愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧  >  2009.06.17 貸切天下峰

2009.06.17 貸切天下峰

2009.06.17

DSCF8165

N本さんと午後から天下峰に行ってきました。
14:00天下峰着。車が1台止まっていたが、午前中にクライミングを終えたのか帰ってしまったので、
今日は我々だけの貸切状態。

まずはルート36(5.9)とその右隣(名前なし? 5.10c???)のスラブルートをトップロープでウォーミングアップし、
その次に右の側面のビーフ味(5.9+)とその右隣のルート(名前忘れましたが、グレードは5.11c)を
N本さんが登る。

次は雨蛙ノーマル(5.10a)と雨蛙(5.11a)をトップロープで。
N本さんは余裕で雨蛙を登ったが、私は出だしのハング越えで腕がパンプしてギブ。
直ぐに諦めて、代わりに雨蛙ノーマルに挑戦した。
テンションかけまくりで登り終えたら汗だくだったので、1時間ほどおしゃべりしながらまったりして涼しくなるのを待ち、
再度1本ずつ登る。

その後同じ岩の右側に廻り、おたまじゃくし(5.8)をトップロープでトライするが、
クラックの幅が微妙で、指のジャミングがイマイチ決まらない。
テンションかけかけヒーヒー言いながら何とか上まで抜けたが、もー手がボロボロ。

そして、本日の締めは駐車場近くにある自由人の悲哀(5.10d)。
N本さんはこちらもササッと登るが、私は悪戦苦闘。
半ばロープで引っ張り上げてもらうように登って、何とか上まで抜けた。

クラックではついつい手にばかり注意がいってしまうが、「やっぱり基本は足!」との
アドバイスをもらい、「う~ん、やっぱり足か!」と納得。
しかし頭では分かっていても、なかなか思うようにいかない。
足に中途半端に体重をかけて登るためすぐにズリッと滑り、
ふた月前に購入したばかりの靴のソールが思い切り磨り減ってしまったが、
「上達するまでは、これも仕方がないか」と半ば諦め気味。

結局19:00頃まで登って、帰途に着きました。

I佐

※ 写真は自由人の悲哀を登るN本さん。超ピンボケですが写真ないと寂しいので入れときました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最新の記事

© 2018 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.