愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧

2014.09.30

こんにちは、9月に入会しました鵜飼です。

アダ名はウカP、ウーピー、なんでも結構です。先に言っておきますと純国産です。

 

9月頭のホテル錫杖浮遊事件で記憶に新しい、錫杖岳へ

前回登る予定で出来なった「見張塔からずっと」を宮崎さん、成瀬(ラ)、位田さんの4人で行ってまいりました。

resize0198

深夜出発で寝ずの山行ということで運転手の自分以外は寝ていない状態で出発

寝ててイイですよとはいったものの、皆ギンギンでブログには書けないようなトークで盛り上がり

槍見に5時到着、駐車場がほぼ満車でビックリ。

寒いだの眠いだの言いつつも結局ノースリーブになるラッセル。

resize0161

 

錫杖沢あたりで陽が差し込み始め、ガスもなくなり朝靄に浮かぶ穂高連峰が美しい

resize0174

 

7時には取り付きに到着。

resize0176

パーティ分けは宮崎・鵜飼 、 ラッセル・位田 と決まっていたので

登攀順序をリーダージャンケン、宮崎さんの圧勝、1ピッチ目ジャンケンに自分が勝利し

アルパインのリードデビュー&一本目となりウっキウキ

というわけでやっと本題です。

 

 

1ピッチ 鵜飼

記念すべき初リード。これ以上ないくらいの岩のコンディション

出だしに2,3個ランナーを取るも、それ以降はノープロ

トポには16mくらいでテラスに出ると書いてあったがさっぱり見当たらず

ユルユルのスラブなので気にせずルンルン気分でロープ目一杯出してテラスに辿り着く

(トポでいうところの2ピッチ目のテラスで、どうやらスタート位置が高すぎたようだった。)

1962625_591437197634456_7452065507298745232_n

 

2ピッチ 宮崎

テラスから殆ど歩きのトラバースを30m弱、水が流れてる所をちょっと上がってロープ一杯。

プロテクションはほぼ取れないが、その必要も感じない。

 

3ピッチ 鵜飼

ビタビタの坂道をまたちょっと上がると3mほどの小ハング壁、上部は草がボーボー

ガバガバのアンダーからクラックに手を勢い良く突っ込むと、中に小さなチョックストーンがあって、小指を軽く突き指する。

悶えながら、逆側のガバに手をかけると、スイカサイズの石が普通に動く、、、

文句言いながら乗っ越して草付きボーボーをしばらく這い上がり、草が切れた所にアンカーを取る。ここもロープ一杯

 

セカンドビレイ中、乾いた金属音が、、カコーンカコーン。どうやらカムを落としたようだ

それも束の間、更にガコーンガコーン、、、、どうやらスイカ君を落としたらしい、、、、ちゃんと伝えておけばよかった、、

そして自分は自分で草付きを這い上がってる時にLapisブラシを落としていた、、、落とし物の多いピッチ

 

上で合流した時に位田さんにブラシの話をしたら

位「あ~あったあった青いやつ~」

ウ「そうそう青いの!俺の!返して!」

位「拾わないよそんなん」

ウ「・・・・(^q^)」

宮崎さんの落し物は奇跡的な生還を果たすのに、、人徳ってやつですかね

resize0183

 

この先はロープ要らないということで中央稜の下のテラスまで普通に歩く

ここまでで9時過ぎ、非常にいいペースに思えたが

落としたカムを後続から受け取らないといけないので待機。

とにかく景色がいい、そして暑い、御嶽の噴煙も見えました。

resize0185 10711131_725115940871159_7698123071247846054_n resize0197 resize0192 resize0187

 

しかし待てど暮らせど2人は上がって来ない、待つこと1時間。

カムを受け取り藪こぎルートで待ちに待った大洞穴へ

最終ピッチをリードで登りたいという宮崎さん、どーぞどーぞってことで

 

改めて後半戦 1ピッチ 宮崎

出だしの薄被りが悪い、思ってたんと違う!ってくらいで

子供の顔が過ったらしい宮崎さん慎重にカム&ナッツの固め取りでクラックへ

濡れてると悪いとの情報を市川さんより頂いていたものの、パリパリに乾いており快適そのもの

ハンドも極まるし、ホールドもある、どっちにしようか迷ってよくわからないムーヴで登る

基部のフェイスが悪いという総意でした。

ビレイ中、笹ヤブがガサガサいうので、熊!と思ったらラッセルの頭が生えていました。

resize0200

 

後半 2ピッチ 鵜飼

でかいチョックストーンまで上がって行きそこからトラバース。直登は草がボーボーで無理臭いし時間がない

トラバースも思ってたより悪くプロテクションも小さめのナッツくらいしか決まらない、この小気味よい緊張感の中

宮「がーんば~がんば、がーんば~~ がーんーばーウーカーP~♪」

とロート製薬の替え歌を、歌う宮崎さん。かなりぶち壊しですが、緊張をほぐしてくれたんですよねぇ

乗っ越したら立って歩ける傾斜で灌木まで歩いて終了。ナイスピッチ!!

丁度ガスが出てきて視界が悪かったけど晴れてたら爽快な高度感を堪能出来たに違いない

10346270_725116064204480_6037356565382299650_n

 

後半3ピッチ 宮崎

ロープだけ一応出したものの歩いて終わり。染み出しに注意

時々、おっさんの雄叫びが聞こえる。うん、いつも通りです、異常なし

resize0204

 

後半4ピッチ 鵜飼

出だしだけエイヤッしてあとは草付きボーボースラブ。

ロープ一杯だして適当に終了。 ラッセルそのポーズ好きなの?

resize0213 resize0208

 

 

後半5ピッチ最終 宮崎

いよいよラスト、2本あるクラックの左を登る

クラックといっても殆どフェイス登り、ピラミッドみたいな浮石と、百科事典をガッツリ掴んで焦るもエンジョイクライミング

あれ?ピッケルピークじゃない?まぁいいや一応ピークだし終了~

resize0216 resize0219 resize0247 resize0255 resize0282

 

右のクラックを選んだラッセル、渾身のクライミング!体感13b!(笑

resize0227 resize0230 resize0232

宮崎・鵜飼班、13時半頃登攀終了。ガッスガスで視程100m程でしたが

ラストの位田さんが登り始めた頃にガスが晴れて、ご褒美の穂高連峰を頂きました。最高です。

そして位田さんがピークに立ったらまたガッスガス!流石やで!

 

下山開始15時、本当の核心はここから。

目の保護にサングラス、粉塵対策にマスク、腕の保護に長袖シャツ・・・

うーんノーコメントで、、、

1234771_725116637537756_1049423792740884289_n

 

意地でもノースリーブで行くらしい、、、、

 

頂上から降りて、踏跡を辿り岩稜を右巻きに~というイメージで下る

早々に踏跡が薄くなりプッツリなくなってしまう。

主に位田さんが文句言いながら強引に真っ直ぐ藪こぎするも、全然進まない上にかなり時間をロスしていて焦り始める

藪こぎすること約1時間、ようやくしっかりした踏跡&テープ付きの道に出る。

(ピッケルピークまでは普通に稜線を歩くのが、正解だと思われる)

「山って意外と何処でも歩けるもんだなぁ」と妙な感動を覚えたり

踏跡&テープ、これはもう県道レベルやでぇとか訳のわからんこと言いながら、

巻きつつ下りつつ、おそらく南尾根P5,6?あたりで何故か道が左右に分岐している。テープも両方についている

岩の基部を歩く道と、西側に下る感じの道。 西側には行かないだろってことで左へ

そのままちょっと下ると「これがコル地形です!」みたいなコルに出る

そのコルも越え、少しだけ登って小ピークを越えると開けた樹林帯が出てくる。

その先にもテープと踏跡は薄っすら続いているものの、どうやらこれも偽物?で

開けた樹林帯に入ってすぐに東側にテープが2本、背丈程の笹をすり抜けると牧南沢が

そのまま小一時間下って行くとホテル錫杖、もとい錫杖岩屋に到着。

 

後続を待ちがてら、ホテル錫杖で幕営していたパーティと軽く雑談していると

女性の方が、「松茸ご飯、余ってるからよかったら食べて」と勧められる

「いやいや、下山するだけなので大丈夫です」

と山で他人の食糧を貰うのは気が引けると断る

しかし、それでもラッセルにもよかったら~と勧める女性。

ラッセルと目が合う。

(゚∀゚)

たぶんこんな顔だった。

松茸ご飯、美味しゅうございました。

 

帰りは、やたらと「私は混浴でもいいよ!」とゴリ押ししてくる位田さんを華麗にスルーして

平湯の森に滑り込み、風呂と食事を頂き、撤収

 

下山中、宮崎さんから「うーぴーは今のところ落ち度がなくて面白く無い」という謎の批判を浴びたので

何か面白いことは無いかと執筆していましたが、終始エンジョイクライミングしていた自分としては

特にハプニングがあるわけでもなく、、、次回はネタを提供出来るよう頑張ります!

 

今回の山行にあたり、諸先輩方には多大な心労をお掛けしたと思いますが

おかげ様で特にトラブル無く登ることが出来ました。ありがとうございます。

 

また、27日土曜に発生した御嶽山噴火により

亡くなられた方々のご冥福を深くお祈り申し上げますとともに、

被災された皆様、そのご家族の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

 

2014.09.30

こんにちは。

ラッセルです。
先日、9/28日に錫杖岳。『見張り塔からずっと』に行って参りました。
宮崎さんに、今回の山行リーダーは
『最近フリークライマー化しているラッセル。』
とご指名を受け、背筋がピンと伸びる!

メンバーは2パーティに分かれ、
宮崎、鵜飼ペア
ラッセル、坂井ペア

となった。

深夜1時に名古屋発。
5時前には、槍見館に到着。
快晴。スムーズに7時には取り付きに到着し、
登攀開始。(先日のサホウカンテで取り付きをチェックしていたため完璧なスタート!)

IMG_4778

どっちのパーティが先行するか。

もちろんジャンケンです。

結果は見事に、ラッセル、坂井ペア惨敗。

もしかしたら、ジャンケンを負けたほうが先行かも!っと一瞬期待するも…

やっぱり宮崎ペアが先行でした。(笑)

1p宮崎ペアが登り始める。

ここはかなり岩が脆いため、

ラッセルペアはかなり間を空けてのスタート。

IMG_4786

1pリード、ラッセル。

快適なスラブ。
残置がたくさん。
少しランナウトするが快調に登る。
50mいっぱい出しピッチを切る。
ピナクルとカムで支点を構築。
フォローの坂井さんは岩の脆さに驚きつつも、よいスタートを切る。

2pリード、坂井

少しトラバースし、直上するハズが、
なぜかロープを15mほど出したところできる。笑

3pリード、ラッセル

直上し、スラブ帯に行くor小さいハングに行くか迷うも、
スラブ帯を選択。

IMG_4772

しかし、ロープが足りず支点が作れない。

仕方ナイので脆いスラブをクライムダウンし、
小さいハングを越え、そこでブッシュで支点を作る。

そこからは草付きスラブでロープを出すか、しまうか迷うも、とりあえず、ロープを出すことに。(かなり迷ったがこの選択で、かなり時間が掛かってしまうことになる)

そして何ピッチか繰り返すと、中央稜のコルに。
宮崎ペアが見えた。
かなり待たせてしまった。
宮崎ペアはかなり前の段階でロープをしまった模様で早くコルに出ていた。

そして藪漕ぎトラバースをし、

大洞穴に到着。

resize0198
その時既に、坂井さんは初藪漕ぎで戦意を喪失。笑

7pリード、ラッセル。5.8 30m

大洞穴フェースからのクラック。(写真のリードは宮崎さん)

IMG_4739
クラックのムーブはレイバックからのハンドになった。足のスタンスが沢山あるので安心。いいルート。
ピナクルで支点を作る。
坂井さんもお決まりの声を出しながら(わかりますよね?笑)上がってくる。

次のピッチを坂井さんにリードするか、聞くも…
顔を上げると…

『やめとく!』

即答。

僕は『いいんすか!\(^o^)/』

有難く、リードを頂く。

p8 クラックからのフェース 5.8 50m

IMG_4775

最初は凹角の脆いクラックを登って行く。

浮き岩に気を使いながら登る。

ハンドはバチ効き。

そして右にトラバースし、フェース。

IMG_4777

効くホールドを探しながらスリルのあるトラバース。楽しい。

そして直上し、スラブに出てブッシュで支点を作る。
フォローの坂井さんからは…

『いつもの声』のみが本峰に響き渡り

こだまする。笑

securedownload

そして、僕は笑いながらビレイする。

坂井さん曰く、トラバースのパートが怖かったので、思わず出ちゃった♡だそうな。

そして緩いスラブをそのままトラバースし、

最終2ピッチの取り付きへ。

このピッチは
リード坂井 50m
草付きの階段状のスラブを直登。
いっぱい出してピッチを切る。
フォローの僕は急いで(ダッシュで)登る。

いよいよ
最終ピッチ
リード、ラッセル 25m 5.7

快適なクラック。

面白そうなワイドのコーナー方に取り付き

ムダにフィストを極める(笑)

IMG_4779
(このピッチは登っている時間よりも、撮影している時間の方が長かった。笑)

そして本峰頂上へ。

先に着いていた宮崎ペアとハイタッチ。

そして、最後に坂井さんも頂上へ。

IMG_4788

IMG_4784

最後はランジで決めてくれました(笑)うそです。

余韻に浸るのもつかの間。

既に15時が回っている。

このままでは、
最大の核心である牧南沢への藪漕ぎがヘッデンを付けることになってしまう。

それだけは避けたい。

急いで下山にかかる!

しかし、

案の定迷う。

ひたすら藪漕ぎ。

藪漕ぎすること…

30分。

1時間…。

メンバーの顔に焦りが。

鵜飼さんと僕のココロの声
(ビバークか。明日仕事だし無理。)

一旦、登り返す。

そして踏み跡に出た。

後々分かったのが、下山のスタート位置がそもそも間違っていたようです。反省。

そしてゆっくりと下り、槍見館に着いたのは夜の7時。

無事下山です。

反省点は…

・草付きスラブでのロープを出すか、しまうか判断。
・下降路のルーファイ。経験値を積まなくては。

『見張り塔からずっと』はオールナチュプロでかなり良いルートでした。

山岳会に入って一年経とうとしてますが、
今まで登ったルートは本チャンでなく、マルチだな〜と痛感。
とても勉強になりました。

今後は…
今からのシーズン山。になりますが、
フリーグレードを伸ばしたいのも本音です。
(ルート、ボルダーも大好きなので )

両立出来るよう
最近は仕事終わりにこんな夜遊びを始めました。

IMG_4679
今年の目標達成出来るよう頑張ります。

ラッセル、坂井ペア編

おわり。

© 2018 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.