愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧

2014.12.01

森です。11/30に中本さん、岩佐さん、早戸さん、矢野さん、鵜飼くんと笠ヶ岳、西尾地尾根に行ってきました。

・・・とにかくツラかったです(;´Д`)ホントにツラかった・・・。

朝5時半に槍見を出発しました。

IMGP4246

それから夕方に下山するまでずっと藪漕ぎ。

10428706_10203077892493238_1604690041889269393_n

エンドレスにヤブ漕ぎ。

1470172_10203077909133654_2443268058711053893_n

終わりなきヤブ漕ぎ。。(泣)

10407333_10203077905773570_409880220275898262_n

ワカンも持って行きましたが雪はなくて。ワカンはずっと背中に背負ったまま(:_;) 靴も冬靴で、重いし歩きにくい(;´Д`)

 

槍見からクリヤ谷の登山道を20分ほど歩いたところに少し広くなっている踊場があり、そのあたりから踏み跡のない山中へと入って行きました。急坂を登っていくと徐々にヤブが深くなってきて・・(ToT)

なかなか西尾地尾根の尾根に乗越せず、(早)「ちょっと見てきます。」と。しばらくして(早)「行けるには行けそうですけど、藪のレベルが一層増してます。」と。まじか・・(;´Д`)

その先の藪レベルは、姿の見えない矢野さん、早戸さんの「オリャ!」とか「うおお!」とか言う声で藪レベルを想像するしかなかった。

笹はまだいい方です。笹のヤブ漕ぎが快適だと感じるほどでした。

厄介なのがシャクナゲ。背丈が低く、横に張った枝はとんでもなく邪魔。コシが強くて丈夫な枝は、押しても押してもびょよ~んとこっちに跳ね返ってくる。

やっとの思いで西尾地尾根の尾根に乗越すも、またヤブ漕ぎ。ひたすらヤブでした。尾根に乗越すと、景色はとてもいい景色で槍も真っ白でした。錫杖の前衛峰も本峰もキレイに見えました。

IMGP4253

10369884_10203077902533489_265097400346009778_n

大木場ノ辻を目指して尾根を歩くも、1950m付近で下山することに。

下山もヤブ漕ぎ

1601497_10203077909693668_3878497730269804629_n

笹はまだいい方です。

・・なんだか呪文のようになってきた。

10599622_10203077892813246_3000745545271813510_n

こんなヤブ漕ぎをしたのは初めてです。冬靴で一日中道なき山中を歩き、ヤブを漕ぎ、、、行動時間10時間以上・・・。相当疲れました。

服もズボンもボロボロになりました。

何より私自身がボロ雑巾のようでした(;´Д`)

一緒に行ってくださった方、足が遅くて大変ご迷惑をおかけしましたm(__)mすみません。

こんな私ですが、また一緒に山に行ってください。宜しくお願いします。

 

 

 

 

© 2018 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.