愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧  >  中ア 東川岳~南駒ケ岳 20190105~06

中ア 東川岳~南駒ケ岳 20190105~06

2019.01.18

空木岳から南駒ケ岳にかけての稜線が明るくなってきた。明けの明星がきれい

1皮です
中アを歩いてきました
2300m以上は雪がそれなりにありました
【5日】伊奈川ダム下ゲート6:15~16;30東川岳南西尾根2550m地点
【6日】東川岳南西尾根2550m地点5:50~7:00東川岳~9:40空木岳~12:00南駒ケ岳~17:00伊奈川ダム下ゲート

【5日】
駐車場には他の車はいない
9キロの林道は、足が痛くならないようにゆっくり歩く
昨年秋の台風による林道崩壊箇所は少しだけ修復されていた
兎平から山道に入ると、雪が少ないのが分かる
東川を渡る吊り橋が壊れており(これも台風の仕業だろう)
少し上流に河原を歩いた所から右岸から左岸に渡った
水流がそれなりにあり、渡れそうな所は少なかった
2300mぐらいから膝ラッセル
北西風が強く、視界も悪くなってきた
2389m地点から木曽殿山荘へのトラバース道(夏道)に入るが
腰ラッセルとなりカメの歩みを続けるうちに夏道を見失った
そのまま樹林帯を強引にトラバースしていくものの
雪崩れそうな嫌なルンゼが出てきたため
東川岳から南西方向に伸びる尾根に上がることを決断
2550m付近で尾根に出た
ちょうど森林限界付近で、尾根上には高さ10m位の岩があった
この岩は南駒ケ岳からもよく見えた
尾根上は風が強いため、数十m南に下がった斜面の雪を削ってテン場とした
テントに入った時には真っ暗になっていた
今日は誰にも会わなかった

【6日】
まだ暗いうちに出発
尾根上の岩場を左から抜け森林限界を越えるが
ハイマツの上に積もった雪は柔らかく
膝から太ももまでズボズボはまる
空が明るくなってきたころ、東川岳の頂上についた

木曽殿山荘まで標高差180mを駆け下り空木岳へ
この辺りは風が強いらしく、雪の表面はクラストして歩きやすくなった
いくつもの岩のピークを越え、空木岳頂上

伊奈谷側から登ってきた4人組と一緒になり、写真を撮ってあげた
天気は快晴
計画は越百山までだが、時間的な心配があり、とりあえず南駒まで行くことにする
南駒まではいくつもピークがあるが
西側斜面をずっとトラバースするように歩いたので楽だった
氷になっているところもあり気をつけた
南駒頂上ではや正午

越百まで行くのはやめ、西尾根(夏道)を下りる
途中、膝程度の柔らかい雪の斜面をトラバース気味に下りるところがあり
風もなくて太陽の暑さがじりじりくる感じで、雪崩れないか肝を冷やした
岩の尾根から懸垂すれば良かった
2411mピークまでずっと膝ラッセルで下りなのにヘロヘロに
そこからは、たぶん正月の入山者のものであろうトレースが出てきて助かった
登山道から林道に下りる箇所は台風のせいで崩壊していて面倒くさかった
ちょうど暗くなるころに車に着いた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最新の記事

© 2019 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.