愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧  >  2016.1.24.善五郎の滝

2016.1.24.善五郎の滝

2016.01.25

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

成瀬洋です。

ここのところ毎週瑞浪通いをしております。

土曜日も瑞浪でしたが、午後からは雪で撤退。

日曜日に乗鞍の善五郎の滝に行って来ました。

暖冬の影響で、結氷具合をリサーチしても1月頭頃のまったく凍っていない情報しかありませんでしたが、ここのところ冷え込んでいるし、週末は40年に一度の寒波到来らしいので、それに期待して向かいました。

高速は時速40kmの除雪車のおかげで、乗鞍高原温泉に着いたのが11:30頃。

「善五郎の滝」の看板が二カ所あり、地図を見ると上(第三P)からのほうがアプローチが短いようなのでそちらに車を停める。遊歩道らしいものはなく、トレースもゼロ。アプローチは遊歩道を10分ほどと近いはずですが、おかしい。

腰までラッセルしながら沢まで下り、もう一度登り返すとトレースがあったので辿ると、滝の上部に出ました。

下には遊歩道があり、ハイカーの姿も。

ちょうど、残置スリングがある支点に使えそうな木があったので、トップロープ支点をセットして懸垂。

滝は思っていたよりも大きく、部分的に垂直。

他に、名古屋から来た2人パーティーが登っていました。

高さは20m超、左のほうが飛沫が飛んでいますが、懸垂したラインはしっかり凍っています。

まずはそのラインをトップロープで登る。

メインの滝の右側に、10mほどの傾斜のない凍りがあり、トップロープをお借りしてそちらも登り、最後にメインの滝をリード。『岳人』の記事によるとⅣ〜Ⅴ−くらいのよう。

週末は40年に一度の寒波らしく、なかなか寒かったです。

4時30分頃撤収して今度は遊歩道から帰ることにしました。

下の看板の駐車場(カーブがある)から車道を700mほど歩いて車に到着。

乳白色の温泉に浸かって11頃帰宅しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最新の記事

© 2018 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.