愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧  >  八ヶ岳 大同心南陵 2015.11.29

八ヶ岳 大同心南陵 2015.11.29

2015.11.30

森です。

岩佐さんと11/29、大同心南陵に行ってきました。

 

2:00名古屋~5:10赤岳山荘P~7:15赤岳鉱泉~大同心稜~8:oo大同心基部~9:30登攀開始~12:40登攀終了~13:10懸垂下降~13:50懸垂下降終了~大同心稜~北沢~16:20赤岳山荘P~名古屋

IMG_0481

雪は赤岳鉱泉の手前あたりからありました。

大同心の基部に着くと、一週間前に夏山だった山はすっかり冬の装い。びっしり雪が付いていました。

私も岩佐さんも南陵に来たのは初めてだったので、トポを見ながらまずは取り付きを探す。取り付きにはボルトが3つ程打ってあると書いてあったけれど、雪で埋まっているのか、そのボルトがちっとも見つからない(ー_ー)「この辺かな?あっちかなあ?」とあちこちバイルでほじほじしながら探したけれど、結局ボルトは見つからなかった。易しそうに見えるラインがあったけれど、残置が全くないので違うのかなあ・・とか。取付きを探すのに1時間くらいかかりました。

結局よくわからないけれど、とりあえず錆びたリングボルトと、錆びたハーケンがある場所から岩佐さんリードで登る。

006

009

後からフォローで登りましたが、残置はありませんでした。途中残置スリングが1か所あったけれど、その他のプロテクションは全部カムと、岩にスリングをかけたもの。夏ならガバなんだろう岩も、氷が付いていて、グローブもしてるしで、岩が掴みにくくて。。。(;´Д`)緊張しながらアイゼンで登り始め、一段上がったところから左へトラバース。そこはフォローでも超絶怖いトラバースでした( ;∀;)岩佐さん、リードでよくこんなところ行きましたね。めっちゃ怖いんですけど。。とぶつぶついいながら、なんとかトラバースを終えてホッとした。でもその次は、立ったガバ岩を登ってから、斜めの大きめの岩を乗越さないと上に行けない。その岩の上で岩佐さんがピッチを切っていた。その岩の間に挟って、ズリズリしながらちょっとずつ上がって、ザックが邪魔なので途中で向きを換え、なんとか必死で岩を乗越した。こ、、、怖かった(”Д”)・・・こんなズリズリする所、トポに書いてあったっけ??(;^ω^)これ、フォローだからいいけど、リードでこんなところ、絶対怖い・・・(>_<)

やっとの思いで1P終了。登攀はここで終了とし、一段下の懸垂ポイントらしき残置スリングがある場所へ下りる。

IMG_0489

硫黄岳までハイキングしてから帰ろうかと思いましたが、何だかんだでいい時間になったので、そのまま同ルートを下降しました。

取り付いた場所から右の方のラインの方が易しそうだし、そっちだったかも…。でもそっちも残置は無かったし。雪で埋もれていただけかもしれないけれど…。

どちらにしろ、雪のついた岩をアイゼンで登るのは、雪の無い岩場を登るよりも何倍も難しいんだと、身にしみて解りました。

帰りに寄った、もみの湯の温泉は、普段は500円だけど、17時から300円 になるそうで、温泉に着いたのがちょうど17時だったので、なんだか得した気分で嬉しかったです(^ω^)

【追記】

私達が行ったルートはやはり間違っていたようで、本当は錆びたリングボルトとハーケンからもう少し先にリッジを進み、一段上がって凹角を登って行くのが正しいルートだったみたいです。残置は雪で埋もれていて見えませんでしたが(^^;; 間違えたおかげで難しくて充実したピッチを登れました、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

© 2018 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.