P1040157_convert_20171014042728 P1040160_convert_20171014042821 P1040165_convert_20171014042857

 

 

 

 

 

 

2017.09.28

曽我です

井戸さんと久しぶりに錫杖に行ってきました。

9月26日 槍見駐車場5:30-錫杖沢出合い7:30-

取り付き8:30-チムニ上11:00-取り付き12:00

錫杖沢出合い13:00-槍見駐車場-14:00

二人とも最近は近場でのクライミンばかりで本チャンは久しぶりだ

明るくなり出した槍見を出発。途中イガグリが落ちていて帰りに拾

うことにした。今日は雲もないドピーカンな天気、そそり立つ錫杖

の岩を見るのも久しぶりで懐かしい。紅葉はまだ早いようで赤と黄

がちらほらだ。青息吐息で北沢大滝下の取り付きに着き、準備。

久しぶりのアンザイレンは緊張する。顕著なチムニーを目指し凹角

のガリーをワンピッチ伸ばす、途中にちゃちなビレー点があったが

吉Gのトポ通りに通過し傾斜したテラスの良いビレー点で切る。

良く登られているのか岩はしっかりとしており登りやすい。

そこから右手凹角に移って登るようだが、テラスからのトラバース

の一歩が微妙な距離で躊躇する。幸いボルトが打ってあり助かる。

凹角から右手フェースに移り少し登ると立派なビレー点がある。余

りにも登った距離が短いので思案する。チムニーはすぐ上に見える

のでここでピッチを切ることにする。正解だった。

噂のチムニー右横のフェースは、傾斜も強く手がかりもあまり無さ

そうで頼りのピンも見えない。

チムニー奥へ進みチョックストーンの穴をくぐり草付下のビレー点

でピッチを切り終了。次のもろそうな岩と草付は敬遠し下降する。

懸垂2ピッチで取り付きへ。注文の料理店に2パーテイいた以外は

見かけなかった。最近は登攀への意欲が余り湧かず、テンションが

上がらないのは歳のせいかな。

 

 

 

2017.09.24

JAMBO!! 犬飼です.

知人のIさんの希望により,近場のゆるーい沢のぼってまいりました.
場所は奥伊吹の国見岳に続く尾西谷の右俣です.
ナメ滝が延々続く,面白い沢でした.

花崗岩系ですが水量少な目でコケがたくさんはえており,滑りそうでヒヤヒヤです.

私は,沢靴を忘れるという失態を犯しましたので,
原田さんのアプローチシューズをお借りして行きました(汗)

日程: 2017/09/23

メンバー: 原田さん,犬飼(CL),他Iさん

天気: 晴れ時々くもり

コースタイム:9:00駐車場 ~ 12:00国見岳山頂 ~ 15:00駐車場

尾西の集落にある白山神社脇の林道をさらに進んだ突き当りに駐車しました.

駐車場から見える,堰堤右から右俣に入ります.

岩山さん行20170923_170924_0025

しばらくは浅い川をじゃぶじゃぶ歩きます.

ほどなくして,ナメ滝ゾーンに突入します.

KIMG0198

くの字のナメ滝

KIMG0207

KIMG0209

ナメがひと段落したとき,

藪っぽくなり,大岩ゾーン

その後さらなるナメ滝

KIMG0217

30m程度続くナメ滝

KIMG0220

 

最後はテキトーに稜線に上がり,

遊歩道に.

その後は,遊歩道からおりました.

おまけ

KIMG0215

天然のわさびが生えておりました.
家に帰ってかじりましたが,まさしくわさびでした(当たり前)

Kwa heri.さようなら.

© 2018 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.