愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧

2014.03.01

岩佐です。
 
S我さんと竜ヶ岳に行ってきました。
 
宇賀渓キャンプ場駐車場 07:45 –遠足尾根 — 10:20 山頂 10:50 — 金山尾根 — 12:25 宇賀渓谷キャンプ場駐車場
 
曇り空で気温は高めの8℃。歩き始めると直ぐに汗が噴き出し、とても3月初旬とは思えない暖かさ。先日の雨で雪は殆ど融けてしまったようで、1,000mくらいの所でも大きな水たまりがあちこちにありました。山頂までの100mほど北側の斜面には雪がありましたが、30㎝程の深さでグサグサ。山頂は全く雪なし。この調子だと雪はあと数日で全てなくなってしまうのではないかと思います。
竜ヶ岳

2014.03.01

ミヤザキです。
2月25日、千種の数少ない山スキー班員として細々と活動するべく、白馬にバックカントリースノーボードに行ってきました。
 
メンバーはクライミングジム・ズットンのスタッフO君と常連客Kさんの3人。
当日は前夜からの降雪が続き、視界も微妙。ただし回復傾向の予報のため、迷いながらも山に向かうことに。
 
栂池高原スキー場のゴンドラ、つが第2リフトを乗り継いで、さらにゲレンデをトラバースし、およそ1700mあたりの林道から歩き出し。
雪の中2時間ほど登っていると、徐々に雪も止み、青空ものぞき始めた。
当初の予定通り白馬乗鞍岳まで行けるかも!?と思いつつ、2200mの天狗原に到着。
しかしこれ以上登っても視界不良と判断し、滑走開始。
2200mの天狗原
 
前日までの好天で堅く締まった斜面に約30cmの新雪が乗っており、やや底付き感がありながらも、十分スプレーの上がるパウダー。
ただし、天狗原南面の浅いボウル地形の急斜面で、幅の小さい表層雪崩を起こしてしまった。
雪崩から逃げるようにラインを取り、行く末を見守ったが、かなり下まで流れていった。
後続の2人も雪崩を起こしながらの滑走。
ボードのコントロールができるレベルの厚さとスピードだったが、これ以上の積雪であれば、ここは滑るべきではないだろう。
体験して初めてわかることが多い。
栂池高原まで滑走
なにはともあれ、途中の緩斜面でもがきながらも無事に栂池高原まで滑走。
八方尾根に移動して終了間際のHAPPO BANKSで2本滑り、温泉に入って蕎麦食って帰宅した。

カレンダー

2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最新の記事

© 2019 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.