愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧

2019.07.19

台高マニアの1皮です

ネット上に沢登りの記録がない櫛田川水系蓮川宮ノ谷上流部の砥石谷(三重県松阪市)に行ってきました
稜線手前で断崖に出てしまったのと
ただでさえ滑りやすい下りの一般登山道は大雨でヌルヌル状態になり
車に戻るのに時間がかかりました

宮ノ谷登山口6:15-犬飛峡ゴルジュ-10:10風折滝10:20-14:20 1340mピーク14:40―15:00池木屋山(1396m)-17:45宮ノ谷登山口

宮ノ谷登山口の駐車場からそのまま下に降り入渓
風折滝までは、水越谷(風折滝上部左俣)に行った2017年7月13日と同じだが
ここ数日で60数ミリの降雨があり、水流は強い
すぐに犬飛峡ゴルジュ
水が多いだけあって、奥から轟轟と滝の重低音が響いてくる

左岸の岩の突起をつかんで泳いでいくが
水圧に耐えきれず何度も流され
4度目になんとかゴルジュの中程にある岩棚に到達した
水が比較的ぬるくて助かった
平年より涼しい梅雨とはいえ、7月なので当然か

ゴルジュを抜けると、7~8mの斜瀑が
直径10数mの大きな釜にものすごい量の水を注ぎ込んでいる
ここも泳いで右岸の凹角に取り付こうとするが
こけでつるつるして登れない
いったん戻ってエイリアンをザックから準備
エイリアンのエイドで傾斜の落ちるまで数メートルを登り
後は滑りやすいスラブを登った
その先の蛇滝もうねりながら水しぶきを上げている
右岸を流されないようによろよろ登った
その後は穏やかになり
本谷と水越谷の合流点(522m)で一服
ここまで2時間半もかかってしまった

水越谷に入り、主に右岸側を上っていく
左岸にはトラロープがあちこちに張られている
本谷との合流点から風折滝まで約1時間
水量が多いため、滝は轟音を立てており、全く折れていない
梅雨時しか見られない迫力ある直漠に見とれた
一瞬、日が照って下山までこのまま天気が持つかなとも思ったが
甘い見通しだったことをあとで思い知らされた

2年前に来た時も風折滝をまいたはずだが
どこからまいたのか全く覚えていない
地形図と実際の地形を見比べて
まけるところは1カ所しかないと判断
おおむね安定した登りで傾斜が緩くなる部分(880mぐらい)まで上がり
そこからできるだけ大きくまかないように
トラバース気味に獣道などを通ってルンゼを下降
砥石谷と水越谷の合流点から水越谷側の上流20mぐらいの地点に下りられた
まくのに1時間ぐらいかかったが、ロープは使わなくても全然大丈夫だった

合流点からは双方の谷に滝があるのが見える
砥石谷の滝はいずれも直登したり、すぐ横の岩を登ったりして抜けていける
案外早く頂上に着けるかなと、このときは思った
釜はやや黒く、砥石に使える岩なのかもしれない
水量はどんどん減っていき
1100mぐらいで谷は壁にぶち当たった(゜◇゜)
そういえば宮ノ谷本谷に行った時も
最後は壁になって右の尾根に危ういトラバースで逃げたことを思い出した
池木屋山は周囲を壁で守られているのかもしれない




まっすぐ登って行けそうにないので右の尾根に逃げたが、そこも岩尾根
岩の間から生える木をつかんで真上に登って行く
稜線まで200m以上、ひやひやの木登りだった
この岩尾根は池木屋山の東方にある1340mピークにまっすぐつながっており
なんとか無事に着いてほっと一息
そこで乾いた服にチェンジ
すでに14時を過ぎており、ガスが立ちこめて暗ーい雰囲気
一般道でも下りは悪い台高だけに、さっさと出発
池木屋山の頂上で写真を1枚撮りすぐ下山にかかるが、まもなく雨が降り出した

木の根だらけの尾根は滑るのでスピードが上げられない
高滝が近くなると土砂降り
ガスで視界が悪いせいで道を間違え、そのたびにUターン
斜面をトラバースして下りていく部分が多くなり
ずるっと滑って数十メートル下の河原に何度も落ちそうにもなった
たかだか1000mの下りに3時間近くかかって、這々の体で登山口着
へっぴり腰で下り続けたため
脚の裏の変な筋が何日も攣っていた

おわり

© 2019 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.