愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧

2016.03.25

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

久しぶりの城山南壁

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

絵に描いたような富士山

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青い海を背景に!

12516341_489220127938412_2052295643_n

気持ちの良いクライミング

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上部に行くほど岩がしっかりして快適

 

こんにちは。

成瀬洋です。

先日、久しぶりに仁さんとクライミングに行って来ました。

仁さんと登るのは、ちょうど一年前の中山尾根ぶり。

前々から行きたいと言っていた、海金剛を目指しました。

最初は2日間とも海金剛で登るつもりでしたが、出発が少し遅くなったので、初日は城山南壁へ。

城山はポカポカ、を通り越して半袖でも暑いくらい。

伊豆って気持ち良いなーと、バトルランナー(4P、5.10b)とエクスカーション(6P?、5.10c)を登り、海金剛の麓、雲見のキャンプ場へ。途中のスーパーで伊豆で獲れたブリの刺身を購入。富士山がとてもきれい、海の眺めが素晴らしい旅路です。

キャンプ場には風呂もあり快適。夕食を食べて就寝し、翌朝7時半頃に出発。

アプローチの入口はキャンプ場から少し下ったところで、車道から山道に入ります。

30分ほど山道を歩き、下り坂になって左手に岩壁が見えたところでフィックスの張られた懸垂ポイント。

15mほど懸垂して海岸へ。スーパーレイン(7P、5.10a)の取り付きは、目の前の岩壁を回り込んだところでした。

8時半ころスタート。

1P目(5.8)成瀬リード。

簡単だけれど、なんだかいやらしい。クラックではあるけれど、花崗岩のクラックのように素直ではない感じ。クラックに導かれてブッシュで切るが、どうも本当は上部でスラブを右に行くのがルートのよう。

2P?仁さんリード。

ブッシュをかき分け30mほど。上部に壁が見えるが、本当のラインは右下から続いているよう。一旦懸垂して下のブッシュにある踏み跡へ。きれいなクラックが続いていて、それが3Pだとわかる。

気を取り直して3Pへ(5.10a)仁さんリード。

最初は5.7くらいで、右上するクラックが10aくらいのよう。

4P目(5.10a)成瀬リード。

浮き石や脆いところが多かった岩もだいぶすっきりしてきた。きれいなクラックを登り、最後がオフィズスサイズ。

5p目(5.10a)仁さんリード。

ここもきれいなシンクラック(うろ覚え)。ここまで来ると眼下に真っ青な海が見下ろせる。天気も最高!

6P目(5.9)成瀬リード

下部が少しいらやしく、そこからはオフィズス〜多い被さる岩の間を登る被りムーブ。

7P(5.7)仁さんリード。

クラックから上部のスラブへ。そして岩峰のてっぺんへ。12時過ぎくらいに到着。

懸垂を繰り返して取り付きに戻り、帰路に着きました。

スーパーレイン、思っていたほどすっきりとした壁ではなく、どちらかというとアルパイン的な感じもしました。

クライミング自体は簡単で快適。天気も良く、ジリジリと日焼けをしたほどでした。

ビレイポイント以外残置物がないというのも良く、ロケーションも抜群。

1泊2日、とてもたのしく思い出深いロックトリップになりました。

仁さんありがとうございましたー。

2016.03.25

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一角獣F1

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

一角獣F2

こんにちは。成瀬洋です。

報告が遅くなりましたが、今月10日に中千丈にアイスに行って来ました。

友人に誘っていただき、総勢5名。

中千丈は初めて。ずいぶん前のロクスノにエリアが発表されていたので、本棚から引っ張り出してコピーしていきました。

雪が少なく、アプローチの大岩のところがけっこう悪かったです。

ジョーズ、一角獣、Zなど、個性的な氷瀑がまとまっていました。

雪が少ないため、氷が例年よりも長いとのこと。

ただし、氷自体は少し小さいようです。

まずは一角獣を登ろうということで、同行のNさんがF1をリード。

メインの氷瀑をリードさせてもらいました。

正面は氷が脆そうで、右と左は短いながらバーチカル。

下部を左寄りに登ったので、左のラインを登りました。

上部が若干ハングしているようでⅤ+くらいか。

無事に登り終え、立木で懸垂。

ジョーズはKくんがリード、ぼくはフォローで登りました。

移動してZへ。ここも若いKくんがリードし、50mいっぱいの立木でビレー。

フォローで登り、本日は終了。

暖かい日で氷も柔らかく、登りやすかったです。

いろんな種類の氷瀑がコンパクトにまとまっており、とても良いエリアでした。

シーズン初めにアックスやアイゼン、スクリューなどを新調して登る気満々でしたが、氷結状態やらいろいろで結局アイスは4回しか行けませんでした。山もいくつか行きたいルートがありましたが行けず終いで春になってしまいました。

冬の間も週2〜3で岩には行っていたので、また岩場通いをしています。

去年はクラックばかりだったので、今年はスポートをもう少しがんばろうと思います。

御在所のカリフォルニアドリーミング、錫杖のマルチ、瑞牆のマルチ(アレアレアなど)、明星、屏風の雲稜オールフリーなど、トライしたいマルチもたくさんあります。パートナーを探しています。お付き合いして頂ける方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

 

© 2018 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.