愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧  >  北ア・天狗尾根~西穂(敗退)20191228

北ア・天狗尾根~西穂(敗退)20191228

2020.01.07

白出沢への夏道から見る飛騨尾根。美しい!

1皮です
西村代表と北アの天狗尾根~西穂への縦走を1泊2日で試みましたが
寡雪のため西穂沢下部に出現したブッシュジャングルの通過に時間を食い
天狗尾根下部で敗退しました

新穂高7:30―10:00白出出合―14:30 1950m地点で敗退決定-17:30新穂高

朝から快晴で、正月休み初日ということもあり、無料駐車場もほぼ満車
暗いうちから出発していく登山者の群れが多かった
うちらは明るくなってからまったり動き出した
林道の雪は少なく、先発パーティーも十分おり高速道路状態
白出沢出合からワカンを付け夏道沿いに白出方面へ
しばらくは雪も少なく歩きやすかったため楽勝ムードが漂ったが
西穂沢末端まで来ると待ったがかかった
背の高いブッシュはどれもこれも
雪の重みで「こんにちは」と、通せんぼしているのだ
このブッシュ野郎たちを西村代表がバッタバッタとなぎ倒し・・・
ではなく、枝を揺さぶって起こしながら通っていく
果てしのない格闘を3時間

西穂沢下部。まだ余裕


ヤッホーッ


ブッシュに埋もれた南山大山岳部のレリーフ。57年前の遭難碑

やっと天狗尾根の取り付きまで来ると
今度は雪の付き方が不安定そのもの
取り付いた最初の雪壁は上部へ行くほど急になり
最後はロープがほしかった

天狗尾根最初にピッチ。雪が付くと不安定っす

しばらく急な尾根をたどると岩場が登場
数年前の春に登ったことのある天狗尾根だが
雪が着くとこんなに悪いんだと、ある意味感心
岩壁の右側は、不安定な急斜面を数歩我慢すればあとは木登りでいけそう
でも木をつかむのに失敗すれば200mぐらい真下の西穂沢まで落ちる
岩壁の左は完全にロープがいるレベル
時間はすでに14時半
さあどうしようと話し合い
ロープを出してこの岩場を登ったとしても
あと標高差400mほど天狗尾根を登らないとテントを張れそうな緩傾斜地はないだろう
時間切れと判断し、明日も快晴で残念だが撤退を決めた

この岩の下で撤退を決めた

帰りもブッシュをこいで
暗くなってから新穂高に着いた
昨年末の南岳西尾根に続いて2年連続の敗退
西村代表と雪辱を誓ったのは言うまでもない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2020 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.