愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧  >  台高・垣外俣谷左俣~江股ノ頭 20190608

台高・垣外俣谷左俣~江股ノ頭 20190608

2019.06.10

台高マニアの1皮です

宮川ダム(三重県大台町)左岸上流にある垣外俣谷という谷の左俣に行ってきました
ネットに記録を見かけない(右俣の記録はある)のはなぜかと思っていましたが
行ってみたらその理由が分かりました

宮川ダム5:40―11:30江股ノ頭南のコル(標高1055m)12:30―江股ノ頭(1270m)―白倉山―古ケ丸山―犂(からすき)谷出合―18:40宮川ダム

宮川ダム手前8キロほどのところにある犂谷出合にある公園にママチャリを残置しダムへ
ダム見学者用駐車スペースに置いて出発
山はガスっているが、天気は晴れに向かう傾向なので雨は大丈夫だろう
大和谷橋を過ぎて、未舗装になったダム左岸林道を進む

途中、漫才師かピエロが着るような派手な青色縦縞ジャケットと白いワイシャツ、蝶ネクタイが道に落ちていた
あまり汚れておらず、古くない感じ
もしや、行方不明者の「首〇り〇体」でもあるのかと思って
周りをきょろきょろしてしまった
人があまり来ない場所なのであってもおかしくないが、、、なくて良かった

林道終点から干上がったダム湖に下降(標高280m)
流木や土砂を乗り越えて上流に向かう
この平たんなゴーロ歩きが標高470mの3つめの二俣まで続いた
こりゃ沢登りというより、沢歩きだね

ここから江股ノ頭の南側のコルまで、短い距離なのに標高差は550mもある
地形図にゲジゲジマークはないが、大きな滝が続くかもしれないと気を引き締めて進む
そこの先を曲がれば滝が来るぞ
周囲の尾根も急峻なのでまくことも難しいかもしれないなあ
と思いながらゴーロを歩いて行くが
行けども行けども滝が出てこない
ゴーロの傾斜が多少急になったぐらい

これはおかしいぞと思ったときには
コルがもう目の前だった
この谷には滝がなかった、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
滝がない沢登りなんて、岩のない所へ岩登りに行ったみたいなものだ
大きな美しい滝が多い台高にあって珍しい存在かも

人が入らない谷だからなのか
鹿の角を拾った
台高に鹿は山ほどいるが
角は初めて見つけた

そこから露岩が多い急峻な山をいくつも越えていく
午前1時に仕事を終えて睡眠ゼロで出発したので歩行スピードは全く上がらない
強い西風と雨雲に追い立てられるようにヨロヨロ歩いて、瀕死の状態で県道着
ママチャリで上流へちんたら走ってダムに着いた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新の記事

© 2019 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.