愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧

2014.09.20

こんにちは ハラダです。

ミヤザキさんに引き続き、曽我チーム(曽我さん、上手さん、原田)の9月14日~15日の前穂・四峰の投稿をいたします。

□9月13日(土)

夕方より沢渡へ向けて、出発し、曽我車と23時頃合流。

岩佐さんの手料理を振る舞って戴く。パテだとか、洒落た料理である。焼酎で食べるにはもったいなかった。

軽い宴会を終え、日付を越えた、0時半頃、明日に備え、そそくさと寝に着く。

が、テントを張った場所が駐車場の近くであったため、車中泊の車が、エンジンをかけっぱしで寝ていたり、

星空を見上げ、カシオペア座で盛り上がっていたりで、皆、あまり良い睡眠は取れなかった。

□9月14日(日)

4時半起床、5時よりタクシーに乗り合わせ、上高地入り。

5時15分頃、上高地より行動開始。

ちらりと目的地、前穂が見えている

ちらりと目的地、前穂が見えている

 

8時中畠新道分岐、休憩、水分補給の上、8時20分頃、発。

急登、ガレ場、雪渓を経て、

12時頃 四峰正面壁、取り付きに到着。

6時間に及ぶ、アプローチであったが、ここのところ頻発していた「黒戸病」、いわゆる膝、足痛は発生せず、やはり、黒戸尾根ならではの黒戸病であったのである。

しかし、黒戸病は、取り付きまでの到着を遅らせたことは否めなかった。

vcm_s_kf_repr_960x540

こんな頃より、日は差さず、曇空となってきた。

ここまでが、共同の行動であったが、ここからはチーム曽我の行動開始である。

他の2パーティとは異なり、我らは、松高ルート。

結果として、取り付きなど、ルートはわかったが、

以前の頃とは異なり、あまり登られていないようで、わかりにくく、

曽我さんは北条・新村の取り付きから攀っていく。

ここの取り付きにいたことが、今回の分かれ道となった。(ミヤザキ氏による確保器顛末記参照)

vcm_s_kf_repr_960x540

何度も探り探り、ルートを探すが、松高ルートは判別できない。

ややもすると、時間も14時半ともなった。

「今日はもうこんな時間だし、奥又白池に戻りましょう」ってことになり、

下りたくないアプローチを時間をかけながら、ゆっくり下っていく。

そんな中、下りながらも他のパーティの様子を振り返りながら、みていると、

皆、全く動かない。

特に黄色のザック(宮崎)が目立つが、壁に張り付いたままである。

その間も1時間以上。

少し、岩佐さんの声も聞こえる。

そして、岩佐さんが降りてきているように見える。

原「黄色のザックがずっと同じ場所にいますぞ」

曽「そうですねぇ」

上「なにかあったんじゃないですか!」

そんなやりとりを経ながら、奥又白池に、5時過ぎに到着。

夕方の奥又白池

夕方の奥又白池

この景色は、他のパーティーが見ていない楽園たる風景であろう。

到着し、ツェルトを張っていると、ほろ酔いになっている他のテン泊の人々が、

Q「登ってきたんですか?」

A「取り付きまで行っただけです」(苦い)

Q「あのまだ壁に張り付いているパーティ、どうしたんですか?」

A「・・・」(苦しい)

Q「何何?」

A「私たちの仲間です」(またまた苦しい)

そして、日も暮れて、四峰正面壁を見ると、

上層に2つ、下層に2つのライトが灯り、4つある。

「生きているぞ!」「ビバァーク」しているぞと、希望の灯火が点いた♪

皆、無事なんだ!みんなガンバレ!

そんな気持ちをよそに、「夜飲んだウィスキー、めっちゃうまかった」(若頭談)

そして、

ツェルトの中で、お酒も飲まず、食事を取った後、

リーダー曽我さんより、

「明日は、朝一番から救助に向かう!なるだけ、空荷にして、いくように」

上・原「OH!」

となり、4時半起床。5時出発の予定で、8時には横になった。

寝たのか、寝られてないのかの夜を送り、

□9月15日(月・敬老の日)

そして、朝を迎えた。

予定通り、5時頃に出発。

朝焼けの前穂高岳

朝焼けの前穂高岳

この日の日の出の景色は、最高に綺麗であったが、記録には残せなかったが、私の記憶には残してある(笑)

7時頃、北条・新村ルートの取り付きに到着。

皆の名前を腹一杯の声で、呼びかけてみる。

「いわさーん」「早得ーん」「ねえさーん」「どげんかー」

しかし、なんの返答もない。

そこで、曽我さんは、1P,2Pと登っていき、テラスへ。

何かしゃべってる。。

え?!何々?!

その内、スルスルと懸垂で降りてき、

「あれ?!確保器!ラッキー♪」って。

どうしたんですか?

「うん、大丈夫だって。登っていくんだって。」と。

いったい、なんだったの?昨日の断酒は。。

この悪いアプローチを来たのは。。

岩佐チームはもう既に頂上へ向かっていき、斉藤チームがテラスで寝ていたのであった。

そのテラスにいた斉藤チームは、これから、登るそうな。

 

大きな事故なくて、よかったねと、

11時奥又白池、13時徳沢園、15時上高地へと下って来、

岩佐チームと合流。17時過ぎ、斉藤チームも合流の上、下山完了と相成りました。

 

山を登る、

皆で登る、

山を下りること

様々、愉快なことですね

救助?!に向かう

救助?!に向かう

カレンダー

2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最新の記事

© 2018 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.