愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧  >  2014.7.29 鈴鹿・宇賀川蛇谷

2014.7.29 鈴鹿・宇賀川蛇谷

2014.07.31

ミヤザキです。

沢登り強化月間の締めくくりとして怪人・保坂と宇賀渓の蛇谷に行ってきました。

 

7:45宇賀渓管理事務所-8:10白竜吊橋-8:20魚止の滝-8:50蛇谷出合-14:00竜ヶ岳山頂14:15-15:45宇賀渓管理事務所

 

入山料を徴収する地元のおじさんによると、蛇谷は(へびたに)ではなく(じゃたに)と呼ぶそう。

1人200円ずつ払い、入山届を記入して出発。

白竜吊橋から宇賀川に降り、ちょっと歩くと魚止の滝7m。

2014-07-29 08.22.02

 

うーん、ロープ出すほどの高さじゃないが…。釜もあるし、行っちゃう?

2014-07-29 08.27.40

 

てことでフリーソロで行ってみる保坂。ホールドを探っていくと水流に突っ込まざるをえなくなり…あれ、このフレーク、ガバじゃねえな…うーん、とうなりながらも見事オンサイト突破。

「朝一でスイッチ入ったっすわー!」。低かった怪人のテンションが一気に上がった。

続くミヤザキもフリーソロで。

水流に耐えてのハイステップ、足の踏み替え、薄カチからのマントル…おいおい、これヤベーぞ、落ちるかも、とドキドキしながらなんとか突破。終わってみればムーブを駆使するハイボルダーの好課題。

まだ蛇谷にすら入ってないのに、いきなりアドレナリン全開にさせられた。

 

こうなると、千種の辞書に高巻きという言葉はなくなる。

燕滝を横目に蛇谷に入渓し、4mのチョックストーン滝の次に出てくる13m滝。

2014-07-29 09.03.23

 

水流の直登はさすがに厳しい。右のほうの壁にはボルトも打ってあるが、保坂は「他人が打ったボルト使うくらいなら敗退するっす」と極端なことを言う。

てことで、真ん中の大フレークから木が生えてるラインを登ることに。

ここはミヤザキがリード。もろい岩に辟易しながら久々にナッツを使い、中間の木にスリング巻いて一安心、左上して滝の落ち口でマントル返す。

うわー、ここ誰も登ってないな、いわゆる悪~い本チャンアルパインやん…と思いつつ、なんとか突破。

「よくここ行ったっすねー!」とフォローで登った保坂。最大の難関?は越えたか。

 

続く五階滝の9m滝。下部はガバガバだが上部が悪そうなので、ここもロープ使う。

リードの保坂がハーケン打って、潔くびしょ濡れになりながら直登。水浴びながら抜くフォローも大変。うーん、寒い。

2014-07-29 09.44.23

 

滝多すぎる蛇谷。多すぎてどれがどれだかわからなくなる。とりあえず全部直登。

2014-07-29 10.47.42

 

この滝の上段は難しかった。中間に粘ってハーケン打ち、水流をまたぐようなガストン。

シャワークライミング・モンスターと化した保坂が渾身のガッツポーズ!

2014-07-29 11.11.43

 

滝だけでなく、普通にきれいなゴルジュの廊下もある。

2014-07-29 11.26.35

 

後半はわりと簡単。この2条6m滝もフリーソロで抜ける。

2014-07-29 12.04.36

 

ベルト状の模様がついた岩に自然の不思議を感じる保坂。

2014-07-29 12.23.50

 

沢が広くなり、傾斜もゆるんできたところで、そろそろ飽きてきた。

お腹いっぱい食べた後におかわり2杯したくらいの満腹感。もう滝もないだろう。

ここが奥の二俣?なのか半信半疑ながら標高830mくらいの二俣を左に入り、ガレた涸れ沢を詰め、登山道に出た。そこから20分で1099mの竜ヶ岳山頂。

おお、ひらけてて、風があって、気持ちいい。鈴鹿の山のピークは御在所以外では初めて。

景色も最高じゃないか。記念撮影しておこう。 …あれ、なんか変な人が入っちゃった。

2014-07-29 14.01.24

 

山頂から一気に下る中道を選び、1時間半ほどで駐車場へ。しかし沢沿いの中道は崩壊箇所が多くわかりにくい。裏道のほうが良いかも。

ともかく、蛇谷の連瀑をすべてフリーで直登し、ピークまで踏めた今回の沢登りはかなり充実していた。充実しすぎて2人とも翌日ボロボロ。

でも宇賀渓は面白そうな滝がまだまだありそう。次は燕滝、長尾滝あたりを狙ってみようということになった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2021 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.