愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧  >  20190706 鈴鹿矢原川左俣

20190706 鈴鹿矢原川左俣

2019.07.06

吉川Gです。

早戸さんや他友人らと鈴鹿の矢原川左俣に行きました。予定にはありませんでしたが、大滝も途中まで登りました。

9:30坂本棚田駐車場出発
我々の他にも1パーティが先に出発していた。

集落の脇を抜け、鹿よけ柵の扉を開けて林道を奥へ進む。
雨が続いたからか林道はヤマビル達のダンスホールと化している。支流を渡ったあとの尾根の先端あたりから谷に降りて入渓。
過去に遡行したことのあるWさんによるとかなり水量が多いとのこと。

しばらく進むと5m程の滝。右から巻く事も可能だが、水流の右壁や水流の左をかすめながらのシャワーなど、色々な所から登れる。

その後、いくつかの小滝をやり過ごすと20m滝。直登もできるそうだが、ここは右岸側のフィックスの張ってある巻道から登る。巻道もなかなかに悪い。フィックスが無ければロープは出すべきだろう。

そしてすぐにこの沢の核心、不動滝100m。
下部はロープを出さずに水流を右岸から左岸へ横断。ここから先が問題だ。
今日は水量も多いし、右壁のスラブもびしょびしょに濡れているため、ほとんど見学のつもりだった。(一応装備やクライミングシューズは持ってきていたが)

しかし、せっかくなのでという事で取り付いてみることに。リードは早戸さん。クライミングシューズを履いてトライ。※僕はリードする気がしなかった。

出だしは右壁の濡れたスラブから。見た目は緩いが、プロテクションが取れない。見ているだけで緊張する。10m以上?のランナウトののち灌木でプロテクションをとる。
その後も微妙な草付を登ってテラスの上でピッチを切った。

僕は面倒だったのでフェルトシューズのまま取り付いてみたところ、あまりの状態の悪さに愕然とした。
濡れたスラブは苔のようなものでヌルヌル。フェルトソールでは一ヶ所たりとも立つ事が出来ない。さすが早戸さんだ。

2ピッチ目は吉川リード。今度はちゃんとクライミングシューズに履き替えた。
このピッチは緩くて短い斜瀑の滝身右を登り、落ち口を横断して右岸側に渡る。
滝身右には意味深なリングボルトが二個連打されている。
やはりリングボルトの箇所で行き詰り、ボルトを踏んで越えた。
右岸の立木でビレイ。

3ピッチ目はいかにも悪そうな立った草付きフェース。早戸さんリードで行ったが、ハング下のリスにハーケンを打って、ムーブを起こしたところで敗退。
他の記録を見るとほとんどここで敗退している。

ここは右岸を巻いて、落ち口付近から懸垂でハーケンを回収した。

落ち口の右岸側によく踏まれた道があったので一か八か降りてみると都合良く20m滝の下に出た。

あとは同ルート下降。

16:00に駐車場着。体の至る所にヤマビルがくっついていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最新の記事

© 2019 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.