愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧  >  20190126-27 尾勝谷塩沢左俣

20190126-27 尾勝谷塩沢左俣

2019.01.27

吉川Gです。

西村さん、早戸さん、会員外学生N君、僕の4人で尾勝谷塩沢左俣のF2まで行きました。

1/26
8:30戸台大橋-11:30塩沢出合-13:00二俣(泊)
1/27
7:00発-7:30F1-8:30F2(遊ぶ)-13:30出発-14:30幕営地-15:00出発-17:40戸台大橋

1/26
戸台大橋を渡って、しばらく林道を歩くとヘアピンカーブがあるので、そこから谷に降りる。ピンクテープや踏み跡があるが、落ち葉の上に雪が微妙に乗った状態で歩きづらい。

河原に降りるとすぐに大きな堰堤があり、右岸側の手すりのついた場所を登る。ここは凍っており、結構怖い。Ⅱ級。

そこを超えて林道の跡を歩くと、塩沢出合に着く。ここからはゴーロ歩き。ここも岩の上に微妙に雪が乗っており歩きづらい、飛び石渡渉も何度もするので、神経を使う。

二俣の手前の適当な箇所に幕営。早戸さんと僕で右俣の方に水を探しに行く。
チョロチョロと出ている水を8L汲んだ。
そうするともう14時。今日はここまで。

1/27
左俣に入って少し歩くとF1。早戸さん、僕はとりあえずロープ無しで行ってみる。しかし朝一なので緊張。
N君は初アイスなので、一応ロープを出す。

F1を過ぎると、すぐにF2。
思った以上の状態の良さに驚く。

まず僕がリードで左側の傾斜の緩いラインを登った。氷が硬く、ピックが一発で刺さらず辛い。スクリューも慣れてないせいかうまくセットできない。
難しいわけではないのだろうが、疲れた。一時間程かかってしまった。

早戸さんはまた別のラインで登っていた。


その後もこの滝でいろいろと遊んで、13時を過ぎたあたりで終了。同ルートを降りた。
F1は右岸から巻いて降りられた。

テントを撤収して、下山。
ギリギリヘッデンを点けない時間に下山完了。

寒波と言われた割には、行きの道中以外は特に降雪もなく、良い山日和だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最新の記事

© 2019 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.