愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧

2021.09.08

 

 

吉川Kです。

急に2日間の登山許可(笑)がおりたので、1皮さんと穂高に行きました。

久しぶりの穂高&アルパインで、山行が決まった時からワクワクしていました。

 

 

1日目

5:40上高地—10:00奥又白池—12:004峰取りつき—14:45ハイマツテラス

2日目

6:00登攀開始—11:00ロープ解除—11:453・4峰のコル—13:30前穂高岳—16:40上高地

 

 

沢渡から始発のバスに乗り、上高地へ。

こんなご時世だが、満車。しかし、駐車場の空き状況や、上高地の雰囲気からするといつもよりは人は少ないかなといった感じだった。

奥又白方面の人気は全くない。

 

 

上高地から奥又白池まで歩くが、暑い。

滝汗だった。

 

 

 

 

 

 

奥又白は、私は2年ぶり。

前回は、苦すぎる思い出のある東壁(北壁~Aフェース)をやったとき。(2年前の記録参照)

 

今回は、岩も堅いし、人もよく入っているから東壁ほど悪くないよという1皮さんの言葉を信じ、今日も別天地の雰囲気を醸し出す奥又白池のほとりで4峰を仰ぎ見た。

 

 

奥又白池の水場で水を汲み、取りつきへ向かう。

 

 

2年前はここから奥又尾根を登り、ケルンが積んであるところから、奥又白谷へ降りてC沢方面にトラバースしたが、今回は、池から少し降りて5・6のコル方面へトラバースしてから、谷を詰めあがった。

 

どちらにせよガラガラの谷の通過は避けられないが、雪渓が豊富にあるシーズン前半は今回のルートのほうがサクサク登れるかもしれない。

 

 

今回は、雪渓こそあったが、うまく避けて通ることができたので、持参したアイゼンの出番はなかった。

雪渓の上部から4峰

 

 

 

C沢のチョックストーンを右に折れ、踏み後を辿ると取りつき。

 

前方のチョックストーンが見えたら右へ登る

 

 

取りつきから3ピッチでハイマツテラスに着く。

今回は、ハイマツテラスでビバークする予定で行った。

 

 

 

ハイマツテラスまでは問題なし。

1皮さん→K→1皮さんの順でリードした。

 

 

 

さて、宿泊地ハイマツテラス。

 

 

行く前に、千種の4峰北条新村の記録をみたところ、多くの諸先輩方がここでビバークしているようだ。

酒井さんの記録では、4人?でビバークしているので、そこそこの広さがあるのだろうと予想して行ったのだが、そんなことはなかった。

 

平らな場所もそこまで広くなく、人2人がやっと横になれるかくらいの場所にロープでツエルトをはった。

 

 

 

本日の宿。

 

 

人生初のテラスビバーク。

セルフビレイしながら寝る。

 

 

2人で横並びで寝ることができず、1皮さんと段違いで横になった。

足を延ばすと、膝から下はツエルトの外だったが、シュラフカバーのおかげでそこまで寒くなかった。

 

 

前日は移動もあり、あまり寝ていなかったこともあったおかげか、浅いながらも眠りにつけた。

 

 

 

 

2日目は快晴。

 

朝イチから核心で始まる。

 

4P目

A1のハングのピッチ。

 

1皮さんがアブミを駆使して登っていく。

さて、自分の番。

 

フリーでは5.10台とどこかに書いてあったが、クライミングヘボな私は初めからそんなつもりはなく、アブミをかける。

 

 

 

しかし、アブミで大苦戦。

 

 

何を隠そう、人口登攀の経験がほぼない。

 

手でグイっと体を引き付けて登ろうとするのですぐに疲れ、息が上がり、何度も宙ぶらりんになった。

 

 

手で登っちゃダメだよ。膝を前に出して立ちこむ。一段上がったらフィフィで休む。

 

なんて上から1皮さんに言われながら、3000m級の本チャンでアブミ講習会を受ける始末。。

練習しておくべきでした。

ハングトライ中

 

 

ここでかなり時間を使ってしまった。

 

 

 

5P目は右にトラバースの後、凹角を左上

 

ここのピッチはリードしてみようかと思っていたが、ハングで自信を無くし、リードをお願いした。

 

高度感抜群のピッチ。

 

 

 

6P目は私がリード。少し上がると大きなテラスがあり、ここで終わりかと思うが、短すぎるのでもう少しロープをのばした。

 

テラスから右にトラバースぎみに登ったが、テラスの上を直上が正解だったよう。

安定した場所まで登り、ロープをしまう。

 

 

ここから北尾根上までは歩き。

すぐかと思ったけど、けっこうかかった。

 

 

北尾根のルート上に出ると、涸沢方面、槍から奥穂までの稜線が美しかった。

 

 

北尾根もいつかやりたいと思っていたのだが、今回継続できて大満足

 

 

3峰でも念のためロープを出した。

 

おかしなルート取りをしてしまい、まだまだルーファイやらアルパイン的判断力と経験が足りないなと実感。

 

 

 

前穂頂上に13:30 沢渡行の最終が16:45なのであまりのんびりしていられない。

 

 

 

 

最近は、たまぁにフリーと「お付き合いゴルフ」しかしていないので体力の低下を感じた。足が棒になりながら下山。

 

岳沢登山口からバスターミナルまで地味に長く、結局BTには16:40で滑り込んだ。

 

 

刺激的で大充実の2日間でした。

 

 

北アの池で薄氷が張ったり、八ヶ岳で雹が降ったりしたそうですね。

早くもスキーシーズンが待ち遠しい吉川Kでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.08.27

お世話になっております、8鳥です。8月26日常念から槍までぐるっと一周してきました。1日でとてもしんどかったですが、充実しました。

登山届は三股駐車場から林道を10分ほど歩いた登山道入り口にポストがあります。

三股駐車場4:00〜常念頂上6:19〜大天井頂上7:56〜水俣乗越9:38〜槍山頂10:56〜横尾13:03〜蝶山頂14:56〜三股駐車場16:26

 

槍の山頂までは写真撮影を除いて、ノンストップで行きました。

ポカリを1リッター以上シッカリ飲んで出発。

前常念からの花崗岩の岩稜帯から登りがきつくなる。

常念山頂

常念〜大天井は比較的なだらかな稜線歩きで、爽快です。

大天井岳山頂

大天井から西岳の間が、小さなやせ尾根を巻いたりのぼり下りさせられて、体力を使いました。

槍が岳周辺のコースタイムは急登が続くため多少甘めに設定されているようです。

水俣乗越

槍ヶ岳山荘から槍山頂までの登りは、登山者で渋滞。今回は景色は望めませんでした。

槍山頂

槍から横尾までが長い。特に槍様ロッジから横尾の4kmは、ほぼ平坦なので、疲労が増します。

横尾・・・もうここで終わりたい気分になる。

横尾から蝶までの登りはとても急で大変です。

蝶が岳山頂

 

蝶から三股の下りも急ですが、木の梯子などで、しっかりと整備されています。

三股駐車場、ようやく戻ってきました。

足豆対策でチューブのクリームを使用したことが功を奏したのか、まめなどできずに足回りは快適でした。

 

2021.08.12

吉川Gです。

メンバー:吉川G、会員外3名(Rさん、Wさん、Tさん)計4名

台高の名渓岩井谷に行ってまいりました。
ちょっと時間が空いてしまったので色々忘れてしまいました。。。
読んでもらったらわかると思いますが、ほとんど参考にならないくらいざっくりした記録です。すみません。

一日目

銚子川第二発電所より入渓


岩がでかいです。ちなみに上の写真に写っている青いザックはWさんがオーダーメイドで作ったターポリン素材の沢専用ザックです。


直瀑20mを右岸から巻き、懸垂。


吊り橋が見えて来た。


この吊り橋からつながる巡視路を歩くと・・・


三平滝の直下に出る。ただし、滝は見えない。ここの突破は左岸の支流にかかる100m滝を上るか、大きく戻り、巡視路から尾根を巻く(ほぼ山歩き)かのどっちかだ。
沢ヤとして100m滝を上りたいところだが、、、この滝はヤバイ。今の僕らが安易に取り付けるようなシロモノだろうか。。。
かなり逡巡した挙句、話し合いの結果尾根から巻くことに。後ろ髪引かれる思いで、三平滝を後にする。


巡視路から尾根に上がり、大大大高巻き。1時間半くらいだったかな。


再び沢に戻り、この滝。左岸から巻くが、結構悪い。


この日は目標としていた梅ノ木谷まで行くことはできなかったが、良い河原を見つけて幕営。

二日目


一時間ほど歩くと梅ノ木谷出合


連瀑帯はひたすら悪い巻きをさせられる。


ここは泳いだ。

十字峡を過ぎると。。。


70mの滝。関西起点の沢の本には迫力に欠けるとあるが、水量が多いのかすごい迫力だった。
右岸から巻いたと思う。

この日は1180mの二俣あたりで幕営。

三日目
この日は下山となる。先人の記録を見ると下山方法はいろいろな方法がとられているが、我々は岩井谷の右岸の尾根を利用し、樫山経由で下山してみることにした。

まずは、右岸の斜面を登り、1276mピークを目指す。


稜線はさわやかだ。


1344mピークから右岸尾根に入る。ここから樫山への道も割と踏まれており、快適に歩くことができた。



実はこの尾根、かつて木材を運び出すためのトロッコが走っていたらしく、木製の電柱の跡が残っていたり、碍子が落ちていたりした。


最後は発電所の導水管沿いの階段を延々と下って、入渓地点に戻った。

このコースで下山した記録はあまりなくて心配だったが、どう考えてもこれが合理的だ。
確かに往古川林道に車をもう一台置いておいて、千尋峠経由で下ったほうが歩く距離は短いかもしれないが、車の配送のことを考えると時間はあまり変わらないのではないだろうか。(むしろ早い?)

なんとか何事もなく遡行できたが、かなり手ごわい沢だった。
他の記録を見てもわかると思うが、この沢は記録からは難しさがわからない系の沢だ。正直なめていた。
派手な滝の登攀があるわけでもなく(三平滝横の支流の滝を登るなら別だが)、困難な泳ぎを強いられるわけでもない。

求められるのは沢の「当たり前の技術」。地味に悪いへつり、地味に悪い巻き道。これを何度も何度も繰り返さなければならない。

自分の弱さを痛感した山行となった。

2021.08.12

吉川Gです。

7/17に南紀の滝本北谷に行ってまいりました。かなり前ですみません。

メンバー:私、妻、友人T

この日は全国的に晴れているというのに、紀伊半島南部のみ雨が降るという予報。
一縷の望みにかけて現地を訪れましたが、やはり雨。。


滝本小学校跡の横の林道に入り、橋の手前に駐車。


林道を進むと最初の筆藪滝。
釜は大きいと聞いていたが、これは大きすぎる。周辺の木は水に浸かっているし。まあでも遡行はできるだろうと先に進む。


支流の滝だったかな・・・


部屋滝だと思う。ここの巻きが少し悪いが、これでもかっていうくらい整備されている。


見せ場のナメだが、豪快に流れている。写真じゃわからんなあ。


ケヤキ原滝。他の記録では見られないほどの水量に圧倒される。


屏風滝。すごい迫力だ。左岸から巻く


そのすぐ上の滝は二条のはずだが… こちらは右岸から巻く。水流が強く渡渉が緊張


ナメが美しい。写真ぶれてるけど。


しばらく河原を歩くとこの滝。


この滝は直登。


取水口のところで遡行打ち切り。

ここから、尾根沿いに付けられた巡視路階段を上り、途中から谷の方の踏み後をたどり、滝本本谷との間の稜線に上がる。
ここからは踏み後を歩けばよいが、途中鹿よけのフェンスが設置されており、行く手を阻まれる。まあ、地図を見ながら歩けば何とかなる。

最後は発電所の水路の上に作られた道?を歩いて下山。

翌日も南紀の栂谷に入りましたが、ナメなのにあまりの水量に命の危険を感じ、敗退。

↑ナメがしぶきを上げる。

2021.07.23

ご無沙汰しております、8鳥です。
7月22日、黒戸尾根から入って、甲斐駒ヶ岳、北沢峠を経由して仙丈ヶ岳まで往復してきました。休む間も無く撮った写真ばかりなので、あまり情報になりませんが、簡単にのせておきます。

以下コースタイム
4:42出尾白川駐車場出発~7:21七丈小屋~8:12甲斐駒頂上~9:35北沢峠~11:27仙丈ヶ岳山頂~12:46北沢峠~14:48甲斐駒頂上~17:15尾白川駐車場下山完了 

尾白川の駐車場は新しくなっており、100台くらいは楽に止められます。
駐車場から5分ほど歩いたところにある、登山道入り口の神社の御手洗で水が汲めます。

七丈小屋の前の水場は100円を写真の白い箱の中に入れて、水が汲めます

甲斐駒山頂。360度景色が聞いて、いい眺めでした・・・疲れてあんまり眺めを楽しんでいませんが。

北沢峠。こもれび荘の水場はっ小屋の入り口にあります。あんまり水の出はよくないです。ここからまた仙丈まで登りです・・・

仙丈ヶ岳頂上。頂上の前の小仙丈ヶ岳から距離が長いです。気持ちが折れます。小仙丈までの登りも、偽ピークが2,3個あって、まだなのか・・・と苦しみました。
少し雲が出てきました。

再び北沢峠。こもれび荘の水場。これからまた甲斐駒へ上り返しです。本当に疲れました。

甲斐駒山頂。もう後は下るだけ・・・雲も出てきて雷も少しコロコロなっています。

帰ってきました。尾白川駐車場。

とても長い一日でしたが、無事に歩ききれてよかったです。最後の黒戸尾根の下りは、永遠に続くような長さでした。

2021.07.21

吉川gです。

台高の沢に行きました。実は台高は初めてです。

メンバー:吉川g、会員外友人一名

ヌタハラ谷沿いの林道には、僕の車では入れなかったので、出合の橋の近くに駐車した。
ここの時点でヤマビルが生息している。


大きい岩のところから入渓

いい雰囲気である。


夫婦滝。一段目は右岸から巻き、二段目は左岸から巻いた。


不動滝


良いピークだった。他の登山者も結構いた。


踏み跡を降っていくと林道に出られる

2021.07.08

吉川gです。

妻と富山県南砺の美ヶ谷というところに行きました。
ここは難しくはないけどナメが美しいとのことで以前から行きたいと思っていたところです。

たいらスキー場の奥の林道に入り、舗装が無くなって少し走ったところのスペースに駐車。
小雨が降っているが、地形的に流石に心配ないだろう。

入渓すると、思った以上に細くて藪っぽい。蜘蛛の巣が行く手を阻む。

しかしすぐに素晴らしいナメ地帯へ。

ちょっとした滝も出てくる。

そして二段大滝。
ヌメリが激しいが、フリーで抜ける。フェルトの方が良さそうだ。二段目の方がホールドが細かい。

その先にナメ。

そしてゴルジュ。

勝手に七ツ釜と名付けた場所

それ以降は結構地味になってくるが、緑が眩しい。

稜線に抜けると、鉄塔があるので巡視路を歩いて林道へ降りる。

2021.07.08

吉川gです。

友人らと比良の猪谷へ行きました。

メンバー:吉川g他、計3名

7:50出発→11:40下山完了

 

村井フィッシングセンターの少し先の路肩に駐車させていただき出発。一旦国道にでて国道を南下し、空家っぽい家の前の林道へ入る。

別荘地?みたいな箇所を通り過ぎると、こんな車が。


もはや芸術

林道を終点まで歩き、入渓。すぐにこんな箇所が。荒れているというレベルを超えた倒木箇所。

もはや芸術

この倒木地帯の巻きにヒルが大量にいた。


ここから現れる滝は基本全てフリーで直登できる。

問題はこの滝↓


見た目は地味だが、かなり悪い。
Tさん流心をフリーソロで抜けました。僕とWさんは手を貸してもらって抜けました。
他の記録だと、ロープを出して右の壁を登っている。確かにハーケンも打ってあったが、情報がなければ流心行っちゃうなー。右の壁はどう見ても悪い。

いずれにしても、ここはロープ出すべきでした。

660m付近から右岸の杣道を利用して右岸の尾根へ。

この尾根は林業の作業用なのか、車が通れるほどの幅の道がついており、下山は超絶楽勝。

2021.06.14

吉川gです。

すみません、神崎川本流のつもりでしたが、現地判断で寒いと判断して赤坂谷に急遽変更しました。
結果的には寒くなかったんですが。

あんまり意味のある写真をとってませんでした。

本流のゴルジュです。


もう赤坂谷に入ってます。水流左から登れます。


左岸から巻いたかな


泳いで取り付いてもいいし、右岸をへつることも可能です。

途中から尾根を越えてツメカリ谷を下り、また本流に戻って終了としました。
定番のゴールデンコースです。

以上です。
8:50杠葉尾-9:10本流入渓-10:00?赤坂谷-12:30?尾根越える-13:10本流-15:00?下山完了

2021.06.13

西村です。

なかなか登りに行けない時はご近所トレランで楽しんでいます。
秩父方面の西武線沿いにはしっかりと道がついていて、奥多摩と同じくポピュラーなエリアです。
しかし早い時間帯を選べば人にもそれほど会わず、スムーズに静かな山が楽しめます。
昭文社の山と高原地図(22)『奥武蔵・秩父』が対象エリアです。

*コース/約18km
道の駅 芦ヶ久保6:00~二子山7:00~武川岳7:50~山伏峠8:20
~天目指峠9:30~子の権現10:00~吾野駅10:50

スタート地点は西武線の駅と道の駅とが一緒なので具合がいいです。
道の駅から線路をくぐってスタートするが、いきなりの急登で、二子山まではひたすら登りが続きます。
ちなみにあの二子山ではありません。
小さなアップダウンをこなしながら、武川岳、伊豆が岳方面へ。
終始樹林帯なので涼しくて助かります。

ゴールの吾野駅に着いたら、電車で芦ヶ久保駅まで戻り、車で家路につきました。

1 2 3 4 5 6 63

© 2021 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.