愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  

2014.02.23

岐阜県白川村の三方崩山に行ってきましたが、
上部はガスがひどく、1750mぐらいで敗退しました
 
道の駅飛騨白川4:30~7:30稜線~10:001750m~12:00道の駅白川飛騨
 
夏道は谷沿いで雪崩の恐れがあるため、道の駅から真西にある尾根に取り付く。
大雪が降って5日、毎日冷え込んでいるので、雪は締まっているだろうと思いきや
国道156号から一歩踏み出したら膝まで潜った。すぐにワカンを装着
100m進むのにもう汗だく。南側に堰堤が見える辺りから急登になった
途中10m程度だが、70度ぐらいの雪壁も。細いブッシュをつかんで登った。
間もなく、ブナの巨木がはえる尾根になった
 
日の出
日の出
 
美しいブナ林
美しいブナ林
 
ラッセルは太ももから腰。雪崩が怖いので、弱層テストを何度か繰り返した
表面2~3センチのところにはっきりした弱層を発見
でもその下は60~70センチ掘って力をかけても、ずれる層はなかった
雪は、短期間にどっと降り、比較的しっかり結合しているようだ
道の駅から尾根まで、標高差は550mぐらい。3時間もかかった
 
尾根に出ると右手からの風が強い
斜面は広く、二重稜線になっているところもあり、帰りに迷いそうだ
目印に、赤布を付けたススキを雪面に突き刺していく
1373mピークから、雪が深い急登。50歩行っては足を止め、息を整えた
1624mピーク手前から、急にガスが深くなり視界が悪化
地形図ではピーク南側は崖になっていて、大きな雪庇が張り出しているはず
でも視界が5~6mぐらいまで落ち、雪庇の端が全く見えない。
ピークから先はもっと切り立ってきて、一歩踏み誤るとやばい感じ
「このあたりで許してもらおう」と撤退しました
1624mピーク付近
1624mピーク付近。左側はでかい雪庇のはずだが・・・
 
下りも、右に左にと派生尾根があって、気を抜くと別の場所に下りてしまいそうだった
風で消えかけた踏み後と、赤布を見失わないように下りました
稜線から振り返ると、1624mピークとその奥にあるはずの頂上は
濃い灰色の雲に覆われていました
灰色ガスに覆われた1624mピークより上
灰色ガスに覆われた1624mピークより上
 
1皮

2014.02.23

岩佐です。
 
S我さんと鈴鹿の御池岳に行ってきました。
 
木和田尾道登山口06:05 — 08:15白瀬峠 — 真ノ谷 — 11:20御池岳11:40 —
真ノ谷 — 14:45木和田尾道登山口
 
御池岳はひと山越えないと行けない山ですから、標高は低いものの意外に登り応えのある山です。お蔭でとても良い運動になりました。そこそこ人気がある山のようで、我々も含め10名ほど登山者がいました。雪は登山口から100mほど登ると漸く出てきましたが、深い所でも膝上くらいでしょうか。ほとんどの所でトレースがあり、歩きやすかったです。
 
御池岳にはS我さんも私も初めて行きましたが、山頂周辺は平らでだだっ広く、木もあんまりないため視界が悪いと非常に迷いやすい所です。夏は登山道があるのでしょうが、冬は好きなところを歩ける分トレースだらけで紛らわしい。下りは白瀬峠までの稜線伝いに帰ろうと思っていましたが道がわからず、結局下りも真ノ谷経由となりました。
 
ひと月半ぶりに山に行きましたが、お天気にも恵まれ楽しい一日でした。
鈴鹿の御池岳

2014.02.12

前から登りたかった冬の能郷白山に行ってきました
正面から吹いてくる北風がひどく、顔が凍傷になりそうでした
林道4:40~7:20稜線~9:40頂上~12:40林道
今年は雪が少なく、能郷の集落からさらに林道を進み、ゲートまでの途中で駐車した
ゲートを越えると、足首ぐらいまでの新雪
一部にスノーシューのトレースが残っていて、ありがたく頂いた
林道終点から登山道になると、急に風が強まる。北からの風に吹き飛ばされそうです
でも、そのおかげで、雪の表面はクラストして歩きやすくなった。
トレースもいつの間にか消えた。適当なところで、ワカンをデポ
稜線に着くと、膝ラッセルとカリカリの斜面が交互に出てきた
印象的なダケカンバの大木を越すと、前衛峰が近づくが、そこから雪が深かった
 
美しいダケカンバ
美しいダケカンバ
 
ブリザードで顔が凍りそう
ブリザードで顔が凍りそう
 
前衛峰から臨む頂上
前衛峰から臨む頂上。遠い!
 
足がヘロヘロになりながら前衛峰着。ワカン置いてきたのが失敗だった?
前衛峰から、やっと能郷白山の頂上を望めたが、まだまだ遙かかなた(>_<) 空は晴れているが、雪面の雪が強風で吹き飛ばされブリザードのよう そこから100mぐらい下り、コルから登り返し 所々雪が深いです 頂上手前の急斜面は、雪崩が怖いなあと思っていたが、表面は凍ってカリカリ 急斜面の真ん中に雪が積もった場所が帯状に伸びていたので それを避けて東側の尾根から頂上へ 真っ平らな頂上からは360度の展望が楽しめました   真っ平らな頂上
帰り道、前衛峰より遙か下で、単独の女性と会っただけで、静かな山旅でした
1皮

2014.02.06

岐阜県西濃地方の貝月山に行ってきました
 
揖斐高原スキー場6:40~8:00頂上~8:50揖斐高原スキー場
 
凍った踏み後の上に新雪が乗っかり、歩きにくかったです
稜線の新雪は15センチぐらい。
今冬1番の寒気で風が強く、久しぶりの冬の山を堪能しました
強い風で右頬が痛いです
強い風で右頬が痛いです
 
頂上付近
頂上付近。視界不良です
 
1皮

2014.02.02

2月1日(土)八ヶ岳山系の赤岳を登ってきました。
メンバーは勝野さん・原田さん・ブルース(私)。
前夜の金曜日から現地の美濃戸口駐車場で車中宿。
 
1日の朝、美濃戸山荘の駐車場まで車で移動6時頃に
行動開始。予定とは異なり、私の山経験に合わせて
頂き、北沢からの硫黄岳のルートをやめて南沢から
の赤岳だけのルートを。
 
行者小屋に9時頃到着。勝野さんは行者小屋までで
赤岳頂上までは原田さんと私の2人で(勝野さんは
折り返し)。行者小屋を9時半頃に出発して登りの
ルートは文三郎尾根で赤岳頂上に11:50頃に到着。
最後の数百メートルは晴れながら風が非常に強かった。
 
下りのルートは地蔵尾根で行者小屋に13時半頃に到着。
美濃戸山荘の駐車場には15時頃に無事に到着。
八ヶ岳
 
赤岳
 
赤岳2
 
赤岳3

2013.11.03

こんにちは

北穂高岳行ってきました。
北穂高岳
【行動記録】
□10/31(木)
 上高地7:00-横尾9:30-12:20涸沢13:00-北穂高岳16:15-北穂高小屋(泊)
□11/1(金)
 北穂高小屋8:00-北穂高岳-10:00涸沢10:30-12:30横尾13:00-13:45徳沢14:30-15:40上高地

※以下、写真づくめですが、ご勘弁ください

■10/31(木)
あかんだなPより、始発の6時20分に、上高地へ。
上高地
唐松もほとんど終わってました。

徳沢園のストーブが変わってました。
徳沢園のストーブ
徳沢園のストーブ2
上:新型 下:旧型 旧型は、渋かったので、惜しまれますね

北穂
横尾を経て、本谷橋を越えていくと、ヒマラヤの景色のように北穂が白く被っています。

横尾本谷
そして、右には横尾本谷、「1皮さーん」って呼んでみました♪
きっとはるか先でしょうね
徳沢園で、ツェルトで泊まっていたおじさまも、横尾本谷を詰めている姿が見えました。

昼頃に涸沢に到着
テントが一張りもありません
前日の10月30日夜はよほど冷えた様子です。
涸沢
南陵
南陵をいくと雪、5cmぐらいです
トレースあるし、目印もみえてます
時間的に、ゆるんでいるので、アイゼンの必要は無かったです。
夏道
今年は雪が少ないので、夏道にて、頂上まで。

16時過ぎ北穂頂上へ到着。
これまで経験したことが無いほどの素晴らしい景色です。
北穂頂上
北穂頂上2
北穂頂上3
北穂頂上4
そして、直下にある北穂高小屋へ
北穂高小屋
今回の客層がいつも異なり、登山者というより、カメラマンの皆様
小屋前には、三脚がずらりと並んでる。
この日の宿泊者は、私含め、8人。

で、いよいよ今回のメイン、大目的に挑む
北穂高小屋2
相変わらずのうまさでした
他、名物ワイン、コーヒーまでいただいちゃいました♪♪

■11月1日(金)

本日の日の出です
日の出
朝焼けの大キレット、槍
朝焼けの大キレット、槍

朝焼けの奥穂_前穂等
朝焼けの奥穂・前穂等

カメラマンの方に言わせると、赤さが足りないとか。
赤さが増すには、日の出の陽の上に、雲があると反射して、赤さが増すって。

朝食、コーヒーと、のんびりと過ごし、8時に出発
コーヒー
ほとんどの方が連泊して撮影するご様子。
この時間でも、私が一番手。
慎重に、アイゼン、ピッケル装着して、下ります。
ハシゴ場の手前までは、有効でしたが、
雪も少なくなり、20分ほど下ったところで外しました。

最後の鎖場は、つるつるに凍ってました
鎖場

何事もなく、無事、涸沢へ到着
ナナカマドの実がとても綺麗についてました。
ナナカマドの実

そして、ぼちぼちと上高地へ向かい、16時前に到着
前日とは異なり、吊り尾根には雪が解けてなくなってました
上高地2

以上、原田より、初冬の北穂報告でした。

追伸、
本棚に眠っていたこの本↓を読みたくなった今日この頃です
穂高を愛して20年

2013.11.02

横尾本谷から南岳に登ってきました
雪と氷で悪い部分があり、意外に時間かかりました
中ノ湯3:30~5:30横尾~6:50横尾本谷出合7:00~10:10大キレット10:20~11:10南岳頂上11:25~13:00天狗池13:10~15:10横尾15:20~16:30中ノ湯

いつもの通り中ノ湯からチャリ
今日で10月も終わりということで、月初めより格段に冷え込んでます
某所に駐輪。横尾谷の一般道吊り橋の所から、そのまま左岸の河原を上流へ
踏み後がしっかりあって、急な場所には残置ロープも
横尾本谷って、メジャールートだったっけ?
本谷出合からは朝日が当たって、凍った体が溶け出していくよう
しばらく行くと、大キレット方面の本谷と、天狗原へ向かう右俣の分かれ道に着いた

暗い本谷
暗い本谷。河原は凍ってます

本谷は両岸が崖で薄暗く、何か息苦しい感じ。崖からは落石の音も絶えない
河原の石は水しぶきが凍ってツルツルなので、所々四つんばいになって行く
途中、スノーブリッジをくぐり、インゼルを右へ

ブリッジ
ブリッジの向こう側の雪は最近崩壊したようで、崩れやすかった

滝
滝が凍り始めていた

カール
カールをパノラマ写真で

数メートルの滝をいくつか越えると、広々としたカールに出た
北穂北面と、南岳南面に囲まれ、気持ちの良い場所です
カールから真西の、大キレット最低コル目指してまっすぐ登る
最後のツメ、200mぐらいは悪いです
枯れて下を向いた急な草付きに、雪が数センチ~5センチ積もっている
ここで滑ったらカールまで行っちゃうなと思いながら、アプローチシューズで登った
大キレットの縦走路に出たら、冬靴にチェンジ
雪は10~20センチ。このまま根雪になりそうです

最低コル付近からの南岳
最低コル付近からの南岳

稜線のパノラマ写真
稜線のパノラマ写真

南岳頂上
南岳頂上。北風が冷たいです

南岳頂上まではただの歩きだけど、天狗原への下りが悪かった
雪が岩の上にべっとりついて、夏道は見えないし、岩も滑る滑る。慎重に下る
天狗池からはきれいな槍ヶ岳が見えました
天狗池

槍沢に出ると雪はなし。走るのにちょうどよい傾斜です
でも午後1時を過ぎると、冷えてきます
そのまま、デポしたチャリを回収し、中ノ湯まで下りました
1皮

2009.09.26

2009.09.19~20で黒部下の廊下日電歩道を歩いてきました。

メンバー N田さん夫妻、H田(記)

9:20黒部ダム-13:30別山谷出会-17:30阿曽原温泉
7:00阿曽原温泉-13:30欅平

仕事、育児、介護と忙しく、しばらく山から遠ざかっていてストレス溜まりまくっていたので
久しぶりに山に出掛けてみた。


19日早朝2:00にH田宅出発しN田さん運転で立山駅まで移動
朝6:00頃に立山駅に到着。すでに第一駐車場は一杯、第二駐車場のさらに奥の駐車場に
車を停めてから駅に向かう。

駅の構内には登山客が一杯。 登山ブームと言われるが本当にたくさんの登山者で
あふれかえっている。
6:50頃のケーブルカーに乗って黒部ダムまで移動。
9:20頃黒部ダムの迫力に圧倒されながら歩き出す。
よくこんな山奥にこんなダムを作れたもんだと感心した。


IMG_0969

今回の日電歩道はこの黒四ダムの為に岸壁を切り開いて作った登山道だ。
紅葉の季節には少し早いが、ほんの少し紅葉がかって気持ちいい。
しかし、一時間くらい歩き出してだんだん道が狭くなり岸壁沿いを歩くようになってからは
景色が一変する。

登山道は左側が岩壁で道幅は狭いところで50センチくらいで、右側は100mくらい切れ落ちている
所を18Km続く。
高いところは百メートル以上の高さがあるので右側にふらついてミスるとサヨナラなので、
それなりに緊張する。
中には岩壁に丸太3本で橋が設置してあるのだが、30センチくらいの幅で所々ギシギシして
1人づつ通過しないと壊れそうで、自分の番になってウェートオーバーで壊れないか
ヒヤヒヤした・・・笑

IMG_0983

この登山道は高さがあり所々危険だが、高低差が無く楽な道だが、
最近全く歩いていない当方は、別山谷出会付近で左膝が痛くなってきた。
それでも歩かないといけないので歩くと、このルートの核心といえる岩壁の高巻きに出た。

垂直に3段階で木の梯子がかかっており、30M上で横にトラバースし、下降する。
ここは毎年事故が起きている所なので緊張する。
クライミングならロープで確保されているので怖くはないが、ノーザイルだと少々怖い所でした。

IMG_0979

その後十字峡に15:00前に通過し、17:30頃阿曽原温泉小屋に到着。

テントを早々設置し、さっそくビールで乾杯!

テント場は小屋の下にあり、露天風呂はテント場から5分くらい降りた所にあり、10人くらい
入れる質素な作りです。


20日 7:00阿曽原温泉出発

昨日からの左膝の痛みが引かないが、今日は昨日よりは短いが、欅平まで16kmの行程なので
気合を入れて出発した。
テント場を出てすぐ急登で、早朝から大汗だ。
登りきると、水平歩道が始まる。

昨日と同様に左が岩壁で右が切れ落ちている道を行く。
水平と言ってもアップダウンは少々あり、登りは良いが下りになると膝に激痛が走り冷や汗が
出てきた。
難しい所も無く黙々と歩くだけの道だが、落ちればただ事では済まない道なので
それなりに気を使う。

ダム建設の為に、岩をくり貫き資材を運ぶ道を作り、1000万人の人手を使って黒部ダムを
作った人間は凄いと思いました。

IMG_1004

激痛に悩ませられながら、ようやく欅平まで30分と言う標識から下りが始まり
半泣きになりながら一時間以上掛かって下り、欅平に到着した時は激痛も忘れてニヤついて
しまった。

あ~~山っていいな・・・。
改めて山の魅力を再認識させられた山行でした。

その後トロッコ電車で帰るだけだったのが、ここから第二の核心が待っていました。
連休中と言う事もあって、大勢の観光客で電車のチケットが取れず5:30分待ち・・・。
立山駅に戻ってきたのがpm11:30頃でした。

N田さん運転有難うございました。



日電歩道(にちでん ほどう)とは、黒部川の上流域に設けられた歩行者専用道(登山道)である。日本電力が水力発電所の建設に備えた調査を行うために開削したことからその名が付けられた。1925年に着工し、1929年に開通した。仙人平(上部軌道の当初の終点)から黒部ダムまで
仙人谷から下流側の欅平までは水平歩道(約13km)が通じている。この水平歩道を含めて「日電歩道」と呼ぶ場合もある。ただし水平歩道の開削は、日本電力が黒部川の水利権を得る以前に東洋アルミナム株式会社の手で行われており、日本電力が建設したという意味では「日電歩道」と呼べるのは仙人谷より上流側といえる。

2009.09.21

明星の帰りに剣を歩いてきました。
初日はお天気も良く、気持ちの良い秋山を楽しみました。

20090924222556a8f

剱の雄姿

20090924222726cad

どこまでも歩いていきたいですね

Exif_JPEG_PICTURE

室堂ではタロさんにお会いしました

 

どこまでも歩いて行きたいですね

室堂ではタロさんにお会いしました

タロさんに「かなり混むから」とアドバイスをいただいたので気合を入れて暗いうちから出発しました。
頂上でご来光を拝もうとしましたが4:00頃からガスが出てきて雨も降ってきたので頂上に着いて
すぐ下りました。
剣沢テン場発2:00 頂上4:20 テン場戻り6:30

200909242227084db

まだ真っ暗なのだ。 “点の記”をまた読み返そうか

雨の中を下山しました。紅葉し始めています。きれいでした。

Exif_JPEG_PICTURE

何度も通いたいところになりました。

N村

2009.09.10

(谷川岳/一ノ倉沢3ルンゼと 幽ノ沢中央ルンゼは雨の為、変更)
日程:2009年9月5日~6日
メンバー:Hatn(L)  Nakm

9/5(土) 一ノ倉沢出合い駐車場には03時少し前に到着した。駐車場には雨跡があった為、本日予定の標高の高い、またアプローチの長い3ルンゼは翌日にして、今日は幽ノ沢中央ルンゼを攀ることに決まる。車中で1時間半ほど仮眠。5時起床、幽ノ沢へ向かう。

幽ノ沢出合いから間もなく沢登りになるが、前夜降った雨で水流以外の岩が濡れ、ぬめって滑りやすい。沢登りに慣れていないうえにアプローチシューズときてる。根性で 先を行くHatnさんの後を追う。流れを避けながら右・左・藪こぎと的確なルーファイで、登り返すことはない。一度ロープを出してもらった。全体に滑滝が多いようだ
「中央ルンゼはあれだよ」と指差した先には、堂々とした威容の幽ノ沢全景。一ノ倉沢より規模は少し小さめだが、よく似ている。
クライムシューズに履き替えるよう指示あり履き替えたが、アプローチシューズより滑らないことに驚いた。因みにアプローチシューズは5.10で、古さは中間というところ。

沢を2/3程登った頃、弱い雨が降ってきた。見上げるといつの間にか幽ノ沢の上部全体にガスがかかっていた。ルート上は雨が降っているだろう。残念だが引き返すことになった。

下りは更に滑りやすくなる。慎重に。一度胸までドボンした。この後はロープ懸垂を交えながら下降する。空は晴れのうす曇になっている。

3回目の懸垂下降の小滝を利用して、救助の練習をすることになった。このまま引き返すのはもったいないので良かった。 背負い救助懸垂と1/3システムの引き上げと、未経験であるカウンターバランスの引き上げを二回ずつ練習した。滝落ち口に掛かるロープの大きな摩擦で困難な引き上げとなったが、システムの構築と確認ができたことは私には大収穫でした。

青空の下の水上町で入浴と買出しをして、登山指導センターで酒と肴を楽しんだ後、シュラフでうたた寝。ロープウェイ駅の営業が終わるのを待って移動し、有り難く今夜の宿にさせていただく。快適でした。

6日(日) 今日は一ノ倉沢3ルンゼの予定。 予報どおり晴れることを期待して一ノ倉沢出合へ車を走らせる。道路に濡れた跡があるよ~ 出合いに着くとまたしても雨だった。Hatnさんから谷川岳独特の気象の変化の激しさを教わる。この気象の変化が遭難事故件数世界一の理由だと。

せっかくだからと、鳩待峠から尾瀬を散策することになった。 終始木道歩きの尾瀬ヶ原を 話しながら歩いていて、つまずきずっこけた。木道を支えている切り株に胸を強く打ち、「い、息が出来ない」と言うと、両肩を掴んで固定し、膝で背中を押してくれた。息ができるようになった。お世話かけました。「岩場でなくてよかったよ」と。ほんとにマジで思いました。帰りも尾瀬ヶ原の開放された空間を体いっぱいに感じながら戻りました。

予定のルートは登れなかったですが、一日目のアプローチの沢登りと救助練習3種を楽しみました。それから、二日目の尾瀬ヶ原の散策も。呼吸を楽にする方法まで教わりました。ありがとうございました。

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最新の記事

© 2019 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.