愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧

2015.04.21

 

1皮です

岩佐さんと前穂に行ってきました

東面の岩を登るつもりでしたが

ラッセルで足腰が崩壊したため

A沢を登ってきました

標高の低いところは雪が少なかったけど

標高2000m以上の壁には、意外に雪が張り付いてました

1:30坂巻温泉~5:00奥又白谷出合~11:00奥又尾根~14:40稜線~16:40岳沢小屋~19:10上高地~20:30坂巻温泉

 

真っ暗ななか坂巻温泉出発、睡眠ゼロで歩き出すのはつらいっす

ボーッとしながら、奥又白谷出合着。もう周囲は明るい

4月初めからの大雨で、林道沿いの森は雪が極度に少ない

松高ルンゼを直登し、奥又白池や東壁、北尾根に囲まれた雪の大地へ

堅い雪面の上に10~30センチの新雪。もー疲れたー

松高ルンゼ

松高ルンゼ

 

前穂高

前穂高

完璧な弱層があるけど、雪崩の危険性はあまり感じない

見上げた壁は白い。テラスにはてんこ盛りで、B沢、C沢を登るのは厳しそう

壁登りはさっさとあきらめ(粘り気がないのが我々の特長!)

1尾根か2尾根から頂上に行けないか偵察

どちらも尾根に上がるまでが急峻で、これも却下

奥又尾根からA沢でお茶を濁すことに計画変更

でもここからが、どラッセル

 

太ももから腰、腰から胸へ

4月にラッセル三昧とは!

必死になってA沢のコル到着

でも核心は稜線までの雪壁でした

傾斜60度ぐらいのぐさぐさ雪でシュルンドがあり

ロープなしで登ってしまったため

「ここで落ちたら、すごろくで言う『スタートに戻る』だな」と思いながら登りました

セカンドはロープを下ろして確保しました

稜線から、奥明神沢のコル(前穂側から3つめのコル)を経由して下山しました

奥又尾根から見た4峰正面壁。ハングが見えます

奥又尾根から見た4峰正面壁。ハングが見えます

最後の雪壁を登る。右が1尾根。右下がA沢。下の方に奥又尾根

最後の雪壁を登る。右が1尾根。右下がA沢。下の方に奥又尾根

稜線から見た明神岳。稜線は雪が少ない

稜線から見た明神岳。稜線は雪が少ない

© 2018 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.