愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧  >  八ケ岳・裏同心ルンゼ~小同心クラック(敗退)20200121

八ケ岳・裏同心ルンゼ~小同心クラック(敗退)20200121

2020.01.22

大同心稜で一瞬、ガスが薄くなり、小同心がうっすら見えた

1皮です

裏同心ルンゼから小同心クラックに1人で行こうと計画していましたが
樹林帯から上は強風+吹雪で
小同心クラックは断念しました

美濃戸口5:20―8:00裏同心ルンゼF1 8:30―9:40大同心北西稜基部―12:30美濃戸口

裏同心ルンゼはF2の上まではトレースあり
そこから先行者はあきらめて下山したようで
さらさらサクサク雪の太もも~股ラッセル
氷の下部は埋まっていると思われ
いずれも高さが3~6mぐらいしかない
わざと一番高さ&傾斜があるところを行く
傾斜は80~85度ぐらい
暖冬が続いていたためか氷は柔らかく
アックスは刺さりやすい
氷の中心部からは水が流れ落ちる音もして
普段寒い八ケ岳とは思えませぬ
スクリュー、ガチャ、ロープ等は使いませんでした

4つぐらいのしょぼい氷を登ってしばらくラッセルを続けると
ガスの中から氷のない真っ黒い滝(壁)が突然現れた
暖冬だから氷がなくてもしょうがないかと思ってよく見てみると
大同心北西稜の横の壁だった
裏同心ってこんなに短かったっけ??

F1

F2、上部は短いがバーチカル

F3

F4

股丈ラッセルは疲れる


氷のない滝!と思ったら、大同心北西稜の横の壁だった

大同心。雲稜の右の壁

大同心稜に上がっても
ガスと小雪で小同心は見えない
岩にはエビのしっぽがいっぱい
一時的な冬型から移動性高気圧に覆われる天気予報だから
ツエルトでもかぶって2時間ぐらい待てば風も収まるかもとは思ったが
寒かったので心が折れ、そのまま下山

もみの湯の駐車場に着いたら
稜線まできれいに晴れ上がっているのが見えた
(入浴料が500円→650円、夜間は300円→650円に値上がりしていたのには驚いた)

終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2020 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.