愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧  >  明神岳5峰アイトレ 20141116

明神岳5峰アイトレ 20141116

2014.11.18

1皮です

岩佐さんと明神岳までアイトレに行ってきました

雪が深かったり、稜線は風が強かったり、ついでに根性もなかったりして(笑)

主峰まで行けませんでした

坂巻温泉(標高1200m)2:00-10:00明神岳5峰(2726m)10:30-1630坂巻温泉

 

釜トン入り口にザックを下ろし、車を坂巻温泉まで移動させた後

ラテをつけて風の強い国道を歩き始めた

上高地までは、遠い。もう2度と歩いては行かないぞ、と何度思ったことか

でもまた来てしまった、、、

トンネル出口から早くも雪道。きれいな半月に照らされた焼岳と穂高連峰は真っ白だ

この雪じゃあ、すでに敗退気分だね(ちょっと足取りが軽くなった)

 

岳沢登山道7番看板から南西尾根に入る

何度通ってもすごい急斜面。おまけに雪と氷化した草付きでツルツルだ

雪もだんだん深くなり、すね~膝。前になかなか進まない

標高1800mぐらいで夜が明けてきた

ナイフエッジが続く辺りから、北西風が強くなった

樹林帯を抜けると、積雪が減った反面、突風で吹き飛ばされそう

右手に雪をかぶった霞沢岳や、その奥には噴煙が真横にたなびく御岳も見えた

 

でも雪はしまってなくて、下に隠された岩や段差に悩まされた

崩れやすい岩や小石の積み重なった斜面をたどり頂上

まあ、どこからでも登れそうだが、比較的新しいピンクリボンが所々にあった

頂上には、古い木製ピッケルが立ててあり、記念写真をパチリ

主峰までは標高差200m。目の前に見えるけど、あまりの風の強さにギブ

Uターンした

いいアイトレになりました

南西尾根のナイフエッジ。下りはちょっと微妙

南西尾根のナイフエッジ。下りはちょっと微妙

奥穂方面。真っ白

奥穂方面。真っ白

5峰台地から見た頂上。風が強く、積雪はあまりない

5峰台地から見た頂上。風が強く、積雪はあまりない

 

五峰を目指す。雪は少ないが、歩きにくいことこの上ない。

五峰を目指す。雪は少ないが、歩きにくいことこの上ない。

5峰頂上。木製ピッケルが残置してあった

5峰頂上。木製ピッケルが残置してあった

雪の上高地を見下ろして。遠くに噴煙を上げる御嶽が見える

雪の上高地を見下ろして。遠くに噴煙を上げる御嶽が見える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最新の記事

© 2018 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.