愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧  >  八ケ岳:中山尾根 2015.12.20

八ケ岳:中山尾根 2015.12.20

2015.12.21

岩佐です。

上手さんと、中山尾根を登ってきました。

 

美濃戸03:25~北沢~04:45赤岳鉱泉05:20~06:30中山尾根取り付き07:00~11:30登攀終了11:50~地蔵尾根~13:10行者小屋13:30~南沢~14:35美濃戸

 

北沢林道の雪の量は2週間前に大同心南稜を登りに来た時と殆ど変わらない。

赤岳鉱泉は2週間前より少ないくらい。とても12月とは思えません。

中山乗越からは中山尾根に続くトレースがあり、それを辿って取り付きまで。

雪が少ないのでズボズボ埋まることもなく、藪漕ぎもなくて、

アプローチはとても楽だった。

 

取り付き手前でハーネス、アイゼン、ガチャ類をつけ、丁度明るくなる頃に取り付きに到着。

アプローチでは雪は少なかったが、壁にはそれなりに雪がついており、

冬のアルパインの雰囲気はバッチリ!

結構立っている壁を見てちょっとビビりながらも、登攀開始。

 

下部岩壁

1P目(岩佐)30m:ヒロケン本の通り、右に一旦下がってから凹角を登る。

下部は岩がつるんとしていて、ホールド・スタンス共に甘め。

アンカーはハンガーボルト1つと残置ハーケン。

下部岩壁1P目

下部岩壁1P目

 

2P目(上手)30m:左側に回り込んで草付を登る。出だしがスラブで

ちょっと怖い。

下部岩壁2P目

下部岩壁2P目

 

この後はコンテで、本来ならば雪稜であろうはずの

岩と草付きの尾根を登り上部岩壁まで。

 

上部岩壁

1P目(岩佐)35m:急な凹角を登って中段まで行くと、そこからは

傾斜が強くかぶった岩。ハング下には支点が3つあり、

思い切って抜けられる。

上部岩壁1P目

上部岩壁1P目

 

2P目(上手)45m:岩と草付のところを登り、ピナクル下まで。

上部岩壁2P目

上部岩壁2P目

 

3P目(岩佐)40m弱:ピナクル正面を登り、最後は結構悪い

岩と草付を登って終了点まで。終了点にはボルト2本と

ハーケン1本あり。

最後はバンドからトラバースし、縦走路を辿って

地蔵尾根から行者小屋に降りた。

終了点に着くと、富士山がどーん。

終了点に着くと、富士山がどーん。

 

帰りは南沢を下ったが、夏道に雪が数センチ乗っかっているだけで

冬靴では歩きにくいことこの上ない。

こんなに雪の少ない南沢は初めてでした。

 

お天気に恵まれ、気持ちよく登ることができました。

上手さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

 

以上

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

© 2018 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.