愛知県名古屋市の山岳会・千種アルパインクラブではアルパインクライミングを中心とした様々な山岳活動を行っています

愛知県名古屋市の山岳会 千種アルパインクラブ

千種アルパインクラブ ブログ トップページ  >  ブログ一覧  >  20210717 南紀 滝本北谷 他

20210717 南紀 滝本北谷 他

2021.08.12

吉川Gです。

7/17に南紀の滝本北谷に行ってまいりました。かなり前ですみません。

メンバー:私、妻、友人T

この日は全国的に晴れているというのに、紀伊半島南部のみ雨が降るという予報。
一縷の望みにかけて現地を訪れましたが、やはり雨。。


滝本小学校跡の横の林道に入り、橋の手前に駐車。


林道を進むと最初の筆藪滝。
釜は大きいと聞いていたが、これは大きすぎる。周辺の木は水に浸かっているし。まあでも遡行はできるだろうと先に進む。


支流の滝だったかな・・・


部屋滝だと思う。ここの巻きが少し悪いが、これでもかっていうくらい整備されている。


見せ場のナメだが、豪快に流れている。写真じゃわからんなあ。


ケヤキ原滝。他の記録では見られないほどの水量に圧倒される。


屏風滝。すごい迫力だ。左岸から巻く


そのすぐ上の滝は二条のはずだが… こちらは右岸から巻く。水流が強く渡渉が緊張


ナメが美しい。写真ぶれてるけど。


しばらく河原を歩くとこの滝。


この滝は直登。


取水口のところで遡行打ち切り。

ここから、尾根沿いに付けられた巡視路階段を上り、途中から谷の方の踏み後をたどり、滝本本谷との間の稜線に上がる。
ここからは踏み後を歩けばよいが、途中鹿よけのフェンスが設置されており、行く手を阻まれる。まあ、地図を見ながら歩けば何とかなる。

最後は発電所の水路の上に作られた道?を歩いて下山。

翌日も南紀の栂谷に入りましたが、ナメなのにあまりの水量に命の危険を感じ、敗退。

↑ナメがしぶきを上げる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2021 千種アルパインクラブ (CAC) All rights reserved.