愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧  >  20190921 二口山塊大行沢

20190921 二口山塊大行沢

2019.09.24

吉川Gです。

東北旅行ついでに沢に行きました。

大行沢(おおなめさわ)は「天国的なナメ」と表現される美しいナメ床や、上流のカケス沢の「北石橋」など見所が多く、宮城ではメジャーな沢だそうだ。

上記のイメージから癒し系の沢なのだと想像していたが、下部のゴルジュや、カケス沢右俣のゴルジュはピリ辛で遡行価値も高い。
登山道を歩いてナメだけを見に行くことも可能だが、ぜひ下部から遡行して、上部の北石橋まで見に行ってほしい。

メンバー:Tくん(会員外)、僕
本当は妻も行く予定だったが、風邪気味のためホテルの部屋で待機。。申し訳ない。


駐車場からすぐに入渓。


すぐゴルジュ。見た目以上に悪い。
恐らく人為的にステップが切ってあるようだ。残念ではあるが、それが無いとほぼ泳ぎだろう。


お助け紐もあり


ゴルジュの出口の滝は泳いで取り付いて、水流左から突破。パートナーがラインを見出した。


ゴルジュを抜け、しばらく歩くとこの滝。
左壁から登れる。


この滝を過ぎると長いゴーロ歩きが続く。。


長いゴーロ歩きが終わると「天国的なナメ」


すぐにカケス沢に出合う。まだ本流のナメは続いているが、カケス沢へ。すぐに二俣になるので、右俣へ。


カケス沢右俣のゴルジュは小さくて手強い滝が連続して面白い。


ゴルジュを抜けると、北石橋。
これはぜひ見ていただきたい。

北石橋の先に登山道が交差しており、これを下って大行沢沿いの登山道に合流して下山した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新の記事

© 2019 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.